Create issue ticket

考えれる45県の原因 糖尿病 - 影響された男性で

  • 膣炎

    抗生物質長期使用後(最多)、疲れ、ストレス、不眠、風邪、糖尿中、妊娠中(女性ホルモンの影響で)起きやすいです。 *いわゆる性病とは違いますが、女性から男性に感染することがあります。男性から女性への感染は少ないです。健康な方には感染しにくいです。健康な方はたとえ感染してもすぐに治ります。[fukaya-ladiesclinic.com]

  • 急性膀胱炎

    基礎疾患の影響で起こる慢性膀胱炎は膀胱結石や糖尿などがありますが、男性だけがかかる前立腺肥大が原因で起こることもあります。 間質性膀胱炎 細菌やウイルスの感染によるものではないことはわかっていますが、はっきりとした原因が解明されていない膀胱炎です。そのため、尿検査でも異常が見られません。[kidoclinic.jp]

  • 緊張性尿失禁

    男性の前立腺肥大症や、膀胱の近くを手術(子宮がんや直腸がんなど)した影響糖尿の合併症による神経障害などが原因で排尿障害が起こり、溢流性尿失禁となることがあります。 機能性尿失禁 尿意を感じてからトイレで排泄するまでには、「トイレの場所がわかる」「トイレまで歩く」「下着をおろす」などいくつかの過程があります。[gohongi-clinic.com]

  • インスリン抵抗性

    また、血糖コントロールの良否が死亡時年齢に影響を与え、男性で2.5歳、女性で1.6歳短命であった。更に、糖尿患者の平均死亡時年齢は、男性68.0歳、女性71.6歳で同時代の日本人一般の平均寿命に対し、男性9.6歳、女性13.0歳短命であった。[ja.wikipedia.org] 日本において1991年から2000年までの10年間の18,385症例を分析した結果からは、死因第1位は悪性新生物 34.1%(うち肝臓癌 8.6%)、第2位は血管障害(糖尿病性腎症,虚血性心疾患,脳血管障害) 26.8%、第3位は感染症 14.3%、糖尿性昏睡 1.2%と報告されている。[ja.wikipedia.org]

  • 肥満

    死亡率に影響を与えうるBMI以外の要因(年齢、地域、喫煙、飲酒、高血圧の診断歴、糖尿の診断歴、余暇のスポーツ・運動)について、それらの偏りが結果に影響を与えないように、ハザード比には統計的補正が施されています。 男性の「全死因」を見ると、23未満のBMIに対応する3つのカテゴリーにおいて死亡リスクが上昇しています。[epi.ncc.go.jp]

  • 胆石症

    胆石が出来てしまう原因として最も多いのは前述のとおり高脂肪食の過剰摂取ですが、その他にもアルコール、糖尿や脂質異常症等の基礎疾患、脂肪肝、加齢、ストレス、睡眠不足、女性(ホルモンの影響などで男性の2 3倍出来やすい)などが危険因子とされています。[do-yukai.com]

  • 病的肥満

    死亡率に影響を与えうるBMI以外の要因(年齢、地域、喫煙、飲酒、高血圧の診断歴、糖尿の診断歴、余暇のスポーツ・運動)について、それらの偏りが結果に影響を与えないように、ハザード比には統計的補正が施されています。 男性の「全死因」を見ると、23未満のBMIに対応する3つのカテゴリーにおいて死亡リスクが上昇しています。[epi.ncc.go.jp]

  • 糖尿病

    3) 大阪健康研究(Osaka Health Survey,岡田邦夫ら, 第42回糖尿学会、1999年5月) 糖尿、IGT、高血圧のない男性6,013名の追跡(観察)研究 休日の運動習慣の糖尿発症への影響を観察 休日のみの運動は、主に地域における青少年の運動指導など 結果 1. [mhlw.go.jp] 分析にあたって、肥満度など糖尿病発症に関連する要因の影響をできるだけ取り除きました。その結果、男女ともに野菜・果物の摂取と糖尿リスクには明確な関連はみられませんでした。男性では野菜摂取が最も多いグループで糖尿病リスクが20%ほど低くなっているようでしたが、統計学的に有意ではありませんでした(図1)。[epi.ncc.go.jp] また、血糖コントロールの良否が死亡時年齢に影響を与え、男性で2.5歳、女性で1.6歳短命であった。更に、糖尿患者の平均死亡時年齢は、男性68.0歳、女性71.6歳で同時代の日本人一般の平均寿命に対し、男性9.6歳、女性13.0歳短命であった。[ja.wikipedia.org]

  • 2型糖尿病

    男性の飲酒と糖尿発症との関連についてのBMIの影響の検討 男性の飲酒量と2型糖尿発症との関連について、さらにBMIでグループ分けしたうえで解析を行いました。 すると、図に示すように、BMI 22以下の男性では、飲酒量が増えるにつれて糖尿病リスクも高くなりました。[epi.ncc.go.jp] 3) 大阪健康研究(Osaka Health Survey,岡田邦夫ら, 第42回糖尿学会、1999年5月) 糖尿、IGT、高血圧のない男性6,013名の追跡(観察)研究 休日の運動習慣の糖尿発症への影響を観察 休日のみの運動は、主に地域における青少年の運動指導など 結果 1. [mhlw.go.jp] また、血糖コントロールの良否が死亡時年齢に影響を与え、男性で2.5歳、女性で1.6歳短命であった。更に、糖尿患者の平均死亡時年齢は、男性68.0歳、女性71.6歳で同時代の日本人一般の平均寿命に対し、男性9.6歳、女性13.0歳短命であった。[ja.wikipedia.org]

  • 不安障害

    命に別状がなくても、慢性的な疾患がある人は不安障害になりやすい 糖尿を患っている人たちは、健康な人と比べ不安障害になりやすい。特に、男性に比べて女性の方が、影響を受けやすいようだ。男性患者の33%が不安障害を抱えていたのに対し、女性患者は55%だった。 8.[huffingtonpost.jp]

さらなる症状