Create issue ticket

考えれる2,963県の原因 糖尿病発症に関連した黒色表皮腫, 症

Showing results for: 糖尿病発症に関連した黒色表皮腫,
Search instead for: 糖尿病発症に関連した黒色表皮腫発症

  • 低血糖症

    糖尿診療ハンドブック ISBN 9784498123748 糖尿専門医研修ガイドブック ISBN 9784787820426[ja.wikipedia.org] 糖尿 ヘモグロビンA1c グリコアルブミン 糖新生 糖尿の検査 経口ブドウ糖負荷試験[ja.wikipedia.org] 低血糖(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖に準じた対応をする。[ja.wikipedia.org]

  • 頸動脈狭窄症

    この過程では高血圧、糖尿、高脂血症、喫煙などのリスクファクターが重要な役割を担うと考えられている。これにより中膜平滑筋の収縮型から分泌型への形質転換が誘導され、内膜への平滑筋細胞の収縮と増殖がおこる。これを適応反応という。[ja.wikipedia.org] 頸動脈狭窄(頚動脈狭窄、けいどうみゃくきょうさくしょう、英: Carotid artery stenosis)は虚血性脳血管障害の原因として重要であり、また全身動脈硬化の指標としても重要である。 吹田研究では面積狭窄率25〜50%の頸動脈狭窄の患者の頻度は男性で6.5%、女性で3.0%であった。[ja.wikipedia.org] 頸動脈狭窄が脳虚血症状を引き起こす機序としてはその多くが頸動脈分枝部のプラークからの塞栓(artery to artery embolism、動脈間塞栓)とされている。しかし血行力学の機序の関与も知られている。この2つの機序は独立ではなく相互の影響している。[ja.wikipedia.org]

  • 高尿酸血症

    お気づきのように、これらは糖尿を招く習慣と、ほぼ同じような内容です。事実、糖尿の人は尿酸値が高い人が多く、また、高尿酸血症の人は糖尿や耐糖 能 障害 ※ になりやすいのです。逆にいえば、高尿酸血症を治療することは糖尿の 予 防・治療につながりますし、糖尿の食事・運動療法は、尿酸値にも良い影響を与えます。[dm-net.co.jp] 尿酸排泄低下型二次性高尿酸血 慢性腎疾患 、 多発性嚢胞腎 、 鉛中毒 、鉛腎、 ダウン症候群 、家族性若年性痛風腎などの腎疾患、高乳酸血、脱水など代謝障害、薬剤性が知られている。[ja.wikipedia.org] 糖尿への取り組み 25. 糖尿とは「畏」の気持ちをもって付き合う 26. 加齢とともに増える眼の病気―白内障、網膜症、緑内障、黄斑変性症― 27. 高血圧の自己管理―家庭血圧をはかりましょう 28. コレステロールが気になる人へ 29. 歯周病を予防し「8020(ハチマル・ニイマル)」を目指す 30.[self-medication.ne.jp]

  • メタボリックシンドローム

    2005年、国際糖尿連合(IDF)は腹部肥満を必須項目とするメタボリック症候群の世界統一診断基準を提唱したが、アメリカ循環器学会(AHA)とアメリカ心臓肺血液研究所(NHLBI)はIDF診断基準よりもNCEP診断規準の方が良いという共同声明を発表し、アメリカ糖尿学会とヨーロッパ糖尿学会(EASD)はこれまでのどの診断基準も症候群と称するに[ja.wikipedia.org] ですので、肥満や糖尿の予防にも有効であると言われています。 ところで、近年、日本人の「魚離れ」が進行しており、とうとう平成18年から肉と魚の摂取量が逆転してしまったのだそうです(平成20年度 「水産白書」 こどもを通じて見える日本の食卓)。魚料理の多くは脂肪が少なく、良質な蛋白質を含んでいます。[web.archive.org] 1981年、Rudermanらは代謝的に肥満だが正常体重(MONW)の人々が存在し、高インスリン血と脂肪細胞の肥大化が特徴であることを指摘し、1988年、Reavenはインスリン抵抗性と高インスリン血、高中性脂肪血、低HDL血、高血圧が集積して糖尿病と心血管疾患に至るとするsyndrome Xという概念を提唱した。[ja.wikipedia.org]

  • 脳血管性認知症

    高血圧や糖尿(とうにょうびょう)などの危険因子をもっていて、治療をしていない場合は要注意です。[kotobank.jp] 「脳血管性(のうけっかんせい)認知」は、脳血管の異常(脳梗塞や脳出血など)によって脳がダメージを受け、それによって起こる認知の総称です。4大認知における他3つの認知とは少し異なり、特定の部位はありません。異常を起こした血管の部位により、症状も異なります。[healthrent.duskin.jp] 生活習慣病とは、高血圧や脂質異常症や糖尿などで、運動不足や過食、ストレスなどから起こるものですので、生活習慣の見直しが重要になります。バランスの良い食事をし、適度な運動をしましょう。 また、血糖値が高いと言われている人は、定期的な受診をして糖尿にならないように注意しましょう。[info.ninchisho.net]

  • 糖尿病性腎症

    糖尿性腎症 ブックマーク: 糖尿性腎症の原因 糖尿はご存知の方も多いと思います。糖尿の患者さんで食事療法などがうまくいかず、 血糖の高い状態が10年以上も続くと 、全身の動脈硬化が進行し始めます。腎臓に病気が及ぶと 蛋白尿 が出始め、ネフロ-ゼ症候群を呈する場合もあれば、慢性腎不全に至る患者さんも出てきます。[plaza.umin.ac.jp] 診断 [ 編集 ] 第1期(腎前期) 糸球体濾過量 (GFR)が増加する。糸球体濾過量が増加することを濾過過剰(hyperfiltration)と言う。 第2期(早期腎) 第2期は、微量の アルブミン が尿に漏れ出すようになった時期。[ja.wikipedia.org] の発生から腎不全に至るまでには通常10年以上を要する。[msdmanuals.com]

  • 動脈硬化症

    アテローム性動脈硬化は、脂質異常症(旧・高脂血症)や糖尿、高血圧、喫煙、運動不足などの危険因子により生じると考えられ、最終的には動脈の血流が遮断されて、酸素や栄養が重要組織に到達できなくなる結果、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす原因となる。[ja.wikipedia.org] また糖尿の患者さんは、そうでない患者さんに比べ、閉塞性動脈硬化症が重症化しやすく、治療のため足を切断する下肢切断率は約5倍にもなると報告されています。 ですので糖尿の早期診断・治療は、足の血管病の予防・治療の面からも重要であり、積極的に行われるべきです。[mikami-naika-clinic.jp] NHK健康チャンネルで確かな医療・健康情報を NHKトップ NHK健康トップ 病名・症状から探す 閉塞性動脈硬化 閉塞性動脈硬化のセルフチェック 閉塞性動脈硬化のリスク 解説いただいた専門家 閉塞性動脈硬化になりやすい人 閉塞性動脈硬化に注意が必要なのは、65歳以上の高齢者、50歳 64歳の喫煙者で糖尿病がある人、脚の痛みや歩行障害[nhk.or.jp]

  • 尿路感染症

    慢性腎盂腎炎 糖尿や高血圧、痛風などの病気がある方は慢性的に腎盂腎炎を起こしやすい状況になっている場合があります。活動期と非活動期があり、活動期は急性腎盂腎炎とほぼ同じ症状です。非活動期の症状は、全身のだるさや、微熱、残尿感などがあります。 治療としては慢性腎盂腎炎を引き起こす原因となっている疾患の治療が必要となります。[iguchi-hinyoki.com] 尿路感染は、上記の尿路に細菌、ウイルス、真菌などが感染することによって起こる感染である。 尿路感染は、病原体と感染の部位により分類される。ここでは、感染部位からの分類について述べる。病原体については、「病原体」を参照のこと。 上部尿路感染とは、膀胱よりも上流の尿路の感染である。[ja.wikipedia.org] 糖尿をお持ちの方やご高齢者などに多く38度以上の発熱、背部痛などの症状あり、すぐにショック状態に陥ることもある。場合によっては腎臓に貯まった水を尿管にカテーテルを挿入し貯まった水を排出し抗生剤による加療が必要です。 ー急性前立腺炎 頻尿、排尿時痛、残尿感などの症状あり38度以上の発熱を伴います。[kurume-urol.com]

  • 口腔カンジダ症

    常在菌であるため、健康な人の場合発症することはほぼないが、口腔内環境といった局所的因子の他に何らかの基礎疾患(血液疾患、AIDSといった免疫不全症、糖尿など)や、抵抗力の弱い乳幼児や高齢者、免疫抑制剤や抗菌薬の投薬治療を受けているといった全身的因子による発症がみられる。[ja.wikipedia.org] またHIV感染や糖尿、腎不全の患者さんやがんの放射線治療や化学療法などによって体の抵抗力(免疫・感染防御機能)が低下したときにもおきやすくなります。ぜんそくなどでステロイド薬を使っている場合も注意が必要です。 白苔の状態や自覚症状をみて診断します。[min-iren.gr.jp] 成人 [ 編集 ] 免疫不全 長期ステロイド治療 感染症(特にHIV感染症) 糖尿 義歯を口腔内に入れたまま(あまり義歯を洗わない) 分類 [ 編集 ] 急性型 [ 編集 ] 急性型は、さらに偽膜性と萎縮性に分類される。 偽膜性 急性偽膜性カンジダ症は、口腔内のカンジダ症でもっとも多いもので、鵞口瘡の症状の一つである。[ja.wikipedia.org]

  • 膣カンジダ症

    なお糖尿と合併したケースやステロイドを使用していた患者さんの場合には、腟部より股部や外陰部に炎症がおきることが多いです。 性器カンジダ症とピルの関係 ピルを服用していると性器カンジダ症になりやすいというのは本当? 免疫力の低下やピルの服用なども体にいる菌のバランスを崩すため、性器カンジダ症発症の原因となることがあります。[medicalnote.jp] 糖尿がある 抗菌薬を長期にわたり内服する必要がある 真菌感染症を繰り返している(特に免疫機能が低下している場合) 治療 真菌感染症の治療には抗真菌薬を使用します。抗真菌薬の使用には以下の方法があります。[msdmanuals.com] 糖尿やステロイド剤の投与中の時は、膣よりも外陰部・股の所に炎症が強くなる傾向にあり、湿疹様になることが多くなります。 何が原因でカンジタになるの?[y-cn.jp]

さらなる症状

類似した症状