Create issue ticket

考えれる26県の原因 糖尿病性ケトアシドーシス

  • 風邪

    経過が短いもの(経過が短いものは急速に増悪し、治療が間に合わないこともある) インフルエンザ 急性喉頭蓋炎 咽頭後壁膿瘍・口底蜂窩織炎 髄膜炎・脳炎 心筋炎 レミエール症候群(細菌頸静脈炎) 慢性骨髄白血病急性転化 糖尿ケトアシドーシス 経過が長いもの(正しい診断にいたるまで時間がかかることがある) マイコプラズマ感染症 クラミジア[ja.wikipedia.org]

  • 低血糖症

    例えば、糖がたっぷりの清涼飲料水を毎日大量に飲んだりアイスクリームの大量摂食で容易に糖尿ケトアシドーシスと言った重篤な疾患を起こし得ることが知られており、これはペットボトル症候群と呼ばれ、進行すると2型糖尿を発症する。 血糖値が高くなったとき、それを調節するホルモンはインスリンだけである。[ja.wikipedia.org]

  • インスリン抵抗性

    糖尿病合併症は3つの合併症(糖尿病性神経障害、糖尿病性網膜症、糖尿腎症)が特徴的であり、総称して細小血管障害と呼ばれる。また、高血糖を引き起こす急性合併症としては、糖尿ケトアシドーシス及び高浸透圧高血糖症候群がある。[ja.wikipedia.org] 1型糖尿の場合、放置すると容易に急激な高血糖と生命の危険も伴う意識障害を来す糖尿ケトアシドーシスが起こるため、インスリン注射などにより血糖値をコントロールすることが基本的な治療目標となる。[ja.wikipedia.org] 血糖を下げるホルモンであるインスリンの分泌が極度に低下するかほとんど分泌されなくなるため、血中の糖が異常に増加し糖尿ケトアシドーシスを起こす危険が高い。そのためインスリン注射などの強力な治療を常に必要とすることがほとんどである。[ja.wikipedia.org]

  • アシドーシス

    内因物質の代謝によるもの 乳酸アシドーシスやケトアシドーシス、尿毒症で起こる。ケトアシドーシスの原因としては糖尿ケトアシドーシス、アルコール性ケトアシドーシス、飢餓によるものが知られている。また重要な原因としては痙攣発作後の代謝性アシドーシスもAG増加性代謝性アシドーシスである。[ja.wikipedia.org] の最も一般的な原因は以下のものである: ケトアシドーシス 乳酸アシドーシス 腎不全 毒素の摂取 ケトアシドーシスは1型糖尿の一般的な合併症であるが( 糖尿ケトアシドーシス を参照のこと),慢性アルコール中毒( アルコール性ケトアシドーシス を参照のこと),低栄養,および程度は軽いが絶食でも生じる。[msdmanuals.com] 救急の現場ではAG増加代謝アシドーシスはKUSSMALと覚えられる。これは糖尿ケトアシドーシス、尿毒症、サリチル酸中毒、敗血症、メタノール、アルコール中毒、アスピリン中毒、乳酸アシドーシスである。 外因性 メタノール、エチレングリコール、サリチル酸、パラアルデヒドによる中毒で起こる。[ja.wikipedia.org]

  • 2型糖尿病

    糖尿病合併症は3つの合併症(糖尿病性神経障害、糖尿病性網膜症、糖尿腎症)が特徴的であり、総称して細小血管障害と呼ばれる。また、高血糖を引き起こす急性合併症としては、糖尿ケトアシドーシス及び高浸透圧高血糖症候群がある。[ja.wikipedia.org] 1型糖尿の場合、放置すると容易に急激な高血糖と生命の危険も伴う意識障害を来す糖尿ケトアシドーシスが起こるため、インスリン注射などにより血糖値をコントロールすることが基本的な治療目標となる。[ja.wikipedia.org] 血糖を下げるホルモンであるインスリンの分泌が極度に低下するかほとんど分泌されなくなるため、血中の糖が異常に増加し糖尿ケトアシドーシスを起こす危険が高い。そのためインスリン注射などの強力な治療を常に必要とすることがほとんどである。[ja.wikipedia.org]

  • 脱水

    内分泌疾患、電解質代謝異常症、腎疾患 原発アルドステロン症やクッシング症候群または重曹の過剰投与に伴うナトリウムの過剰。糖の過剰摂取に伴う糖尿ケトアシドーシス。 出血 出血により血管内より逸失した細胞外液(循環血液量)が減少すると細胞内液が移動し細胞外液が補われるが、体液の総量が減少するため脱水となる。[ja.wikipedia.org] 症例は今後も増加すると思われる.そのため,高血糖,ケトアシドーシスで発症した若年の糖尿患者を診た場合に1型糖尿糖尿ケトアシドーシスと同時に清涼飲料水ケトーシスも鑑別に入れないといけないと思われる.その際,詳細な病歴聴取により,インスリン抵抗性の存在,日常的な清涼飲料水あるいはその他の糖分など(本症例ではみかん缶詰やアイスクリーム)[doi.org] 分泌能も改善してきた.現在経口糖尿薬でコントロール良好である.来院時,糖尿ケトアシドーシスとの鑑別を要したが,病歴,治療への反応性等から清涼飲料水ケトーシスと同様の病態と判断した.メタボリックシンドロームの増加に伴いインスリン抵抗性を持った人が増えており,本症例のように清涼飲料水ケトーシスあるいは清涼飲料水ケトーシスと同様の病態を来たす[doi.org]

  • 急性膵炎

    急性膵炎 (きゅうせいすいえん)とは、 膵臓 に急性に炎症が生じた 膵炎 のこと。 成因 [ 編集 ] 成人の急性膵炎の原因としては アルコール と 胆石 が2大成因とされている。この二つが急性膵炎全体で占める割合は国や地域によって大きく異なる。胆石症の場合は胆嚢摘出術、アルコール性の場合は禁酒によって再発のリスクが減少する。その他は、特発性、 内視鏡的逆行性胆道膵管造影 (ERCP)後、 高TG血症 、膵胆管合流異常症等が上げられる。また、 HIV 感染者では 抗ウイルス薬 による薬剤性のものが報告されている。小児の場合は 流行性耳下腺炎 、 マイコプラズマ といった感染症、 抗がん剤[…][ja.wikipedia.org]

  • 感染性大腸炎

    糖尿ケトアシドーシス (DKA)も腹痛、吐き気、嘔吐などの症状を呈するが、下痢はみられない。ある試験によれば、DKAの小児の17%が最初は胃腸炎と診断されている。 汚染されていない水を容易に利用できるようにし、習慣的に良い衛生状態を保つことが、感染や臨床的に有意な胃腸炎の発生率を減少させる上で重要である。[ja.wikipedia.org]

  • 嘔吐

    無痛心筋梗塞は糖尿患者や高齢者で多いとされている。糖尿ケトアシドーシス(DKA)、アルコール性ケトアシドーシス(AKA)、腎盂腎炎、妊娠、敗血症、絞扼性イレウス、急性胆嚢炎、急性膵炎などが重要である。これらの疾患は下痢といった下部消化器症状を伴わないことが多い。[ja.wikipedia.org]

  • 妊娠糖尿病

    糖尿病合併症は3つの合併症(糖尿病性神経障害、糖尿病性網膜症、糖尿腎症)が特徴的であり、総称して細小血管障害と呼ばれる。また、高血糖を引き起こす急性合併症としては、糖尿ケトアシドーシス及び高浸透圧高血糖症候群がある。[ja.wikipedia.org] 1型糖尿の場合、放置すると容易に急激な高血糖と生命の危険も伴う意識障害を来す糖尿ケトアシドーシスが起こるため、インスリン注射などにより血糖値をコントロールすることが基本的な治療目標となる。[ja.wikipedia.org] 血糖を下げるホルモンであるインスリンの分泌が極度に低下するかほとんど分泌されなくなるため、血中の糖が異常に増加し糖尿ケトアシドーシスを起こす危険が高い。そのためインスリン注射などの強力な治療を常に必要とすることがほとんどである。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状