Create issue ticket

考えれる6県の原因 糖尿病への罹患性

  • インスリン抵抗性

    しかし、日本人ではインスリン抵抗性がそれほど高くない2型糖尿病患者もかなり存在する [1] ことから、重要な指標ではあるものの、インスリン抵抗だけではリスクを決めきれない。 飽和脂肪酸 の多い食事はインスリン抵抗を生じさせ、 糖尿罹患が増加する可能が示唆されている [2] 。[ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病性神経障害

    慢性型は圧迫障害が多い。手根管症候群が代表疾患である。 糖尿多発神経障害 [ 編集 ] 糖尿多発神経障害は糖尿患者の大半が罹患し、緩徐だが確実に進行し、激しいしびれや疼痛のためADLが著しく阻害される場合があり、自律神経障害のため生命予後が短縮するため最も問題となる型である。[ja.wikipedia.org] 糖尿多発神経障害の頻度は血糖コントロールが悪いほど、糖尿罹患年数が長引くほど高くなる。病理学的には遠位軸索障害(dying-back degeneration)である。糖尿性多発神経症状は足首より近位に運動感覚症状が広がることはかなり進行した症例に限られ、手に足病変類似の変化がでることは少ない。[ja.wikipedia.org] 概要 [ 編集 ] 中高年の2型糖尿病患者に体重減少を伴って急性もしくは亜急性の経過で発症し、下肢近位筋群を中心に非対称の筋力低下および筋萎縮を認めることに加えて、同部位に強い疼痛を認めることが多い糖尿筋萎縮症と発症と糖尿罹患年数、血糖コントロールは関連が乏しい。[ja.wikipedia.org]

  • 腸梗塞

    なお、高齢者がこの病気に罹患した場合、高血圧や糖尿などの病気が背景にある場合は、動脈硬化がある可能が高く、上腸間膜動脈血栓症で危険グループに入る事になる。 上野雅民監修 『救急医療ハンドブック』日本情報出版株式会社、2004年[ja.wikipedia.org]

  • 白内障

    特に夜間などの運転の頻度が高い場合 細かい作業を行うことが多い場合 網膜症を併発していたり併発が危惧される糖尿罹患者 網膜に合併症を生じる可能のある疾患をもち、中等度以上の白内障がある場合 強度近視や高度近視・高度遠視で眼鏡をなるべく避けたい場合 角膜内皮細胞数が少ない場合 浅前房で緑内障急性発作が危惧される場合(特にうつむき検査で眼圧[ja.wikipedia.org]

  • パスツレラ属

    低免疫状態からの日和見感染、糖尿、アルコール肝障害の罹患者は重症化しやすい 鶏肉が原因となった疑いのある食中毒症状の報告もある。 犬、猫では一般に無症状。 ウシの出血性敗血症。 ヒトでは一般に無症状か軽症。咬傷箇所の発赤・腫脹・化膿(蜂巣炎)、気管支炎・肺炎などの呼吸器疾患、まれに髄膜炎。[ja.wikipedia.org]

  • 甲状腺障害

    この所見は糖尿多発神経障害でも見られることがある。 感音難聴がしばしば認められる。 甲状腺機能亢進症の症状の程度は甲状腺中毒症の重症度、罹患期間、甲状腺ホルモン過剰に対する反応の個人差、患者の年齢に左右される。活動性亢進、神経質、易刺激性があり一部の患者では易疲労感を生じる。不眠症や注意力減退はよく起こる症状である。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状