Create issue ticket

考えれる133県の原因 精神運動性激越

  • 更年期障害

    診療内容  更年期障害 世界一長寿となった日本人女性。 平均寿命も86歳を超えてきました。これからは、この長い人生をいかに自分らしく健康に過ごすための知恵が求められています。 つまり閉経後の30年以上の時間(セカンドライフ)をいかにうまく過ごすかが大きな課題となってきます。 閉経をはさんだ10年間は更年期とよばれ、セカンドライフへの通過点であり、女性はさまざまなからだの変化を感じる時期です。 すべての女性に等しく訪れる更年期。でも、誰もが同じ症状ではありません。[…][kosya-clinic.jp]

  • うつ病

    〈うつ病(気分障害)〉 「うつ」ってどんな状態をいうの? うつ病の特徴 うつ状態は「ゆううつ」「おっくう」「どうどうめぐり」が重なる状態です。 《A子さんの場合》 育児疲れがなかなかすっきりしない。これまでなら、こんな「ゆううつ」な気持ちは翌日にはもとに戻っていたのに、なかなか戻らない。その上、食事の用意、掃除、洗濯が「おっくう」で仕方がない。しなければいけないと思ってなんとかできるけど、思うようにはかどらない。こんなことはいままでになかった。特に何か心配事があるわけではないように思うけど、考えることは「このままではだめだ」と「どうどうめぐり」をするばかり。[…][pref.kyoto.jp]

  • 過換気

    こんにちは!蒸し暑い日が続いていますね ご無沙汰してます。 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、、 実は6/18の深夜に倒れました 今回、救急車に乗ったのも初めてですし、 本格的に意識を無くしたのは初めてだったので 記録に残そうと思い書きます。 時間は深夜1時頃でした。 急に息苦しくなり、目眩で歩けなくなり、 天井がくるくる回る。 目をつぶっても回る。横になっても回る。 家族を起こして『天井がくるくる回って気持ち悪くて苦しい』と言い、血圧と心拍数を測って貰ったら とにかく血圧が低く、心拍数が低い。 確か血圧は上が97下が58。 心拍数110。 と後から家族に聞きました。[…][ameblo.jp]

  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性過換気

    呼吸パターン 病名 特徴 速くて浅い 肺梗塞( ※1 ) 肺水腫( ※2 ) ・ 急に激しい胸痛と呼吸困難 ・ 血痰がでることもある ※1 肺梗塞とは 心臓から肺へ血液を送る肺動脈に、血液のかたまりがつまり、肺へ血液が流れなくなった状態。 ※2 肺水腫とは 血液中の液体成分が血管の外に、しみ出てしまい、肺の組織に水分がたまった状態。 自然気胸( ※3) ・ 激しい胸痛 ・ せきが出たり、動悸を感じることもある ・ 20 30歳の背が高くやせた男性に多い ※3 自然気胸とは[…] 肺に袋状のものが発生し、それが破れて肺がしぼんでしまい、膨らむことできなくなった状態。 肺炎 速くて深い[…][japa.org]

  • パニック発作

    症例 NO.067 25歳 女性 「首が長くて、なで肩で本当によくお着物が似合いますね」 着物を着るとたいていこのようなお誉めの言葉を頂き、人より首が長いことを漠然と認識してはいたものの、まさかそれが原因で病気になるとは夢にも思っていませんでした。 思えば中学生の頃から十数年、首のコリや肩のコリからくる痛みに悩まされていましたが、大学卒業後パソコンをひんぱんに使う仕事について以来その痛みは悪化の一途をたどり、マッサージ等に定期的に通わなくてはいられないほどになりました。[…][tokyo-neurological-center.com]

  • 慢性アルコール依存症

    アルコール依存症の患者さんや疑いのある方には、一体どのような症状が現れるのでしょうか?その特徴的な症状を以下にまとめました。 アルコール依存症にかかると体だけでなく社会生活にも悪影響が アルコール依存症とは、お酒の飲み方(飲む量、飲むタイミング、飲む状況)を自分でコントロールできなくなった状態のことをいいます。飲むのはよくないことだとわかっていても、脳に異常が起きて飲むことをやめられなくなります。[…][alcoholic-navi.jp]

  • むずむず脚症候群

    病気を知ろう 原因は脚ではなく、実は神経に関連した病気と考えられています 運動や感覚を制御する神経が過剰に興奮? むずむず脚症候群がなぜ起こるのかは、まだよくわかっていませんが、遺伝性、鉄の欠乏(または代謝異常)、脳内のドパミン神経機能障害などが関与している可能性があると言われています。実際、むずむず脚症候群は同じ家系の人にみられることが多く、関連する遺伝子の研究も進んでいます。 また、 ドパミン は、運動や感覚を制御する神経の興奮(動き)を抑える働きがあり、 ドパミン の不足は、運動や感覚の過剰な興奮(動き)につながります。鉄はこの ドパミン を作るのに必要な物質です。その他に、[…][muzumuzu.com]

  • 急性アンフェタミン中毒

    医薬品を始めとする薬物についての正しい知識を持つことがその乱用防止の第一歩となります。そして何より必要なのは「ことわる勇気」なのです。どんな誘惑にあっても「ことわる勇気」のある人間であれば絶対に恐くない。薬物とはそういうものです。"YES TO LIFE, NO TO DRUGS"この言葉は「愛する自分を大切に。薬物乱用は『ダメ。ゼッタイ』」ということなのです。 麻薬・覚せい剤Q&A Q1 麻薬や覚せい剤は、魔の薬といわれていますがなぜですか。 Q2 覚せい剤はなぜ乱用されているのですか。 Q3 覚せい剤を使用すると行動面や身体面にどのような変化がありますか。 Q4[…][dapc.or.jp]

  • 低ナトリウム血症

    抄録 サイアザイド系類似利尿薬であるインダパミド投与による低Na,低K血症が原因と考えられた意識障害の1例を報告する.症例は83歳の女性である.高血圧治療のため,インダパミドの投薬を開始し約2カ月後より悪心,嘔吐,食欲低下が出現し,頻回の転倒,意識障害もみとめられたため入院した.意識混濁(JCS 20)以外に明らかな巣症状はみとめなかった.いちじるしい低Na(115mEq/ l ),および低K(2.8mEq/ l )血症を呈していたが,インダパミド中止により意識レベル,ならびに電解質はすみやかに正常化した.低Na,低K血症の機序として,利尿作用によるNa,[…][joi.jlc.jst.go.jp]

さらなる症状