Create issue ticket

考えれる1,957県の原因 精神異常

  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

  • アルツハイマー病

    症状 どの認知症にも共通する症状は、中心的な記憶などの認知機能障害と、かつては辺縁症状と呼ばれた行動異常精神症状に大別されます。前者では、記憶障害(新しい情報を学習したり、以前に学習した情報を思い出したりする能力の障害)が基本になります。[mhlw.go.jp] 認知機能障害に加え、感情や意欲の障害、妄想、幻覚、はいかい、暴言、暴力などの精神症状や神経行動学的異常を伴うことも多く、認知症患者を抱える家族の介護負担の一因となっている。 感情障害では比較的初期に、うつが現れる。進行期に至ると周囲に関心を示さず、にこにこする「多幸」が見られる。[akita-rehacen.jp] コリンエステラーゼ阻害薬(3薬剤) ドネペジル(アリセプト) ガランタミン(レミニール) リバスチグミン(イクセロン、リバスタッチ) NMDA受容体拮抗薬(1薬剤) メマンチン(メマリー) 認知症による他の精神症状に対する薬物治療 興奮やうつ状態などの周辺症状(記憶障害以外の精神症状、行動異常など)に対して、症状に合わせてさまざまな薬剤を調整[tokushukai.or.jp]

  • 脳震盪

    実際、ここ数年来、NFLの元スター選手たちが、引退後、精神異常をきたし、発砲事件を起こしたり、あるいは自殺を遂げたり… という例が、後を絶ちませんでした。2013年には、NFLの元選手、約4500人が、「現役時代のプレーで脳に健康被害が生じた」として、NFLに、損害賠償を求める集団訴訟を起こしました。[1242.com]

  • 心律動異常

    その他の副作用 頻度不明 精神神経系 不眠症、うつ病、錯感覚、味覚異常、頭痛、浮動性めまい 消化器 消化不良、鼓腸、食道炎、十二指腸炎、胃腸出血、胃炎、口内乾燥、軟便、口渇、胃不快感、悪心、食欲不振、嘔吐、便秘、腹痛、上腹部痛、口唇炎 循環器 胸痛、下肢浮腫、心筋症、心筋虚血、頻脈 呼吸器 呼吸困難、咳嗽 血液 貧血、赤血球数減少、白血球数減少[kegg.jp] (3)良性前立腺肥大症 7章 リウマチと痛風 1.リウマチ性疾患 2.痛風 8章 神経系と精神の疾患 1.神経過敏・睡眠障害 2.抑うつ症 3.心身疲労 4.自律神経異常・自律神経失調症 5.中枢神経系の変性疾患 脳障害 6.血管運動性頭痛・神経痛 9章 皮膚の疾患 1.皮膚炎と湿疹 (1)急性滲出性湿疹 (2)乾燥性湿疹 2.アトピー性皮膚炎[sunchoh.co.jp] がみられる) 反芻症(精神発達遅滞児にみられる) 薬物中毒 脳血管機能異常による発作 行動異常 頭打ち(ヘッドバッギング) 夜驚症 夢中徘徊 悪夢 憤怒発作 錯乱 恐怖 精神症状 遁走発作 恐怖発作 パニック発作 幻覚発作 自閉行動 代行性ホラ吹き男爵症候群 このページの一番上へ戻る 文献 1.[aoitori-center.com]

  • 慢性腎不全

    嘔吐、食欲不振、下痢など) 循環器症状(重篤な高血圧、心不全など) 神経症状(中枢末梢神経障害、精神障害) 血液異常(高度の貧血症状、出血傾向) 視力障害(尿毒症性網膜症、糖尿病性網膜症) これら1 7項目のうち3項目以上のものを高度(30点)、2項目を中等度(20点)、1項目を軽度(10点)とする。[www2.hosp.med.tottori-u.ac.jp] 慢性腎不全に対する長期透析適応基準 臨床症状 体液貯留(全身性浮腫、高度の低蛋白血症、肺水腫) 体液異常(管理不能の電解質・酸塩基平衡異常) 消化器症状(悪心、嘔吐、食欲不振、下痢など) 循環器症状(重篤な高血圧、心不全、心包炎) 神経症状(中枢・末梢神経障害、精神障害) 血液異常(高度の貧血、出血傾向) 視力障害(尿毒症性網膜症、糖尿病性網膜症[tatebayashikoseibyoin.jp] 透析が必要な時期になりましたら、患者さんだけでなく、ご家族にも腎不全、透析についてのご説明をし、透析に関する知識の向上、精神的なケアにも努めております。 主な疾患: 検尿異常のほか、主に慢性腎不全の原因となる、糖尿病性腎症、腎硬化症、慢性糸球体腎炎、多発性嚢胞腎、膠原病に伴う腎不全などを扱っています。[seijinkai.jp]

  • 大腸菌

    大腸菌(だいちょうきん、学名: Escherichia coli)は、グラム陰性の桿菌で通性嫌気性菌に属し、環境中に存在する細菌(バクテリア)の主要な種の一つである。この菌は腸内細菌でもあり、温血動物(鳥類、哺乳類)の消化管内、特にヒトなどの場合大腸に生息する。アルファベットで短縮表記でE. coliとすることがある(詳しくは#学名を参照のこと)。大きさは通常短軸0.4-0.7μm、長軸2.0-4.0μmだが、長軸が短くなり球形に近いものもいる。 細菌の代表としてモデル生物の一つとなっており、各種の研究で材料とされるほか、遺伝子を組み込んで化学物質の生産にも利用される(下図)。[…][ja.wikipedia.org]

  • 低ナトリウム血症

    低ナトリウム血症(ていナトリウムけっしょう、英: Hyponatremia)とは、何らかの原因により水の調節機能が正常に働かず血中のナトリウムの濃度が低下してしまう電解質代謝異常症のひとつで、臨床的には血中ナトリウム濃度が 136(mEq/L)未満になることを言う。つまり、体内総水分量(TBW)が過剰な状態である。 臨床的には抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)とそれ以外の非SIADHに分けられる。腎臓は50mmHg/kgH2O[…][ja.wikipedia.org]

  • 起立性低血圧

    起立性低血圧(きりつせいていけつあつ、英: orthostatic hypotension)は、低血圧の一種で、安静臥床後起立した際に血圧の低下(一般的には起立後3分以内に収縮期血圧で20mmHg以上、拡張期血圧で10mmHg以上の低下)が見られるもの をいう。急に立ち上がった時に起こる症状として、ふらつき、めまい、頭痛、複視または視野狭窄・眼前暗黒感、四肢あるいは全身のしびれ(異常感覚)、気が遠くなるなどで、まれに血管迷走神経反射性失神を起こすこともある。すべて血圧維持が不充分なために脳血液灌流量が不足する結果起こる症状である。 2つに大別される。 本態性(非神経原性) 薬剤性起立性低血圧[…][ja.wikipedia.org]

  • 頭部外傷

    頭部外傷(とうぶがいしょう、英: head injury、独: Kopftrauma)は、頭部に外力が加わって損傷が生じた状態の総称である。外傷性脳損傷を続発させることも少なくなく、発生段階からこれを伴うこともある。 外傷は開放性と閉鎖性に分けられ、いずれも部位によって頭皮、頭蓋骨、頭蓋内に分けられるが、頭蓋内、特に脳に対する損傷の程度が最も重視される。外力が脳に与える損傷の成立機序には様々なものがあり、代表的なものとしては以下の通りである。 打撃部位において骨は撓み inbending を生じ、脳を圧迫損傷する。特に小児では骨が軟らかいので inbending injury[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状