Create issue ticket

考えれる18県の原因 粟粒性肺浸潤

  • 細気管支肺胞上皮癌
  • 肺線虫症

    蚊が運ぶ感染症 ここでは蚊が運ぶ感染症を解説します。 (1) 70年ぶりに国内感染が確認された デング熱 (2) 昭和に流行した 日本脳炎 (3) クレオパトラも平清盛も苦しんだ マラリア (4) 平安時代から流行があった フィラリア (5) 感染症を媒介する蚊たちの、それぞれの戦略 :蚊の栄枯盛衰 蚊が媒介する感染症いろいろ / 西郷隆盛とフィラリア / 戦後の混乱と衛生環境の向上 / フィラリアの生活史 / 蚊の時間に合わせるフィラリア / 近隣諸国とフィラリア / WHOによる制圧プログラム / 媒介蚊アカイエカ / 蚊帳と網戸[…][tele.co.jp]

  • 新生児呼吸窮迫症候群

    新生児呼吸窮迫症候群(しんせいじこきゅうきゅうはくしょうこうぐん、英語: (Infant) Respiratory Distress Syndrome: (I) RDS)は、新生児呼吸不全の一つ。 肺の未成熟によって肺サーファクタントが欠乏し、肺コンプライアンスの低下から肺胞虚脱、肺血管抵抗増大の病態を呈する。発症は生後2〜3時間後であり、リスク・ファクターとして下記のようなものがある。 1,500g未満の極低出生体重児 早期産児(とくに32週未満; 肺サーファクタントの産生はおおむね34週以後) 母体糖尿病 帝王切開児また、動脈管開存症(PDA)の併存が高頻度で見られることも知られている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺線維症

    特発性肺線維症(英:Idiopathic pulmonary fibrosis: IPF、またはcryptogenic fibrosing alveolitis: CFA) は特発性間質性肺炎(Idiopathic interstitial pneumonias: IIPs)の1つで、肺の高度な線維化を主体とし、拘束性換気障害をきたす肺疾患である。他の 特発性間質性肺炎 (IIPs)に比べて、 ステロイド や 免疫抑制薬 に対する反応性が悪く予後不良の肺疾患である。ちなみに特発性肺線維症の病理像は通常型間質性肺炎(UIP)と呼ばれるが、両者はイコールではない(UIPパターンを示す疾患はIPF以外にもある)。 概要 [[…][ja.wikipedia.org]

  • リンパ腫

    悪性リンパ腫(あくせいリンパしゅ、ML: Malignant Lymphoma)は、血液のがんで、リンパ系組織から発生する悪性腫瘍である。 リンパ系組織は全身を巡っているため、肉腫及び癌腫の癌とは異なり、外科手術による切除は行わず(但し、腫大による圧迫などを緩和するため姑息手術を行うことはある)、主に放射線療法および化学療法を適応する。リンパ腫には「良性」はない為、必ず「悪性」ということになるが、日本語の病名としては明示的に「悪性リンパ腫」と呼び習わしている。診療科目は血液内科や耳鼻咽喉科などである。 悪性リンパ腫は、単一ではなく、多様な病型のリンパ系組織のがんの総称である[…][ja.wikipedia.org]

  • サルコイドーシス

    サルコイドーシス (Sarcoidosis) とは、非乾酪性の類上皮細胞肉芽腫が臓器に認められる疾患。厚生労働省が認定する特定疾患の一つである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺結核

    “過去の病気”と思われている病気の中には、思い込みにすぎないものもある。 2009年、女性お笑いコンビ、ハリセンボンの箕輪はるかさんが肺結核を患い、大きなニュースとなったが、肺結核を知らない人も意外に多かったようである。 戦前戦後、日本人の死因第一位だった肺結核。どんどん死亡者数は少なくなったものの、世界的に見ると、今も日本は「中蔓延国」だ。2007年は新しく肺結核を発症した患者2万5311人で、人口10万人あたりの羅患率は19.8人。他国の羅患率はカナダ4.4人、アメリカ4.5人、スウェーデン5.4人といった状況なので、中蔓延国という表現も妥当だろう。[…][president.jp]

  • ランゲルハンス細胞組織球増殖症

    要点 おもに子供に生じる病気で,10歳以下に多いです ほんとの腫瘍とはいいがたいものですが,ランゲルハンス細胞の異常(腫瘍性)増殖による炎症と考えられています とても大切なことは何も治療をしなくても自然に治ってしまうことがあることです(自然寛解) 全身のどこでも できる病気ですが, 頭蓋骨と脳 にも生じます 頭蓋骨にできるものは,好酸性肉芽腫症とよばれました 頭蓋骨では,頭の骨が盛り上がったりへこんだりして気づくことが多いです レントゲン検査で,頭蓋骨が丸くポコンと抜ける ように溶けているのが特長です 頭蓋骨の中でも頭蓋底という頭の底の骨にできるものはやっかいです[…][plaza.umin.ac.jp]

  • 肺胞微石症

    はいほうびせきしょう 肺胞微石症 肺の中の細かな袋状の構造物である肺胞の中に、リン酸カルシウムで出来た微細な石が溜まることで肺がダメージを受ける病気 2人の医師がチェック 53回の改訂 最終更新: 2017.12.05 POINT 肺胞微石症とは 肺胞微石症は本来空気の入る肺胞に、体内でできたリン酸カルシウムを主成分とする微細な石がたまってしまう病気です。肺胞に異物が入ることで呼吸がうまくできなくなってしまいます。初期は特に症状を自覚することはありませんが、進行すると段々と呼吸不全が起こります。すると、息切れや胸痛などを感じるようになります。[…][medley.life]

  • 結節性硬化症

    (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1. 結節性硬化症とは 結節 性硬化症は全身の疾患で、皮膚、神経系、腎、肺、骨などいろいろなところに 過誤腫 と呼ばれる良性の腫瘍や過誤組織と呼ばれる 先天性 の病変ができる病気です。以前は皮膚と神経系の症状が主であると考えられ、皮膚にあざの様な症状(母斑)が出ることから、 神経皮膚症候群[…][nanbyou.or.jp]

さらなる症状