Create issue ticket

考えれる4県の原因 粘膜潰瘍化

  • 口腔カンジダ症

    また、剥離して潰瘍化することは少ないが、潰瘍した場合には2次的炎症を併発するなど症状が強く出ることもあるので注意が必要である。 口腔粘膜のどの部位でも発生するが、歯肉粘膜は比較的少ない。 組織学的には、炎症性の浮腫や好中球が主体の炎症細胞浸により上皮層の過形成が見られる。 慢性型は、さらに萎縮性と肥厚性に分類される。[ja.wikipedia.org]

  • 梅毒

    さらに、口腔 (こうくう) 粘膜が乳白色となる粘膜斑がある。 [岡本昭二] 感染後3年から10年までをいう。結節性梅毒は皮膚または皮下に結節ができるが、続いて潰瘍して瘢痕 (はんこん) を残しながら進行する。[kotobank.jp]

  • 遺伝性多発性小腸閉鎖
  • 放射線治療

    一方、遠隔転移があるがんなど適用のないがんがあり、また皮膚、粘膜、造血組織に対する急性の障害や、組織の萎縮、脆弱潰瘍 などの晩発性の障害、および放射線による2次発がんなどの副作用があることも認識しなければならない。[rist.or.jp]

さらなる症状