Create issue ticket

考えれる11県の原因 粘液水腫, 昏睡

次の結果を表示: 粘液水腫, 昏睡
代わりに検索: 粘液水腫性昏睡

  • うつ病
  • うっ血性心不全

    鷺沢萠さん 18歳で文学界新人賞を最年少受賞した作家の鷺沢萠(さぎさわ・めぐむ、本名・松尾めぐみ)さんが、東京都目黒区の自宅で死去した。35歳だった。関係者の話によると、自宅で倒れているのを、訪れた知人が12日夜に発見した。死亡時刻は11日未明、心不全のためとみられる。葬儀は近親者のみで行う。自宅は公表していない。[…][asahi.com]

  • 動脈硬化症

    動脈硬化症(どうみゃくこうかしょう、arteriosclerosis)とは、動脈硬化により引き起こされる様々な病態の総称。 心臓から全身に血液を送り込む役割を担う動脈の内壁が肥厚し硬化した状態を指して動脈硬化と呼称する。本症はこの動脈硬化が原因で身体にさまざまな症状が現れることを指す。 動脈硬化には、アテローム性動脈硬化(粥状動脈硬化)、細動脈硬化、中膜石灰化硬化(メンケベルグ硬化)の3つのタイプが存在するが、一般に「動脈硬化」といえばアテローム性動脈硬化を指すことが多い。[…][ja.wikipedia.org]

  • 昏睡

    昏睡と昏迷は異なる。昏睡の患者は不快刺激や言語刺激に適切な反応を示さないが、昏迷の患者は不快な刺激に対して何らかの反応(叫ぶなど)を示す。 精神病にも昏睡に似るものがある。ある種の統合失調症、緊張病、極端に重篤なうつ病などは昏睡に似た状態を示す。 昏睡は(昏睡から移行することもある)植物状態とも区別される。[ja.wikipedia.org] これらの方式で深昏睡に当たるのは、JCSでは300、GCSでは3点である。JCSで、300を深昏睡、200を昏睡、100を半昏睡としている文献も多い。 昏睡に似た状態がいくつかあるが、昏睡が最終的に診断されるには、まず鑑別診断によってそれ以外の可能性が排除されなければならない。例えば閉じ込め症候群、無動無言症、緊張病性昏迷など。[ja.wikipedia.org] 昏睡、脳死といった言葉は急性期の状態を示す言葉である。慢性的なもの、すなわち古くは遷延性昏睡といわれた言葉は、現在は失外套症候群という。 ちなみに、昏睡は、マラリアから発達するものでもある。 深昏睡状態でも外部の会話を知覚し意識回復後に再現するという例が、いくつか報告されている。 昏睡の原因は大きく3つに分けられる。[ja.wikipedia.org]

  • 代謝性脳症
  • 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群

    抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(こうりにょうほるもんふてきごうぶんぴつしょうこうぐん、英:Syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone:以下、アクロニムを用いてSIADHと記載)とは、尿量を減少させる作用を持つホルモンであるバソプレッシンが血漿浸透圧に対して不適切に分泌、または作用することによって起こる症候群。[…][ja.wikipedia.org]

  • 粘液水腫

    甲状腺機能低下症は外科的に甲状腺を除去することによって発生する萎縮性疾病である橋本病を原因とすることがあり、粘液水腫はさらに稀な疾病である。粘液水腫の一形態である前脛骨粘液水腫は、時として甲状腺機能亢進症を原因とする成人のバセドウ病や甲状腺機能低下症を伴わない橋本病で出現することがある。[ja.wikipedia.org] 甲状腺機能低下症に伴う粘液水腫は、アルブミンとムコ多糖類の結合物が間質に貯留した状態で、水分の貯留による浮腫とは病態が異なる。非圧痕浮腫 (non-pitting edema) と呼ばれる。 浮腫が起こっている場所によって全身性浮腫と局所性浮腫に分けられる。[ja.wikipedia.org] 粘液水腫(英: myxedema)とは一般的に高度に進行した甲状腺機能低下症に続発する皮膚や組織の疾病。皮膚に水和力の高い酸性ムコ多糖類が蓄積することによって、顔面は眼瞼、鼻、頬及び口唇等が浮腫状を呈する。他に四肢の皮膚、手掌、足底等においても浮腫が出現し、体毛等も脱毛して減少する状態をいう。[ja.wikipedia.org]

  • 貧血

    昏睡 こんすい。 意識障害の程度のひとつで、最も重い状態。 視覚・聴覚の刺激にもまったく反応せず、目を覚ますことがない。頭部外傷やアルコール中毒、鎮静薬などの過剰摂取が原因である。高齢者に起こる昏睡の原因として多いのは、ナトリウム濃度の上昇による脱水や感染症などである。[job.nikken-mc.jp] 傾眠の症状が進むと嗜眠、昏眠、昏睡となる。 意識障害の定義はあいまいなものが多いため、現在ではジャパンコーマスケール(3-3-9度方式)やグラスゴーコーマスケールといった評価方法が導入されている。 ケモ 化学療法を指す医療業界の用語。Chemotherapyに由来する。 詳細は化学療法を参照。[job.nikken-mc.jp] また、症状が悪化すると、昏眠、昏睡となる。 意識障害の定義はあいまいなものが多いため、現在ではジャパンコーマスケール(3-3-9度方式)やグラスゴーコーマスケールといった評価方法が導入されている。 終末期 ターミナル期ともいう。 病気が治る可能性がなく、数週間 半年程度で死を迎えるだろうと予想される時期。[job.nikken-mc.jp]

  • 甲状腺障害

    粘液水腫性昏睡の診断基準(3次案)によると粘液水腫性昏睡(myxedema coma)とは甲状腺機能低下症(原発性または中枢性)が基礎にあり、重度で長期にわたる甲状腺ホルモンの欠乏に由来するあるいはさらに何かの誘因(薬剤や感染症など)により惹起された低体温・呼吸不全・循環不全などが中枢神経系の機能障害をきたす病態である。[ja.wikipedia.org] 粘液水腫性昏睡の診断基準(3次案)によると粘液水腫性昏睡(myxedema coma)とは甲状腺機能低下症(原発性または中枢性)が基礎にあり、重度で長期にわたる甲状腺ホルモンの欠乏に由来するあるいはさらに何かの誘因(薬剤や感染症など)により惹起された低体温・呼吸不全・循環不全などが中枢神経系の機能障害をきたす病態である。[ja.wikipedia.org] 脳血管障害やその他の代謝性脳症などを鑑別するが粘液水腫性昏睡を疑った場合は遅滞なく甲状腺ホルモンを測定し結果を待たずに治療を開始する。。欧米では甲状腺ホルモンの静注製剤が販売され標準的に使用されているが日本では発売されてないため経鼻胃管から投与することが多い。[ja.wikipedia.org]

  • ナルコレプシー

    この病気の本態としては軽い意識障害が考えられていますが昏睡ほど深いものではなく、食事や排便は自ら行い、失禁することもありません。病相発現の直前に発熱や心身の過労が見られることがしばしばありますが、誘因が必ずしも明確でない場合もあります。[jssr.jp]

さらなる症状

類似した症状