Create issue ticket

考えれる1,625県の原因 粘液水腫性昏睡

つまり: 粘液水腫, 昏睡

  • 低血糖症

    血糖値が30mg/dl以下になると痙攣、昏睡になり、対応が遅れると意識が戻らないこともある。交感神経刺激症状が出現する血糖閾値は中枢神経症状の閾値に比べて高いため、中枢神経症状症状出現前に交感神経刺激症状を認めるのが一般的である。[ja.wikipedia.org] さらに低血糖が進行すると、異常行動が出現し、深昏睡に至る。[ja.wikipedia.org] しかし高齢者や自律神経障害のある患者、低血糖を繰り返している場合や乳幼児では交感神経症状が出ないでいきなり昏睡に至ることがある。これを無自覚低血糖という。また糖尿病治療薬のひとつであるSU薬は作用時間が長く、低血糖を起こしやすいので注意が必要である。[ja.wikipedia.org]

  • 急性アルコール中毒

    通常、飲酒すると「ほろ酔い期」「酩酊期」「泥酔期」「昏睡期」という順で、徐々に血中アルコール濃度が上がるので、本人も酔ってきたという自覚がある。また、飲みすぎると足元がふらつく、吐き気がするなどの症状も出るので、自分自身である程度は飲酒量をコントロールできる。[ja.wikipedia.org] その結果、アルコール血中濃度が急上昇し、「昏睡期」の状態に進んでしまいます。これが急性アルコール中毒です。昏睡期の状態では、意識が混濁し、呼吸麻痺や、吐いたものがノドにつまることで、死に至るケースもあります。 特に、お酒に弱い人は、少量のアルコールでも危険な状態になるので、注意が必要です。[asahibeer.co.jp] その後「酩酊期」、「泥酔期」、「昏睡期」という状態になっていきます。急性アルコール中毒になりやすくなるのが酩酊期以降です。血中アルコール濃度が0.02%から0.1%程度であるととほろ酔い期に入り、血中アルコール濃度が0.3%を越えると泥酔期と呼ばれるもうろう状態、0.4%を越えると昏睡期という生命に危険を生じうる状態になります。[prestige.smt.docomo.ne.jp]

  • 甲状腺機能低下症

    粘液水腫昏睡 治療しなければ、甲状腺機能低下症はやがて貧血、低体温、心不全を引き起こします。この状況が進行して、錯乱、昏迷、昏睡粘液水腫昏睡)に至ることがあります。粘液水腫昏睡は生命を脅かす合併症です、呼吸が遅くなり、けいれん発作が起こり、脳への血流が減少します。[msdmanuals.com] まれですが、粘液水腫昏睡という病態になり、命に関わることもあります。 診断 上記のような症状が出ている時にこの病気を疑います。 特殊な血液検査によって、甲状腺ホルモンを測定することで、診断できます。 ただし、他の病気や、薬などの影響を受ける検査なので、甲状腺ホルモンの検査結果だけでは確定診断できません。[mah.jp] に至る(粘液水腫昏睡,myxedema coma).筋力は低下するが筋萎縮はなく,むしろ一見肥大した仮性筋肥大症状を呈することもある.[kotobank.jp]

  • 浮腫

    甲状腺機能低下症に伴う粘液水腫は、アルブミンとムコ多糖類の結合物が間質に貯留した状態で、水分の貯留による浮腫とは病態が異なる。非圧痕浮腫 (non-pitting edema) と呼ばれる。 浮腫が起こっている場所によって全身性浮腫と局所性浮腫に分けられる。[ja.wikipedia.org] 非圧痕浮腫の原因: 甲状腺機能低下症による粘液水腫、好酸球性血管性浮腫(angioedema with eosinophilia)、リンパ水腫など。 まず第一に全身性浮腫か局所性浮腫かどうかの判断を行う。全身性浮腫の初期段階は局所性浮腫のようにみえることもあるため注意が必要である。[ja.wikipedia.org]

  • 粘液水腫

    甲状腺機能低下症は外科的に甲状腺を除去することによって発生する萎縮性疾病である橋本病を原因とすることがあり、粘液水腫はさらに稀な疾病である。粘液水腫の一形態である前脛骨粘液水腫は、時として甲状腺機能亢進症を原因とする成人のバセドウ病や甲状腺機能低下症を伴わない橋本病で出現することがある。[ja.wikipedia.org] 甲状腺機能低下症に伴う粘液水腫は、アルブミンとムコ多糖類の結合物が間質に貯留した状態で、水分の貯留による浮腫とは病態が異なる。非圧痕浮腫 (non-pitting edema) と呼ばれる。 浮腫が起こっている場所によって全身性浮腫と局所性浮腫に分けられる。[ja.wikipedia.org] 粘液水腫(英: myxedema)とは一般的に高度に進行した甲状腺機能低下症に続発する皮膚や組織の疾病。皮膚に水和力の高い酸性ムコ多糖類が蓄積することによって、顔面は眼瞼、鼻、頬及び口唇等が浮腫状を呈する。他に四肢の皮膚、手掌、足底等においても浮腫が出現し、体毛等も脱毛して減少する状態をいう。[ja.wikipedia.org]

  • 外因性甲状腺中毒

    の診断基準と治療指針作成委員会」臨床重要課題3「粘液水腫昏睡粘液水腫昏睡の診断基準と治療指針作成委員会-中間報告- 7回1型糖尿病研究会 2009.11.7 (栃木) 堤千春、今川彰久、中川聖子、長谷田文孝、佐野寛行、澤木秀明、大西峰樹、寺前純吾、花房俊昭 CGMを用いた1型糖尿病における血糖変動指標の評価 57回日本職業・災害医学会学術大会[osaka-med.ac.jp] 救急処置 [1] 甲状腺クリーゼ [A] 誘因 [B] 診断 [C] 緊急チェック項目 [D] 初期緊急処置 [E] 治療 [2] 粘液水腫昏睡 [A] 概念 [B] 誘因 [C] 本症を疑うべき所見 [D] 診断 [E] 治療 [3] 気道閉塞 [A] 原因 [B] 対応 ( 処置 ) [4] 甲状腺術後テタニー [A] 原因 [B][molcom.jp] 甲状腺切除性悪液質 E034 甲状腺萎縮(後天性) 粘液水腫昏睡 E035 粘液水腫昏睡 一過性甲状腺機能低下症 下垂体性甲状腺機能低下症 三次性甲状腺機能低下症 視床下部性甲状腺機能低下症 続発性甲状腺機能低下症 二次性甲状腺機能低下症 E038 その他の明示された甲状腺機能低下症 H00650 H01186 ホフマン症候群 原発性甲状腺機能低下症[kegg.jp]

  • 肝性脳症

    昏睡度5になると、もはや痛みや刺激に対する反応が見られない深昏睡に至る。[pharm.or.jp] 肝性脳症の場合、昏睡度分類というものがあります。これについて説明していきましょう。 昏睡度がどの程度なのか、治療の効果があるのかなど把握するためにもスケールを使用していくことは大切です。昏睡度は5段階まであります。肝性脳症の場合、どの程度の昏睡状態であるのか把握しておきましょう。[kango-oshigoto.jp] 急性肝不全は、肝性脳症が認められない、ないしは昏睡度がI 度までの「非昏睡型」と、昏睡II 度以上の肝性脳症を呈する「昏睡型」に分類される。「昏睡型急性肝不全」は初発症状出現から昏睡II 度以上の肝性脳症が出現するまでの期間が10 日以内の「急性型」と、11 日以降56 日以内の「亜急性型」に分類される。[clinicalsup.jp]

  • 昏睡

    昏睡と昏迷は異なる。昏睡の患者は不快刺激や言語刺激に適切な反応を示さないが、昏迷の患者は不快な刺激に対して何らかの反応(叫ぶなど)を示す。 精神病にも昏睡に似るものがある。ある種の統合失調症、緊張病、極端に重篤なうつ病などは昏睡に似た状態を示す。 昏睡は(昏睡から移行することもある)植物状態とも区別される。[ja.wikipedia.org] 糖尿病性昏睡とは 糖尿病性昏睡とは、主に糖尿病に伴う高血糖が原因で起こる昏睡をいいます。糖尿病性昏睡には、主に1型糖尿病の方が起こす「糖尿病ケトアシドーシス」と、2型糖尿病の高齢者に起こりやすい「非ケトン性高浸透圧性昏睡」があります。[tyojyu.or.jp] 準強盗 昏睡 のカテゴリ情報 出典: デジタル大辞泉 (小学館) #医学 #病気 #名詞 [医学/病気]カテゴリの言葉 ピーエムエス 葡萄状鬼胎 HTLV-1関連脊髄症 消化管間質腫瘍 晩発性障害 昏睡 の前後の言葉 ごんず 困睡 昏酔 昏睡 跟随 言水 権萃 昏睡 の例文(6) 出典: 青空文庫 ・・・やっと長い悪夢に似た 昏睡 状態から[dictionary.goo.ne.jp]

  • 中毒性結節性甲状腺腫

    4.その他の甲状腺機能低下症 1)薬剤甲状腺機能低下症 2)粘液水腫昏睡 3)低T3症候群(非甲状腺疾患) 5.甲状腺機能低下症の診断の総括 §5 甲状腺機能低下症の治療 1.治療・管理の目標 2.治療・管理の実際 1)原発性甲状腺機能低下症の治療 2)潜在甲状腺機能低下症の治療 3)中枢甲状腺機能低下症の治療 4)薬剤甲状腺機能低下症[amazon.co.jp] 4.その他の甲状腺機能低下症 1)薬剤甲状腺機能低下症 2)粘液水腫昏睡 3)低T3 症候群(非甲状腺疾患) 5.甲状腺機能低下症の診断の総括 §5 甲状腺機能低下症の治療 1.治療・管理の目標 2.治療・管理の実際 1)原発性甲状腺機能低下症の治療 2)潜在甲状腺機能低下症の治療 3)中枢甲状腺機能低下症の治療 4)薬剤甲状腺機能低下症[chugaiigaku.jp] 粘液水腫昏睡 [ 編集 ] 極めて稀であるが死亡率は25〜65%であり早期のICU管理が望まれる緊急疾患である。[ja.wikipedia.org]

  • 悪液質

    下垂体性悪液質は下垂体の広範な破壊を原因とする悪液質性疾患であり、体重減少、低タンパク血症、脱毛、粘液水腫、臓器の萎縮などが認められる。 悪液質の顕著な臨床的特徴は、成人の場合は体重減少(体液貯留を補正)、小児の場合は成長障害(内分泌疾患を除く)である (Washington definition)。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状