Create issue ticket

考えれる5県の原因 粗いエナメル

  • 良性移動性舌炎

    齲蝕 (虫歯)は,最初,歯のエナメル質の欠損として生じる。齲蝕は次に白斑として現れ,後に褐色となる。 咬耗 (咬合面の磨耗)は,きめの粗い食物または噛みタバコを噛むこと,重度の胃食道逆流による胃酸に曝されること,または加齢に伴う磨耗が原因のこともあるが,通常は ブラキシズム (クレンチングまたはグラインディング)を示唆する。[msdmanuals.com]

  • 遺伝性エナメル質形成不全症

    抄録 三姉妹のうちの長女と三女の2名が象牙質形成不全を伴うエナメル質形成不全症である症例について,12年間にわたる口腔管理を行った。初診時の年齢は,長女が7歳2か月,三女が2歳5か月であり,全身的には異常は認められなかった。長女は,初診時に が萌出しており,全体に黄色で, はC4であった。三女は,初診時に が萌出しており,全歯とも象牙質が露出し,黄褐色であり,象牙質面は滑沢であった。姉妹ともに永久歯のエナメル質は菲薄,粗[…][jstage.jst.go.jp]

  • 腺性口唇炎

    齲蝕(虫歯― 齲蝕 )は,最初,歯のエナメル質の欠損として生じる。齲蝕は次に白斑として現れ,後に褐色となる。 咬耗(咬合面の磨耗)は,きめの粗い食物または噛みタバコを噛むこと,重度の胃食道逆流による胃酸に曝されること,または加齢に伴う磨耗が原因のこともあるが,通常はブラキシズム(クレンチングまたはグラインディング)を示唆する。[msdmanuals.com]

  • 遺伝性歯肉線維腫症

    齲蝕(虫歯― 齲蝕 )は,最初,歯のエナメル質の欠損として生じる。齲蝕は次に白斑として現れ,後に褐色となる。 咬耗(咬合面の磨耗)は,きめの粗い食物または噛みタバコを噛むこと,重度の胃食道逆流による胃酸に曝されること,または加齢に伴う磨耗が原因のこともあるが,通常はブラキシズム(クレンチングまたはグラインディング)を示唆する。[msdmanuals.com]

  • 早期歯の損失

    エナメル小柱はそのまま保全され、表面は滑らかです。 舌で触ってもさを感じることがなく、(研磨性の)ペーストでさらに研磨する必要はありません。エナメル質の保全だけではなく、治療時間も節約できます。[ems-dental.com]

さらなる症状