Create issue ticket

考えれる23県の原因 管状石灰化

  • 乳腺過誤腫

    石灰 明らかな良性なもの * 皮膚 中央が透亮性の石灰。 * 血管 平行線、線状の管状石灰で、血管の走行に一致している石灰化。 * 線維線種 粗大(ポップコーン状)石灰化で、退縮した線維腺腫に見られる石灰化。 * 乳管拡張症 大きな桿状(棒のような形状)の石灰化。[tsurukawakinen.or.jp]

  • 乳管内乳頭腫

    石灰 明らかな良性なもの * 皮膚 中央が透亮性の石灰。 * 血管 平行線、線状の管状石灰で、血管の走行に一致している石灰化。 * 線維線種 粗大(ポップコーン状)石灰化で、退縮した線維腺腫に見られる石灰化。 * 乳管拡張症 大きな桿状(棒のような形状)の石灰化。[tsurukawakinen.or.jp]

  • 乳輪の腫瘍

    石灰 明らかな良性なもの * 皮膚 中央が透亮性の石灰。 * 血管 平行線、線状の管状石灰で、血管の走行に一致している石灰化。 * 線維線種 粗大(ポップコーン状)石灰化で、退縮した線維腺腫に見られる石灰化。 * 乳管拡張症 大きな桿状(棒のような形状)の石灰化。[tsurukawakinen.or.jp]

  • 乳管拡張症

    乳管拡張症の画像所見 ・乳管内腔に 棍棒状あるいは管状石灰を乳管に沿った分布 で認める。 ・乳管周囲が石灰化している時は 中央に透亮像を伴う、厚く長い石灰化 。 ・通常はびまん性で両側性に認める事が多い。 ・典型像は診断は容易。[xn--o1qq22cjlllou16giuj.jp] 石灰 明らかな良性なもの * 皮膚 中央が透亮性の石灰。 * 血管 平行線、線状の管状石灰で、血管の走行に一致している石灰化。 * 線維線種 粗大(ポップコーン状)石灰化で、退縮した線維腺腫に見られる石灰化。 * 乳管拡張症 大きな桿状(棒のような形状)の石灰化。[tsurukawakinen.or.jp]

  • 骨系統疾患

    臨床像は近位肢節の著しい四肢短縮が特徴である(図19A).短縮は特に上腕で目立つ.顔面中央部の平坦やリンパ浮腫などの顔貌異常がある.X線像では,管状骨骨端部とその周囲に特徴的な点状石灰stippled epiphysisが認められる(図19B).近位肢節である上腕骨と大腿骨は著しい短縮と骨幹端の横径発育(末広がり)を示す.[plaza.umin.ac.jp] A: 妊娠38週2618g女児.近位肢節の著しい四肢短縮が特徴である.短縮は特に上腕で目立つ.顔面中央部の平坦とリンパ浮腫などの顔貌異常がある. B: X線像では,管状骨骨端部とその周囲に特徴的な点状石灰stippled epiphysisが認められる.近位肢節である上腕骨と大腿骨は著しい短縮と骨幹端のsplayingを示す. [plaza.umin.ac.jp]

  • 骨形成不全症 13型

    臨床像は近位肢節の著しい四肢短縮が特徴である(図19A).短縮は特に上腕で目立つ.顔面中央部の平坦やリンパ浮腫などの顔貌異常がある.X線像では,管状骨骨端部とその周囲に特徴的な点状石灰stippled epiphysisが認められる(図19B).近位肢節である上腕骨と大腿骨は著しい短縮と骨幹端の横径発育(末広がり)を示す.[plaza.umin.ac.jp] A: 妊娠38週2618g女児.近位肢節の著しい四肢短縮が特徴である.短縮は特に上腕で目立つ.顔面中央部の平坦とリンパ浮腫などの顔貌異常がある. B: X線像では,管状骨骨端部とその周囲に特徴的な点状石灰stippled epiphysisが認められる.近位肢節である上腕骨と大腿骨は著しい短縮と骨幹端のsplayingを示す. [plaza.umin.ac.jp]

  • 短体幹症

    臨床像は近位肢節の著しい四肢短縮が特徴である(図19A).短縮は特に上腕で目立つ.顔面中央部の平坦やリンパ浮腫などの顔貌異常がある.X線像では,管状骨骨端部とその周囲に特徴的な点状石灰stippled epiphysisが認められる(図19B).近位肢節である上腕骨と大腿骨は著しい短縮と骨幹端の横径発育(末広がり)を示す.[plaza.umin.ac.jp] A: 妊娠38週2618g女児.近位肢節の著しい四肢短縮が特徴である.短縮は特に上腕で目立つ.顔面中央部の平坦とリンパ浮腫などの顔貌異常がある. B: X線像では,管状骨骨端部とその周囲に特徴的な点状石灰stippled epiphysisが認められる.近位肢節である上腕骨と大腿骨は著しい短縮と骨幹端のsplayingを示す. [plaza.umin.ac.jp]

  • 常染色体優性脊椎肋骨異骨症

    臨床像は近位肢節の著しい四肢短縮が特徴である(図19A).短縮は特に上腕で目立つ.顔面中央部の平坦やリンパ浮腫などの顔貌異常がある.X線像では,管状骨骨端部とその周囲に特徴的な点状石灰stippled epiphysisが認められる(図19B).近位肢節である上腕骨と大腿骨は著しい短縮と骨幹端の横径発育(末広がり)を示す.[plaza.umin.ac.jp] A: 妊娠38週2618g女児.近位肢節の著しい四肢短縮が特徴である.短縮は特に上腕で目立つ.顔面中央部の平坦とリンパ浮腫などの顔貌異常がある. B: X線像では,管状骨骨端部とその周囲に特徴的な点状石灰stippled epiphysisが認められる.近位肢節である上腕骨と大腿骨は著しい短縮と骨幹端のsplayingを示す. [plaza.umin.ac.jp]

  • 肢端大腿骨頭異形成

    臨床像は近位肢節の著しい四肢短縮が特徴である(図19A).短縮は特に上腕で目立つ.顔面中央部の平坦やリンパ浮腫などの顔貌異常がある.X線像では,管状骨骨端部とその周囲に特徴的な点状石灰stippled epiphysisが認められる(図19B).近位肢節である上腕骨と大腿骨は著しい短縮と骨幹端の横径発育(末広がり)を示す.[plaza.umin.ac.jp] A: 妊娠38週2618g女児.近位肢節の著しい四肢短縮が特徴である.短縮は特に上腕で目立つ.顔面中央部の平坦とリンパ浮腫などの顔貌異常がある. B: X線像では,管状骨骨端部とその周囲に特徴的な点状石灰stippled epiphysisが認められる.近位肢節である上腕骨と大腿骨は著しい短縮と骨幹端のsplayingを示す. [plaza.umin.ac.jp]

  • 肢根型点状軟骨異形成症 3型

    臨床像は近位肢節の著しい四肢短縮が特徴である(図19A).短縮は特に上腕で目立つ.顔面中央部の平坦やリンパ浮腫などの顔貌異常がある.X線像では,管状骨骨端部とその周囲に特徴的な点状石灰stippled epiphysisが認められる(図19B).近位肢節である上腕骨と大腿骨は著しい短縮と骨幹端の横径発育(末広がり)を示す.[plaza.umin.ac.jp] A: 妊娠38週2618g女児.近位肢節の著しい四肢短縮が特徴である.短縮は特に上腕で目立つ.顔面中央部の平坦とリンパ浮腫などの顔貌異常がある. B: X線像では,管状骨骨端部とその周囲に特徴的な点状石灰stippled epiphysisが認められる.近位肢節である上腕骨と大腿骨は著しい短縮と骨幹端のsplayingを示す. [plaza.umin.ac.jp]

さらなる症状