Create issue ticket

考えれる17県の原因 管状の鼻

  • 慢性喉頭炎

    咽頭炎とは 咽頭はいわゆる「喉(のど)」のことですが、正確には、「鼻腔、口腔から喉頭、食道までを含む管状の器官」と定義されています。咽頭炎は、この咽頭に炎症が起きている状態です。 咽頭は、・口を通して外気に触れる部分であり、その分感染も起こりやすくなります。[tada-ent-clinic.com]

  • パトウ症候群

    が形成された場合でも、鼻孔は一つしかなく、親指大の管状になって額に位置し、象と呼ばれる特異な形状を呈する。 口 や 耳 は正常に近い形で形成されることが多い。 視覚 は正常に発達せず、また重い知的障害を伴うと考えられるが、単眼症児は生誕してもほとんどが1年以内に死亡するため、詳細はわかっていない。[ja.wikipedia.org]

  • 鼻中隔偏位

    過去に使われたが言い換えが望ましい用語 Laterally built up nose ・Pinched nose:nasal ridge,narrowを参照 ・Potato nose:Nasal tip,bulbousを参照 長(Proboscis) 定義 柔らかい管状構造物で,通常は顔の正中部か正中部からすこしずれたところに位置する([plaza.umin.ac.jp] 図 44 長 ・パグ鼻(pug nose):上向きの鼻孔(nares, anteverted)を参照 ・鞍鼻(saddle nose):彎曲した鼻堤(nasal ridge,concave)を参照 ・スキージャンプ鼻(ski jump nose):彎曲した鼻堤(nasal ridge,concave)を参照 ・しし鼻(snub nose)[plaza.umin.ac.jp]

  • 脊椎骨軟骨症

    低身長 弛んだ皮膚を伴う両腕と両下肢の肢根型(近位)短縮 肘の伸張制限 短い指 三尖手 内反膝(O脚) 乳児期の胸腰部後弯 歩行開始とともに進展する極度の腰椎前弯 前額部が突出した大きな頭部 顔面中央部の下顎後退と低い橋 小児の軟骨無形成症のX線所見は以下の通りである.[grj.umin.jp] 短くがっしりとした管状骨 下部脊椎の椎弓根間距離の短縮 腸骨の円形化や寛骨臼の水平化 狭い仙坐骨切痕 近位大腿部のX線透過性 全身の軽度骨幹端病変 分子遺伝学的検査 GeneReviewsは,分子遺伝学的検査について,その検査が米国CLIAの承認を受けた研究機関もしくは米国以外の臨床研究機関によって GeneTests Laboratory[grj.umin.jp]

  • 急性咽頭炎

    咽頭炎とは 咽頭はいわゆる「喉(のど)」のことですが、正確には、「鼻腔、口腔から喉頭、食道までを含む管状の器官」と定義されています。咽頭炎は、この咽頭に炎症が起きている状態です。 咽頭は、・口を通して外気に触れる部分であり、その分感染も起こりやすくなります。[tada-ent-clinic.com]

  • 鼻ポリープ

    問題が長引くまたは繰り返す患者は、評価と治療のために、定期的にの内視鏡検査(硬いまたは柔軟な観察用の細い管状の機器で鼻腔内を観察する検査)を受けなければならないことがあります。繰り返す鼻茸による重度の症状がある場合は、副鼻腔の一部を切除または矯正しなければならないことがあります。ほとんどの術式は、内視鏡を用いて行われます。[msdmanuals.com]

  • 血腫

    出血の大きさにより,点状出血,斑状出血,組織内に広い範囲にわたってみられる血性浸潤などがあり,また1ヵ所に血液がたまって腫瘍状を呈する血腫,体腔または管状・囊状の臓器内に出血してたまった血瘤がある。出血を起こした部位ないし臓器により,出血,消化管からの吐血,大便に混じってみられる下血(吐血,下血を総称して 消化管出血 という。[kotobank.jp]

  • 上咽頭腫瘍

    のどの症状と病気 ノド(咽頭)の癌 ノド(咽頭)の癌 咽頭(ノド)とは解剖学的にはの奥から食道まででの管状の構造です。周囲を粘膜と筋肉で囲まれ、呼吸や食物の通路となります。 咽頭は上咽頭、中咽頭、下咽頭に分類されます。 以下に3つの部位の癌について説明します。[taniguchi.or.jp]

  • 骨盤血腫

    出血の大きさにより,点状出血,斑状出血,組織内に広い範囲にわたってみられる血性浸潤などがあり,また1ヵ所に血液がたまって腫瘍状を呈する血腫,体腔または管状・囊状の臓器内に出血してたまった血瘤がある。出血を起こした部位ないし臓器により,出血,消化管からの吐血,大便に混じってみられる下血(吐血,下血を総称して 消化管出血 という。[kotobank.jp]

  • 虹彩脱

    涙腺のもととなる萠芽がさらに分枝し、管状になって 涙管 が発生する。涙腺は出生時には未発達で、生後6週〜3ヶ月くらいまでに発達する。 外眼筋 6つの 外眼筋 が、 眼窩骨 の結合組織から始まり強膜に付着し、眼球の運動を司り両眼融合視を可能にしている。[bsd.neuroinf.jp]

さらなる症状