Create issue ticket

考えれる1,289県の原因 筋萎縮症

  • 末梢神経障害

    〈千葉厚郎〉 13 神経痛性萎縮はどのように診断・治療しますか? 発症後時間が経っていても治療する意味がありますか?〈池田修一〉 14 特発性前骨間神経麻痺,特発性後骨間神経麻痺とはどんな病気ですか? どのように治療しますか?[m-book.co.jp] 上位運動ニューロン徴候がない場合は進行性萎縮、若年性一側性上肢萎縮(平山病)、多巣性運動ニューロパチー、multifocal acuired motor axonopathyを考える。[ja.wikipedia.org] パーキンソン病,萎縮性側索硬化,多発性硬化症,視神経脊髄炎など),末梢神経疾患,(Bell麻痺,Guillain—Barré症候群,慢性炎症性脱髄性ニューロパチーなど),疾患(筋ジストロフィー症,多発筋炎,周期性四肢麻痺など),神経筋接合部疾患(重症筋無力症,Lambert—Eaton筋無力症症候群など)が含まれ,きわめて多くの疾患があります[chugaiigaku.jp]

  • 多発性神経炎

    筋力低下 末梢性麻痺(ポリオ、多発性神経炎、総排骨神経麻痺、外傷性末梢神経 損傷など、各種の筋炎)、筋ジストロフィー、廃用性萎縮 (筆者注:萎縮性側索硬化) 6. 平衡機能障害 脊髄小脳変性症、小脳腫瘍、小脳梗塞 7.[ibaraisikai.or.jp] 神経内科の関連ページ 医師紹介 概要 診療実績 受診される方へ診療予定表 臨床研修をお考えの方 概要 主な対象疾患 脳卒中 糖尿病性神経障害 末梢神経疾患(慢性炎症性脱髄性多発性神経炎など) 認知 パーキンソン病 萎縮性側索硬化 脊髄小脳変性症 多発性硬化症 頭痛症(片頭痛など) 脊髄疾患 てんかん 神経感染症 不随意運動症 特色 当院[chubuh.johas.go.jp] その疾患はおもだったものとして,脳血管障害(脳梗塞),神経感染(髄膜炎、脳炎),神経変性疾患(パーキンソン病,アルツハイマー病,脊髄小脳変性萎縮性側索硬化など),神経免疫疾患(視神経脊髄炎を含む多発性硬化症,重症無力症,多発性筋炎,ギラン・バレー症候群,慢性炎症性脱髄性多発神経炎,多巣性運動ニューロパチーなど)があげられます。[edogawa.or.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    萎縮性側索硬化(ALS)が代表的で、その他に原発性側索硬化(PLS)、球脊髄性萎縮(SBMA)、脊髄性萎縮(SMA)などが該当します。それぞれ診断が難しく、適切な検査・診断の後にそれぞれの疾患について他の医療機関と連携を取りながら治療とケアにあたっています。SMAでは核酸医薬品などの画期的な治療薬が開発されてきています。[hosp.kyushu-u.ac.jp] 1 球脊髄性萎縮 2 萎縮性側索硬化 3 脊髄性萎縮 4 原発性側索硬化症 5 進行性核上性麻痺 6 パーキンソン病 7 大脳皮質基底核変性症 8 ハンチントン病 9 神経有棘赤血球症 10 シャルコー・マリー・トゥース病 11 重症筋無力症 12 先天性筋無力症候群 13 多発性硬化症/視神経脊髄炎 14 慢性炎症性脱髄性多発神経炎[byouin.metro.tokyo.jp] 厚生労働省のリーフレットはこちら 「平成27年1月1日から難病の方への新たな医療費助成制度がはじまります」 沖縄県の説明(必要書類等) 「難病患者に対する医療等に関する法律」施行について(様式集) ※外部サイトへのリンク 対象となる疾病 1 球脊髄性萎縮 56 ベーチェット病 2 萎縮性側索硬化 57 特発性拡張型心筋 3 脊髄性萎縮[city.okinawa.okinawa.jp]

  • 筋ジストロフィー

    1965 66(昭和40 41)年 院内教育普及 1966(昭和41)年 就学調査を行なう(67.1%が就学猶予、養護学校が15.1%)(※2) ・中央児童福祉審議会、意見具申 ①進行性萎縮の児童福祉法上の取り扱いを明確にすること ②進行性萎縮児の病床を増設すること ③進行性萎縮の発生予防及び治療方法を究明すること 1967(昭和[arsvi.com] MORE NEWS お知らせ 令和元年 5 月 29 日 JMDA 重要 6月の電話相談スケジュール 令和元年 5 月 8 日 JMDA 重要 筋ジストロフィー(萎縮)の専門病院 令和元年 6 月 12 日 JMDA New! 障害者雇用促進法改正案が成立 令和元年 6 月 12 日 医学研究情報 New![jmda.or.jp] 筋肉関係疾患 脊髄性萎縮 脊髄性萎縮とは,脊髄の運動神経細胞(脊髄前角細胞)の病変によって起こる神経原性の進行性運動ニューロン病で、体幹や四肢の筋力低下、筋萎縮を進行性に出現してきます。[senoopc.jp]

  • 甲状腺機能亢進症

    そのほかの神経性の症状で甲状腺中毒との関連が疑われている疾患に偽脳腫瘍、萎縮性側索硬化、ギラン・バレー症候群に似た症状がある。 どのタイプの甲状腺亢進症でも視覚上の症状を伴うこともあり、瞼の萎縮による「凝視」や瞼の筋力が弱まったり運動が遅れたりすることもある。[ja.wikipedia.org] [中村浩淑] 甲状腺機能亢進症(代謝・内分泌疾患に伴う神経障害) (3)甲状腺機能亢進症 概念・臨床症状 本症の多くはBasedow病であり,甲状腺ホルモンの過剰に伴って易興奮性,神経質,集中力低下などの精神症状,手指振戦,頻脈,多汗などがみられる.甲状腺機能亢進患者の61 82%に近位優位の筋力低下,筋萎縮,やせを生じ,甲状腺中毒性ミオパチー[kotobank.jp]

  • 手根管症候群

    手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん、Carpal tunnel syndrome:CTS)とは、手根管(腱と神経が通っている手首内の管)の中を走る正中神経が何らかの原因で手根管内圧が上がり、圧迫されて引き起こされる疾患群のこと。 1900年頃より提唱がなされている。病理学的解明は、1960年代頃にアメリカ合衆国のクリーブランド病院で整形外科部長を務めていたジョージ・ファレンによってなされている。 多くは特発性であるが、以下の関連は指摘されている。 職業性 アメリカ労働省職業安全衛生管理局 (OSHA) による調査にて、反復作業労働に生じることが多いという報告がなされている。 外傷性[…][ja.wikipedia.org]

  • 頸部脊椎症

    患者の多くは神経内科医に至るまでに他の診療科を経由しており、特に、上肢や下肢の萎縮のために整形外科を初診として訪れる場合が多い。上肢の萎縮が認められた場合、その萎縮が頸椎による頸椎萎縮なのか、あるいはALSの初期症状なのかを通常の画像所見のみで鑑別することは難しい場合があり、整形外科においては両者の鑑別が重要となる。[medical.nikkeibp.co.jp] 「黄色靱帯骨化」(文献1)や、頚部に発症する「平山病(若年性一側上肢萎縮)」なども治療しています(文献2)。 脊柱管狭窄症の頻度は高く、手術治療が必要な患者さんは、1000人に1人くらいの割合で、日本全国で年間10万件以上の手術が行われています。当院では、脳神経外科が脊柱管狭窄症の治療を行っています。[byouin.metro.tokyo.jp] 頸椎萎縮(けいついしょうせいきんいしゅくしょう) 腕の痛みやしびれはさほどないのに、腕や指の筋肉が細く(萎縮)なってくることがあります。脊髄と神経根症の中間にあるような病気で、非常にまれなものです。[kotobank.jp]

  • 1型糖尿病

    H280 E6HH 34 1型糖尿病性網膜症 E103 H360 PQDL 35 緩徐進行1型糖尿病・眼合併症あり E103 LUVT 36 増殖性糖尿病性網膜症・1型糖尿病 E103 H360 QBT3 37 1型糖尿病・神経学的合併症あり E104 L0QR 38 1型糖尿病性ニューロパチー E104 G590 VUR0 39 1型糖尿病性萎縮[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    2013年版ガイドラインによる主な鑑別疾患 運動ニューロン障害脊髄進行性萎縮(進行性萎縮)、伴性球脊髄性萎縮、ポリオ後症候群、ヘキソサミターゼA欠乏末梢神経障害頸椎症、腰椎症、多巣性運動ニューロパチー、慢性炎症性脱髄性多発神経炎(chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy;[ja.wikipedia.org] 脊髄性萎縮、球脊髄性萎縮など類縁の病気をまとめて運動ニューロン疾患と呼ぶこともあります。 根本的な原因はまだ不明です。しかし、神経の変性していく過程に、ある種のたんぱく質がかかわっていることが最近わかってきて、急速に研究の進んでいる分野の一つです。ごく一部では、家族内で同じ病気が発症する場合もあります。[saiseikai.or.jp] この中には種々の異なった疾患が含まれるが,そのうち頻度の高いものは萎縮性側索硬化と脊髄性進行性萎縮である。 [萎縮性側索硬化amyotrophic lateral sclerosis(ALS)] 難病の一つ。… ※「萎縮性側索硬化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。[kotobank.jp]

  • バセドウ病

    感染,外傷,外科手術,塞栓症,糖尿病性ケトアシドーシス,または妊娠高血圧腎によって突然生じる可能性がある。 甲状腺クリーゼでは,突然激しい甲状腺機能亢進症状が生じ,発熱,著明な筋力低下および萎縮,大きな感情の揺れを伴う極度の不穏,錯乱,精神病症状,昏睡,悪心,嘔吐,下痢,軽度の黄疸を伴う肝腫大の内のいずれかもしくは複数の症状を伴う。[msdmanuals.com]

さらなる症状