Create issue ticket

考えれる7県の原因 筋肉内脂肪増加

  • 性同一性障害

    FTMに対するホルモン療法の効果 月経停止 性器萎縮 陰核肥大 変声(声の低音化):咽頭軟骨肥大 体格の男性化、筋肉増強、体重増加脂肪の男性化(皮下脂肪型 体脂肪型) 髭、体毛、陰毛の増加 皮脂分泌増加 ニキビの増加 頭髪脱毛 性欲亢進 皮膚色素の沈着 これらの効果は、ホルモン療法を開始して、早くて1ヶ月から6ヶ月ぐらいまでに出現します[uro.jp]

  • 後天性全汎リポジストロフィー

    脂肪組織における脂肪蓄積量の増加がインスリン抵抗性のマーカーとなった[ 27 ]。 初期の研究から、L-カルチニンを静脈投与により補給することで、筋肉中の脂肪量を減少させ、糖尿病患者のインスリン感受性を改善し、さらに細胞中の酸化がより速やかに促進され、血糖値を低下させることができることが示唆された[ 27-29 ]。[ejim.ncgg.go.jp]

  • 後天性部分型リポジストロフィー

    脂肪組織における脂肪蓄積量の増加がインスリン抵抗性のマーカーとなった[ 27 ]。 初期の研究から、L-カルチニンを静脈投与により補給することで、筋肉中の脂肪量を減少させ、糖尿病患者のインスリン感受性を改善し、さらに細胞中の酸化がより速やかに促進され、血糖値を低下させることができることが示唆された[ 27-29 ]。[ejim.ncgg.go.jp]

  • カルニチン欠乏

    脂肪組織における脂肪蓄積量の増加がインスリン抵抗性のマーカーとなった[ 27 ]。 初期の研究から、L-カルチニンを静脈投与により補給することで、筋肉中の脂肪量を減少させ、糖尿病患者のインスリン感受性を改善し、さらに細胞中の酸化がより速やかに促進され、血糖値を低下させることができることが示唆された[ 27-29 ]。[ejim.ncgg.go.jp]

  • 肝梗塞

    糖代謝検査 血液中のブドウ糖は、腸からの吸収、肝臓からの合成によって増加します。このブドウ糖はからだの細胞のエネルギー源として脳、筋肉脂肪などで使われます。しかし、このブドウ糖が細胞へスムーズに取り込まれるには、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが必要です。[okayamamc.jp]

  • 障害のある腎濃縮力

    4) 体内の水分貯蔵場所の減少: 加齢に伴い細胞水分を最大に貯蔵する部位である筋肉量が減少する。脂肪増加がみられるが、脂肪組織は水分を貯蔵しにくい。 5) 基礎代謝量が減少し代謝によって生じる水が減る。 6) 水分摂取量の減少: ADLの低下、摂食・.嚥下障害、各種の病態による食欲の低下や意識障害などで水分がとれない。[ginnka.exblog.jp]

  • エストラジオール

    血中E2の増加に伴い、下垂体より成長ホルモン(GH)の分泌が増加する。体内での代謝物として、筋肉でその多くは17α-E2として、或いはE1として存在する。脂肪組織内でもほぼ同様の結果が得られている。肝、腎での代謝産物が最も多く、それらは17α-E2、17α-E2グルクロナイド、E2、E1などである。[mhlw.go.jp]

さらなる症状