Create issue ticket

考えれる321県の原因 筋痙縮

  • パーキンソン病

    パーキンソン病とよだれ(2017/07) パーキンソン病(PD)におけるよだれ(流涎)は、患者さんの社交性を妨げると同時に、口腔内の清潔維持を困難にし、唾液の誤嚥さらに誤嚥性肺炎につながる症状として重要です。頻度は報告によって様々ですが、10-84%とされ1)、決してまれではないのですが、有効な治療に関する報告はそれほど多くないのが現状です。[…][jsdnnm.com]

  • パーキンソン病 3型

    パーキンソン病の患者様にアリセプトを投与する時は注意してください。パーキンソン病治療薬の1つである抗コリン剤は、アリセプトと作用が拮抗するため、「併用注意」です。日常生活動作が制限される、あるいは薬物治療を要する程度のパーキンソン症状を有する患者様へのアリセプトの投与は注意が必要とされています。パーキンソン症状の悪化にもご注意いただいて、慎重にお使いください。 アリセプトはパーキソンソニズムを悪化させたとの報告があるため 1) 3) 、錐体外路障害(パーキンソン病、パーキンソン症候群等)のある患者様には「慎重投与」と設定されています。[…][aricept.jp]

  • 頸部脊椎症

    ヒトの神経には、脳からの命令を手足に伝える役目を担っている運動神経と、手足や体の各部からの知覚情報(熱い・痛いなどの感覚)を脳に伝える知覚神経があります。 これらの神経は人体の中心部では背骨の中の空間(脊柱管とよばれます)に保護されるような形で存在しています(図1)。 この部分の神経は脊髄と名付けられています。 頸部の脊髄からは手や肩に向かう神経が枝分かれしており、神経根と呼ばれています。 各神経根は比較的狭い骨の間隙(椎間孔と呼ばれます)を通って手や肩に向かっています(図2)。 一側の上肢の特定の部分に「しびれ」や鈍痛が出現します。[…][heiseihp.com]

  • 脳性麻痺

    重症心身障害児の緊張異常は、1)亢進:直や固、痙直と固縮の混在、2)低下:筋力低下と関節の過伸展、3)変動:アテトーゼやジストニーなどの不随意運動、に分けられます。重症心身障害の8 9割は、直・固またはアテトーゼの緊張亢進を示します。[childneuro.jp] ボツリヌス毒素治療外来 脳性麻痺をはじめと言われる緊張が強い症状に対して、ボツリヌス毒素を利用した治療方法があります。どの患者さんにも利用できる治療方法ではありませんが、治療の選択肢の一つとして行っています。[rehab-hiroshima.org] 1.未熟児、または新生児脳症などの成育歴のある「リスク児」のフォローアップ. 2.運動の発達指標の遅れ.とくに座る,立つ,歩くことの遅れ. 3.左右両側のつり合いの取れない運動パターンの発達.たとえば,生後数ヶ月みられる,片方の手の顕著な優位性. 4.異常な緊張,とくに(筋肉の硬さ)または弛緩性(フロッピー).[h-navi.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    神経所見 球症状:舌の麻痺・萎縮・線維束性収縮(のピクつき)、構音障害、嚥下障害 上位ニューロン徴候:、腱反射亢進、病的反射 下位ニューロン徴候:線維束性収縮、萎縮、筋力低下 臨床検査所見 特定の検査はありませんが、針筋電図で下位ニューロン障害の有無を調べます。[agmc.hyogo.jp] ALS2遺伝子関連疾患の特徴は,小児期発症(平均発症年齢6.5歳),顔面,制御不能の笑い,性構語障害,痙性歩行,一様でない中等度の萎縮,膀胱機能障害,感覚障害である.12歳から50歳までに寝たきりとなる患者もいる.[grj.umin.jp] 普通型- 上肢の萎縮と筋力低下が主体で、下肢はを示す上肢型 進行性球麻痺 - 構音障害、嚥下障害といった球症状が主体となる球型 偽多発神経炎型 - 下肢から発症し、下肢の腱反射低下・消失が早期からみられ、二次運動ニューロンの障害が前面に出る下肢型但し、初期から呼吸筋麻痺となる例や体幹筋障害、痴呆症状を伴うなど多様。[ja.wikipedia.org]

  • 片麻痺

    日本脊髄障害医学会誌 21: 64-65, 2008 野間知一, 鎌田克也, 海唯子, 溜いずみ, 砂永彩子, 衛藤誠二, 下堂薗 恵, 松元秀次, 川平和美: 脳卒中片麻痺上肢のへの振動刺激抑制療法と促通反復療法との併用による麻痺と痙縮の改善効果.総合リハ37:137-143, 2009 衛藤誠二, 海唯子, 川平和美: 経頭蓋磁気刺激[kufm.kagoshima-u.ac.jp] (けいしゅく:緊張の高まりによって動きづらい状態)とは異なります。はある程度強くても適応可能です。 歩行、身の回りの日常生活は自立している方(装具や杖を使っていても構いません。) 発症から6か月以上経過し、回復期のリハビリは終了し現在自宅で生活されている方。[kompas.hosp.keio.ac.jp] The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 51: 219-227, 2014 園田耕一, 松元秀次, 鮫島淳一, 兒島朋史, 加治智和, 安部智: 慢性期脳卒中片麻痺上肢のに対するフェノールブロック後に促通反復療法と神経電気刺激の併用療法が著効した一例.[kufm.kagoshima-u.ac.jp]

  • ハイドログラフィス

    概要 水頭症とは何らかの原因によって髄液の循環・吸収障害が起こり,その結果,脳室の異常拡大が生じたもので,小児,成人を問わずに発生し得る病態です.[…][square.umin.ac.jp]

  • 頸部椎間板ヘルニア

    頸部椎間板ヘルニアとは 胸腰部椎間板ヘルニアと同様にダックスフンド、フレンチブルドッグなどの軟骨異栄養性犬種に多く、発症すると激しい頸部痛と四肢のふらつきや麻痺が起こります。症状に応じて以下の表のように重症度を分類しています。 頸部脊髄障害のグレード分類 診断および治療 確定診断には脊髄造影検査やMRI検査が必要です。 神経根の圧迫による前肢のしびれや歩行障害などの症状は、前肢の関節疾患と区別しにくいことがあり、その評価にはMRI検査やCT検査が必要です。多くの頸部椎間板ヘルニアは首の腹側から手術をします(ベントラルスロット)。 レントゲン脊髄造影 第3-4頸椎、椎間板ヘルニアによる脊髄圧迫[…][aikawavmc.com]

  • 対麻痺

    性対麻痺 (spastic paraplegia):下肢の (spasticity)を伴う対麻痺をこのように呼ぶ。緊張の亢進(受動的に動かしたときに正常よりも抵抗が大きい状態)であり、 錐体路障害 によって現れる症状であるので、他の 錐体路徴候 も伴っている。 上位運動ニューロン 障害である。[ja.wikipedia.org] 症状 運動神経の障害により、しゃべりにくくなる構音障害、嚥下障害、筋力低下や萎縮を自覚します。特に、中枢神経(大脳や脊髄)の運動神経(上位運動ニューロン)が障害されるとが出現します。原発性側索硬化症では、上位運動ニューロンの変性のみが起こりますので強い痙縮が出現します。[itb-dsc.info] (Fig2)肘の屈曲には皮神経縮小術を行うこともあります。上下肢、両下肢など広範でまた重度なにはバクロフェン髄注ポンプ埋め込み術(ITB療法)を検討します。また目安として10歳未満の脳性麻痺に対しては神経縮小術は再発率が高いと言われており、選択的脊髄後根遮断術(SDR)を検討します。[twmu.ac.jp]

  • ニーマン・ピック病C型

    生後6ヶ月以降、運動発達遅滞が明らかとなり、進行すると緊張によって生じると固縮が著明になる。緊張の低下によって、座れるようになってから以降の発達は見られることはなく、首が座るなどのすでにできるようになっていたことも徐々にできなくなっていく。腱反射は弱くなるか、消失することが多い。[ja.wikipedia.org] 生後6ヶ月以降、 運動発達遅滞 が明らかとなり、進行すると緊張によって生じる と 固縮 が著明になる [5] 。緊張の低下によって、座れるようになってから以降の発達は見られることはなく、首が座るなどのすでにできるようになっていたことも徐々にできなくなっていく [43] 。 腱反射 は弱くなるか、消失することが多い [11] 。[ja.wikipedia.org] 萎縮,発達遅滞および退行,ミオクローヌス,痙攣発作,性,反射亢進,除皮質姿勢,神経軸索ジストロフィー 治療: 支持療法 II型(神崎病,成人発症型;609242) 発症: 成人期 尿中代謝物: オリゴ糖およびO-結合型シアロペプチド 臨床的特徴: 顔貌粗造,難聴,結膜および網膜血管の蛇行,体部にびまん性に生じる被角血管腫,毛細血管拡張,[msdmanuals.com]

さらなる症状