Create issue ticket

考えれる43県の原因 筋炎

  • 関節炎

    全身性ループスエリテマトーデスや皮膚筋炎などの膠原病(結合組織疾患)膠原病では病変の主座とは別に関節炎による関節痛を来すことがしばしばみられる。反応性、乾癬性関節炎STD、腸炎、乾癬などの既往が重要である。 関節痛患者診療は以下の点に留意しながら診療を行う。関節痛に対する9stepアプローチといわれる。[ja.wikipedia.org]

  • リウマチ性多発筋痛症

    リウマチ性多発筋痛症 関節リウマチ 多発筋炎 RS3PE 線維筋痛症 難病情報センター 側頭動脈炎 特定疾患情報 リウマチ膠原病診療診療blog メルクマニュアル 側頭動脈炎 膠原病診療ノート ISBN 9784784953431[ja.wikipedia.org] 全身性ループスエリテマトーデスや皮膚筋炎などの膠原病(結合組織疾患)膠原病では病変の主座とは別に関節炎による関節痛を来すことがしばしばみられる。反応性、乾癬性関節炎STD、腸炎、乾癬などの既往が重要である。 関節痛患者診療は以下の点に留意しながら診療を行う。関節痛に対する9stepアプローチといわれる。[ja.wikipedia.org]

  • 全身性エリテマトーデス

    そのほか皮膚筋炎・多発筋炎、全身性強皮症との合併もある。[ja.wikipedia.org] 小児の皮膚筋炎においても同様の外観を呈することがあり鑑別を要する。 円板状皮疹(discoid lupus) 慢性の鱗屑を伴う円板状皮疹は次第に周囲が肥厚し中央が陥没様になっていく。 日光過敏 肌の露出部位において紫外線暴露後に発赤や水泡形成などの反応を示す日光過敏が観察されることがある。[med.osaka-u.ac.jp] 小児の皮膚筋炎においても同様の外観を呈することがあり鑑別を要する。 円板状皮疹(discoid lupus): 慢性の鱗屑を伴う円板状皮疹は次第に周囲が肥厚し中央が陥没様になっていく。 日光過敏: 肌の露出部位において紫外線暴露後に発赤や水泡形成などの反応を示す日光過敏が観察されることがある。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 皮膚筋炎

    多発性筋炎[ja.wikipedia.org] 対称性近位筋の筋力低下 筋生検による筋炎の存在確認 血中筋酵素の上昇 筋原性の筋電図変化 皮膚筋炎の典型的皮疹皮膚筋炎の診断には5は必須項目であり、その上で1〜4のうち3〜4項目で確定、2項目で疑いが強い、1項目で可能性ありとなる。[ja.wikipedia.org] これは特に封入体筋炎(細胞内封入体がみられる)との鑑別として重要なのだが、感度が低い検査である(なにもないところをとってくることが案外多い)。皮膚筋炎では多発筋炎と比較して、血管周囲にCD4 T細胞の浸潤が見られる。多発筋炎では、炎症の主座は筋肉に限定される。[ja.wikipedia.org]

  • 全身性強皮症
  • 多発性筋炎
  • フザリウム感染症
  • 脂質異常症

    筋肉痛といった症状が出現することが多く、筋炎や横紋筋融解症は極めて稀である。筋疾患や甲状腺機能低下症が認められる場合は横紋筋融解症のリスクが高まるため注意が必要である。高齢者や肝機能障害、腎機能障害がある場合も注意が必要である。[ja.wikipedia.org]

  • 筋炎

    Types of myositis include: 骨化性筋炎(en:Myositis ossificans) 線維筋炎(en:fibromyositis ) 特発性炎症性ミオパチー 皮膚筋炎 若年性皮膚筋炎(en:Juvenile dermatomyositis) 多発性筋炎(en:Polymyositis) 封入体筋炎(en:Inclusion[ja.wikipedia.org] 筋炎(英: myositis)とは筋肉の炎症を示す一般用語。筋炎の多くは感染症を直接の原因にするのではなく、自己免疫疾患によって起こる傾向がある(しかし、自己免疫疾患は感染症により活性化あるいは悪化することがある)。筋炎は脂質降下薬の副作用として生じることもある。 血中のクレアチンキナーゼレベルは筋炎の指標となる。[ja.wikipedia.org] […] body myositis) 化膿性筋炎(en:Pyomyositis) ミオパチー (筋疾患) 筋肉痛 en:Masticatory muscle myositis (犬の疾病) The Myositis Association NIH FAQ Arthritis.org The Johns Hopkins Myositis Center[ja.wikipedia.org]

  • 便秘

    患者数は全国で41,000人あまりとされるが、この統計には多発筋炎/皮膚筋炎が含まれること、強皮症にはびまん皮膚硬化型と限局皮膚硬化型の2種の病型があり限局皮膚硬化型の患者は含まれていない可能性があること、また別疾患である限局性強皮症(Morphea)の症例が統計に組み込まれている例があるなど、実態把握が困難である。[med.osaka-u.ac.jp] SLEや皮膚筋炎などの他の膠原病と異なり、ステロイドの全身性強皮症への効果は限定的であるが中等量以下で使用されることも多い。本邦での全身性強皮症研究会議の治療指針ではステロイドの使用が記載されているが、ヨーロッパリウマチ学会の治療指針にはステロイドは記載されていない。[med.osaka-u.ac.jp]

さらなる症状

類似した症状