Create issue ticket

考えれる405県の原因 筋圧痛

  • 筋挫傷

    症状:損傷部の痛み、腫れ、があり、太ももの前の(大腿4頭筋)であれば膝の屈曲が制限され、太ももの後ろの筋(ハムストリングス)であれば膝の伸展が制限、ふくらはぎのであれば足関節の背屈が制限されます。 ( 4. 診断 ) 肉離れと同様、発症機転、損傷部位から損傷の診断をします。[matsuda-oh.com] 軽度の挫傷では,および軽度の腫脹がみられる。より重度の挫傷は,斑状出血,軽度から重度の腫脹,ならびに疼痛および筋力低下による筋機能不全を呈する。 治療 安静,氷冷,圧迫 ストレッチとその後の筋力強化運動 氷冷と大腿サポーターを使用する圧迫は,できるだけ早急に開始すべきである。[msdmanuals.com] 損傷を受けたの部位にがあり、ハムストリングスの場合は膝の屈曲運動で抵抗を加えると痛みが増強します。またハムストリングスを伸ばすような動作をさせても痛みが強くなります。 ( 2. 診断 ) 発症機転、損傷部位から損傷の診断をします。損傷程度や範囲、血腫の存在の判断には超音波検査やMRIが有用です。 ( 3.[matsuda-oh.com]

  • リウマチ性多発筋痛症

    リウマチ性多発筋痛症は, 巨細胞性動脈炎 (側頭動脈炎)と密接に関連する症候群である。55歳以上の成人に発生する。 典型的には近位筋に重度の痛みおよびこわばりが生じ(筋力低下や萎縮は伴わない),非特異的な全身症状を呈する。赤沈亢進およびCRPの上昇が典型的にみられる。診断は臨床的に行う。低用量コルチコステロイドによる治療が効果的である。低用量から中用量のプレドニゾンまたはメチルプレドニゾロンに対する劇的で急速な反応が診断を裏付ける。 リウマチ性多発筋痛症は55歳以上の成人に発生し,女性:男性の比率は2:1である。 リウマチ性多発筋痛症は 巨細胞性動脈炎[…][msdmanuals.com]

  • 慢性の痛み

    「痛くない」「少し痛い」「中くらいに痛い」および「とても痛い」に分けて問い、「少し痛い」異常であれば痛点ありとする。 上記1.と2の両方の基準を満たすとき慢性疼痛(線維症)と診断できる。 なお「広範囲な疼痛」は少なくとも3ヶ月持続する必要がある。 (米国リウマチ学会基準:1990年) 病因はなんですか?[oura-cl.com]

  • 脊髄精神的外傷

    神経障害性疼痛とは、体性感覚系(痛みを伝える神経)の損傷や疾患の直接的な結果として引き起こされる疼痛と定義されています (国際疼痛学会)。その疼痛には自発痛と誘発痛があります。自発痛は間欠的な場合もあれば持続的な場合もあり、電撃痛や刺痛、灼熱痛、ズキズキする痛み、鋭い痛みなどと表現されることが多いです。誘発痛は機械刺激や温熱刺激などにより生じる疼痛や痛覚過敏のことです。また、神経損傷を反映する様々な知覚障害(知覚鈍麻や異常知覚など)を伴っていることが多く、運動麻痺や自律神経症状を伴うこともあります。しかし、神経障害の有無を厳密に判定することが困難な場合も少なくありません。[…][twmu.ac.jp]

  • 横紋筋融解症

    手足がしびれる 手足に力がはいらない 手足・肩・腰・全身の筋肉が痛んだり(筋肉),こわばったりする 全身がだるい 尿の色が赤褐色になる(ミオグロビン尿といわれる) 横紋融解症 横紋筋融解症は,筋肉をつくっている骨格筋細胞に融解や壊死が起こり,筋肉の成分が血液中に流出してしまう病気です。[tokuyaku.or.jp] お薬の副作用としての横紋融解症(筋肉の痛み) こんな症状ありませんか?[tokuyaku.or.jp]

  • こむら返り

    こむら返り(腓返り、こむらがえり)とは、「腓(こむら) ふくらはぎ」に起こる筋痙攣の総称で、「(足が)攣(つ)る」とも言われる。特に腓腹筋(ふくらはぎ)に起こりやすいため、腓腹筋痙攣と同義とみなすこともある。他にも指・首・肩などもこの症状と類似した状態になる場合がある。 中枢神経系の障害によるジストニア、痺れのテタニー、錯覚性の筋痙攣などとは区別される。[…][ja.wikipedia.org]

  • 化膿性筋

    39.9 の熱で小児科クリニック受診。白血球14500、CRP7.3mg/dlでご紹介いただく。 初診時の所見 左腰部に限局する痛み、あり。腫脹はあるが、皮膚発赤はない。[hannan-chuo-hsp.or.jp] 腰部MR検査 L2 5の部位で、左傍脊柱(脊柱起立筋)にT2 highの炎症所見 咽頭:溶連菌(-) 血液検査(細菌は検出・培養されず) CPK:49IU/l 表在超音波検査:L2 5の左側、傍脊柱筋内に、小さいAbcess Echoと周辺の高エコー化、炎症性血流増加を認める。[hannan-chuo-hsp.or.jp]

  • 多発性筋炎

    症状には,対称性の筋力低下,いくらかの,およびその後の萎縮などがあり,主として肢帯の近位にみられる。合併症としては,内臓障害および癌などがありうる。診断は臨床所見,および筋肉の検査(筋酵素,MRI,筋電図検査,および筋生検などを行うことがある)における異常による。[msdmanuals.com]

  • 好酸球増多筋痛症候群

    : 精巣、精巣 ・脱力・下肢: 広範囲の(肩、腰周囲を除く)、筋力低下あるいは下肢筋肉の痛 単神経・多発神経障害: 単神経障害の進行、多発単神経障害または多発神経障害 拡張期血圧 90mmHg: 拡張期血圧90mmHg以上の高血圧の進行 BUNあるいはCr上昇: BUN 40mg/dlまたはCr 1.5mg/dl B[osaka-med.ac.jp] 掲載疾患一覧 脳脊髄液減少症 線維症 ジストニア 脳脊髄液減少症 【脳脊髄液減少症とは】 注)低髄液症候群、脳脊髄液減少症候群という病名を使うこともあります。 低髄液圧症候群は、脳脊髄液の漏出によって起立時の牽引性頭痛を主症状とする症候群である。[tokyo-nanbyou-shien-yi.jp] 4 関節炎 2関節以上の関節あるいは炎症所見(例:、腫脹、関節液貯留)。 4 筋炎 CK・アルドラーゼの上昇を伴う近位の疼痛/筋力低下、あるいは筋電図変化、筋生検における筋炎所見。 4 尿円柱 顆粒円柱あるいは赤血球円柱。 4 血尿 5赤血球/HPF。結石、感染性、その他の原因は除外。 4 蛋白尿 0.5g/24時間。[osaka-med.ac.jp]

  • 皮膚筋炎

    筋肉の障害としてみられる症状には主に体幹、四肢近位の左右対称性筋力低下、筋肉の痛みや、把握痛が認められます。日常生活では頭位の位置保持困難(頭が支えられない)、手を挙げることができない、しゃがんだら立ち上がれない、階段を登れないなどの症状が現れます。咽頭や喉頭の筋肉が侵されれば誤嚥性肺炎、時には窒息を生じることもあります。[tokushukai.or.jp]

さらなる症状

類似した症状