Create issue ticket

考えれる30県の原因 筋力低下、主に四肢と舌

  • 高カリウム性周期性四肢麻痺

    高カリウム性周期性四肢麻痺(こうかりうむせいしゅうきせいししまひ、英: Hyperkalemic periodic paralysis, HYPP, HyperKPP)とは、血中カリウムの値が高くなって麻痺が起こるタイプの周期性四肢麻痺。常染色体優性遺伝する遺伝病で、希少疾患である。 難病法により、指定難病となった。以降では、難病法で用いるために作成された診断基準から、HYPPの診断基準に関係する部分のみ略記する。その他は周期性四肢麻痺を参照のこと。 ①②③に加え⑥あるいは⑦を認めて、除外診断を除外でき、①の項目を一部しか満たさない場合⑤を認めれば、診断として確実とされている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 筋ジストロフィー

    6.眼咽頭型筋ジストロフィー この病気では、眼瞼下垂をとする外眼筋と咽頭筋、球筋の筋力低下に加えて、四肢近位筋に症状が見られる。球症状は嗄声や萎縮、嚥下困難として現れやすい。中高年になってから発症し、緩徐進行性で、高齢になって歩行困難になる患者が多い。[pathologycenter.jp]

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー

    6.眼咽頭型筋ジストロフィー この病気では、眼瞼下垂をとする外眼筋と咽頭筋、球筋の筋力低下に加えて、四肢近位筋に症状が見られる。球症状は嗄声や萎縮、嚥下困難として現れやすい。中高年になってから発症し、緩徐進行性で、高齢になって歩行困難になる患者が多い。[pathologycenter.jp]

  • 家族性アミロイド神経障害

    球脊髄性筋萎縮症(Kennedy-Alter-Sung病:KAS病)は四肢の筋萎縮と筋力低下徴とする進行性の遺伝性運動ニューロン疾患です。KAS病において臨床的に筋易疲労性が知られており、われわれはKAS病と診断された患者を対象に反復刺激試験を施行し、筋易疲労性を電気生理学的に評価しています。[kawasaki-m.ac.jp]

  • 先端骨溶解症 優性タイプ

    6.眼咽頭型筋ジストロフィー この病気では、眼瞼下垂をとする外眼筋と咽頭筋、球筋の筋力低下に加えて、四肢近位筋に症状が見られる。球症状は嗄声や萎縮、嚥下困難として現れやすい。中高年になってから発症し、緩徐進行性で、高齢になって歩行困難になる患者が多い。[pathologycenter.jp]

  • 常染色体劣性肢帯型筋ジストロフィー 2N型

    6.眼咽頭型筋ジストロフィー この病気では、眼瞼下垂をとする外眼筋と咽頭筋、球筋の筋力低下に加えて、四肢近位筋に症状が見られる。球症状は嗄声や萎縮、嚥下困難として現れやすい。中高年になってから発症し、緩徐進行性で、高齢になって歩行困難になる患者が多い。[pathologycenter.jp]

  • 末梢性筋障害

    球脊髄性筋萎縮症(Kennedy-Alter-Sung病:KAS病)は四肢の筋萎縮と筋力低下徴とする進行性の遺伝性運動ニューロン疾患です。KAS病において臨床的に筋易疲労性が知られており、われわれはKAS病と診断された患者を対象に反復刺激試験を施行し、筋易疲労性を電気生理学的に評価しています。[kawasaki-m.ac.jp]

  • 早期呼吸不全がある遺伝性近位筋ミオパチー

    6.眼咽頭型筋ジストロフィー この病気では、眼瞼下垂をとする外眼筋と咽頭筋、球筋の筋力低下に加えて、四肢近位筋に症状が見られる。球症状は嗄声や萎縮、嚥下困難として現れやすい。中高年になってから発症し、緩徐進行性で、高齢になって歩行困難になる患者が多い。[pathologycenter.jp]

  • 常染色体劣性肢帯型筋ジストロフィー 2E型

    6.眼咽頭型筋ジストロフィー この病気では、眼瞼下垂をとする外眼筋と咽頭筋、球筋の筋力低下に加えて、四肢近位筋に症状が見られる。球症状は嗄声や萎縮、嚥下困難として現れやすい。中高年になってから発症し、緩徐進行性で、高齢になって歩行困難になる患者が多い。[pathologycenter.jp]

  • 常染色体劣性肢帯型筋ジストロフィー 2A型

    6.眼咽頭型筋ジストロフィー この病気では、眼瞼下垂をとする外眼筋と咽頭筋、球筋の筋力低下に加えて、四肢近位筋に症状が見られる。球症状は嗄声や萎縮、嚥下困難として現れやすい。中高年になってから発症し、緩徐進行性で、高齢になって歩行困難になる患者が多い。[pathologycenter.jp]

さらなる症状