Create issue ticket

考えれる6県の原因 筋力低下による間欠呼吸不全

  • 高カリウム血症

    激しい運動をした後に持続的に軽い運動を続けることにより、運動を続けた筋でのみ麻痺の出現を遅らせたり防いだりすることができるが、安静にしていた筋では筋力低下が生じる。 発作中に不整脈や呼吸不全は通常起きない。 発作間欠期にHyperPP1の約50%の患者は軽いミオトニー(筋のこわばり)を通常有するが、随意運動を妨げるほどではない。[grj.umin.jp]

  • スローチャネル型先天性筋無力症

    医学評論社/2007.10 当館請求記号:SC367-H389 分類:医療 目次 目次 I 総論 A 意識障害 意識を維持するシステムとその障害 3 1 意識障害の程度の判定 3 「1」 Mayo Clinic分類 3 「2」 3-3-9度方式(Japan coma scale; JCS) 4 「3」 Glasgow coma scale; GCS 4 「4」 特殊な意識障害 5 2 意識障害を来す疾患 6 3 植物状態と脳死 7 B 運動系症状 1 運動制御システムの解剖と生理 9 「1」 反射,自動運動,随意運動 9 1) 反射 9 2) 自動運動 9 3) 随意運動 9 「2」[…][rnavi.ndl.go.jp]

  • 幼少の偽性低アルドステロン症

    激しい運動をした後に持続的に軽い運動を続けることにより、運動を続けた筋でのみ麻痺の出現を遅らせたり防いだりすることができるが、安静にしていた筋では筋力低下が生じる。 発作中に不整脈や呼吸不全は通常起きない。 発作間欠期にHyperPP1の約50%の患者は軽いミオトニー(筋のこわばり)を通常有するが、随意運動を妨げるほどではない。[grj.umin.jp]

  • 低アルドステロン症

    激しい運動をした後に持続的に軽い運動を続けることにより、運動を続けた筋でのみ麻痺の出現を遅らせたり防いだりすることができるが、安静にしていた筋では筋力低下が生じる。 発作中に不整脈や呼吸不全は通常起きない。 発作間欠期にHyperPP1の約50%の患者は軽いミオトニー(筋のこわばり)を通常有するが、随意運動を妨げるほどではない。[grj.umin.jp]

  • 家族性周期性四肢麻痺

    激しい運動をした後に持続的に軽い運動を続けることにより、運動を続けた筋でのみ麻痺の出現を遅らせたり防いだりすることができるが、安静にしていた筋では筋力低下が生じる。 発作中に不整脈や呼吸不全は通常起きない。 発作間欠期にHyperPP1の約50%の患者は軽いミオトニー(筋のこわばり)を通常有するが、随意運動を妨げるほどではない。[grj.umin.jp]

  • 家族性高アルドステロン症 2型

    激しい運動をした後に持続的に軽い運動を続けることにより、運動を続けた筋でのみ麻痺の出現を遅らせたり防いだりすることができるが、安静にしていた筋では筋力低下が生じる。 発作中に不整脈や呼吸不全は通常起きない。 発作間欠期にHyperPP1の約50%の患者は軽いミオトニー(筋のこわばり)を通常有するが、随意運動を妨げるほどではない。[grj.umin.jp]

さらなる症状