Create issue ticket

考えれる10県の原因 筋力低下による発音障害

  • 神経循環無力症

    眼瞼下垂(まぶたが下がり、思い通りに目を開けないこと) 眼球運動障害 顔面筋力低下 構音障害発音がうまくできない状態) 嚥下・咀嚼障害(飲みこむことや噛むことがうまくできない状態) 頸部・四肢筋力低下 呼吸障害 加えて、これらの症状が筋の連続使用で増強すること(易疲労性)や日内変動(一日のなかで時間とともに変動すること)があるかどうか b[medicalnote.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    ALSは、運動神経細胞(ニューロン)が選択的に侵される神経難病で、多くは意識がはっきりしたまま、筋力低下のため歩行困難や構音障害発音が正しくできない症状)となり、呼吸不全に至りますが、根本的な治療法はありません。ALSのおよそ90%は、発症原因が不明な孤発性ALSですが、約10%は遺伝子変異が関連する家族性ALSです。[osaka-cu.ac.jp] 筋力低下を来たす進行性の疾患で、意識や知覚は保たれたまま手足や体、発音や飲み込み、呼吸といった全身の力が徐々に弱くなってゆく神経疾患。[hosp.tohoku.ac.jp] ⑦ 前観察期のALSFRS-Rスコアの変化量が -1 -3点の範囲にある方 ⑧ カテーテル・ポート埋め込みの前日までに入院し、その後、治験薬の初回投与の翌日まで継続して入院が可能な方 【用語説明】 ※1 筋萎縮性側索硬化症 (Amyotrophic Lateral Sclerosis: ALS) 脳や脊髄にある運動神経細胞の障害によって筋萎縮[hosp.tohoku.ac.jp]

  • 呼吸筋麻痺

    筋力低下を来たす進行性の疾患で、意識や知覚は保たれたまま手足や体、発音や飲み込み、呼吸といった全身の力が徐々に弱くなってゆく神経疾患。[hosp.tohoku.ac.jp] ⑦ 前観察期のALSFRS-Rスコアの変化量が -1 -3点の範囲にある方 ⑧ カテーテル・ポート埋め込みの前日までに入院し、その後、治験薬の初回投与の翌日まで継続して入院が可能な方 【用語説明】 ※1 筋萎縮性側索硬化症 (Amyotrophic Lateral Sclerosis: ALS) 脳や脊髄にある運動神経細胞の障害によって筋萎縮[hosp.tohoku.ac.jp]

  • 筋線維束性収縮

    特に、ALSは50 70歳代での発症が多いため、普段から腰痛や肩こりなどを我慢している方が多く、初期症状であらわれた腕の筋力低下を五十肩、発音がうまくできないなどの構音(こうおん)障害を入れ歯のせいにするなど、他の持病によるものだと考えてしまうことがあります。[als-station.jp] 初期に自覚できる症状としては、手足の筋力低下や筋肉自体がやせて小さくなる筋萎縮、筋肉がピクピクする筋の線維束(せんいそく)性収縮、食べ物を飲み込みにくくなる嚥下(えんげ)障害発音がうまくできなくなる構音障害などがあります。感情のコントロールができなくなることなどが特徴的な、前頭側頭型認知症の症状が先にあらわれる患者さんもいます。[als-station.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症 7型

    ALSは、運動神経細胞(ニューロン)が選択的に侵される神経難病で、多くは意識がはっきりしたまま、筋力低下のため歩行困難や構音障害発音が正しくできない症状)となり、呼吸不全に至りますが、根本的な治療法はありません。ALSのおよそ90%は、発症原因が不明な孤発性ALSですが、約10%は遺伝子変異が関連する家族性ALSです。[osaka-cu.ac.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症 3型

    ALSは、運動神経細胞(ニューロン)が選択的に侵される神経難病で、多くは意識がはっきりしたまま、筋力低下のため歩行困難や構音障害発音が正しくできない症状)となり、呼吸不全に至りますが、根本的な治療法はありません。ALSのおよそ90%は、発症原因が不明な孤発性ALSですが、約10%は遺伝子変異が関連する家族性ALSです。[amed.go.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症 4型

    ALSは、運動神経細胞(ニューロン)が選択的に侵される神経難病で、多くは意識がはっきりしたまま、筋力低下のため歩行困難や構音障害発音が正しくできない症状)となり、呼吸不全に至りますが、根本的な治療法はありません。ALSのおよそ90%は、発症原因が不明な孤発性ALSですが、約10%は遺伝子変異が関連する家族性ALSです。[osaka-cu.ac.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症 2型

    ALSは、運動神経細胞(ニューロン)が選択的に侵される神経難病で、多くは意識がはっきりしたまま、筋力低下のため歩行困難や構音障害発音が正しくできない症状)となり、呼吸不全に至りますが、根本的な治療法はありません。ALSのおよそ90%は、発症原因が不明な孤発性ALSですが、約10%は遺伝子変異が関連する家族性ALSです。[osaka-cu.ac.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症 5型

    ALSは、運動神経細胞(ニューロン)が選択的に侵される神経難病で、多くは意識がはっきりしたまま、筋力低下のため歩行困難や構音障害発音が正しくできない症状)となり、呼吸不全に至りますが、根本的な治療法はありません。ALSのおよそ90%は、発症原因が不明な孤発性ALSですが、約10%は遺伝子変異が関連する家族性ALSです。[amed.go.jp]

  • 筋力低下による発音障害

    運動障害性構音障害 口腔器官の麻痺や筋力低下,失調等のために,声質や発音に異常をきたし,話し言葉が不明瞭になる言語障害の一種です。 訓練方法 口腔器官の機能回復とコミュニケーション手段の確保を図ります。 摂食・嚥下障害 摂食・嚥下障害とは食べることの障害です。[tokai.ac.jp] 特に、ALSは50 70歳代での発症が多いため、普段から腰痛や肩こりなどを我慢している方が多く、初期症状であらわれた腕の筋力低下を五十肩、発音がうまくできないなどの構音(こうおん)障害を入れ歯のせいにするなど、他の持病によるものだと考えてしまうことがあります。[als-station.jp] 初期に自覚できる症状としては、手足の筋力低下や筋肉自体がやせて小さくなる筋萎縮、筋肉がピクピクする筋の線維束(せんいそく)性収縮、食べ物を飲み込みにくくなる嚥下(えんげ)障害発音がうまくできなくなる構音障害などがあります。感情のコントロールができなくなることなどが特徴的な、前頭側頭型認知症の症状が先にあらわれる患者さんもいます。[als-station.jp]

さらなる症状