Create issue ticket

考えれる1,848県の原因 筋力低下

  • ビタミンD欠乏症

    骨軟化症では骨にひびが入るような偽骨折を発症して激しい骨痛や筋力低下が生じます。また上記の二次性骨粗鬆症と相まって骨折が生じることもあります。虫歯も多くなり、また骨軟化症が長期にわたると改善を見込めない関節症や靭帯の石灰化(後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症など)を発症します。[medicalnote.jp] 軽症: 生化学異常を認めるものの、骨変形や成長障害、筋力低下などを認めず、日常生活に支障がない。 中等症: 骨変形や成長障害(-2.5SDから-2SDの間)、筋力低下(歩行困難)、骨痛(鎮痛剤の使用)などにより、日常生活に支障がある。[nanbyou.or.jp] 筋力低下 骨痛が長く続いて体を動かせなくなることに伴い、筋力低下がみられます。筋力低下が重度になると、松葉杖や車椅子が必要になったり、寝たきりの状態になったりする可能性があります。 ただし、筋力低下は低リン血症そのものが引き起こす症状であるという主張も存在し、原因については議論されています。[medicalnote.jp]

  • 高カリウム血症

    臨床症状は一般に神経筋症状であり,筋力低下および,重度であれば心室細動または心静止をもたらしうる心毒性が生じる。診断は血清カリウムの測定による。治療は,カリウム摂取の抑制,薬剤の調整,陽イオン交換樹脂の投与などが考えられ,緊急時にはグルコン酸カルシウム投与,インスリン投与,および透析を行う。[msdmanuals.com] 主な症状は 四肢の痺れ 不整脈、頻脈 筋力低下 吐き気などがあげられる。そのまま放置しておくと致死性不整脈から心停止に至る可能性がある。ECF(細胞外液)のK濃度が5.0 - 6.0mEq/lになると心電図異常(テント状T波、P波の消失、QRS幅延長)が見られ、7mEq/l以上になると致死的不整脈を起こす可能性が非常に高くなる。[ja.wikipedia.org] 症状としては、悪心 (おしん) ・嘔吐 (おうと) 、筋力低下、しびれや麻痺、心機能異常や不整脈などを伴う。血中カリウム濃度がさらに上昇し重症化すると致死性不整脈から心停止に陥る危険性がある。治療は、原因となる疾患があればこれを除去し、血中カリウムを低下させて細胞内へ移行させることを目的にグルコースやインスリンの点滴静注などを行う。[kotobank.jp]

  • 慢性疲労症候群

    頭痛 筋力低下 関節痛 筋肉痛 のどの痛み 軽い作業後、24時間以上続く全身のだるさ リンパ節のはれ もの忘れや憂鬱な気分、思考力や集中力の低下 不眠や過眠 症状が数日の間に出た 微熱(37.2 38.3 )や悪寒 *安易な自己診断は禁物ですが、もし8つ以上の症状があるようなら、できるだけ早く専門医のアドバイスを受けましょう。[anzenkun.nishio-rent.co.jp] 身体症状としてよく見られるものは、微熱・頭痛・咽頭炎・リンパ節の腫脹・筋肉痛や筋力低下・頭痛・関節痛などです。精神症状としては、睡眠障害・思考力や注意力の低下・抑うつなどです。[azumanaika.com] さらに「1.微熱・悪寒、2.咽頭痛、3.首や脇のリンパ節の腫れ、4.原因不明の筋力低下、5.筋肉痛・不快感、6.軽い労作後に24時間以上続く全身倦怠感、7.頭痛、8.腫れや赤みがない移動性の関節痛、9.精神神経症状、10,睡眠障害、11.発症時、主たる症状が数時間から数日の間に出現」。[gateclinic.jp]

  • ニューロパチー

    筋力低下の分布筋力低下の原因は四肢の遠位だけなのか、近位と遠位の両方なのか、筋力低下は局所性で非対称性なのかあるいは左右対称なのかが重要になる。たとえば左右対称で近位、遠位の筋力低下があり感覚障害を伴う場合は炎症性の多発ニューロパチーを疑う。これらの代表疾患はギラン・バレー症候群や慢性炎症性脱髄性多発神経炎が該当する。[ja.wikipedia.org] 患部にしびれと筋力低下が生じる。エピソード発生後,約半数の患者は完全回復し,残る患者でも症状は軽度である。[msdmanuals.com] 2コース目の治療終了から5日後に下肢筋力低下が出現し、その5日後には起立困難となり前医に入院となった。発症9日目にnivolumabによる免疫関連副作用が疑われ、prednisolone 60mg/日が投与されたが、筋力低下が進行し当院に転院した。[imic.or.jp]

  • リウマチ性多発筋痛症

    典型的には近位筋に重度の痛みおよびこわばりが生じ(筋力低下や萎縮は伴わない),非特異的な全身症状を呈する。赤沈亢進およびCRPの上昇が典型的にみられる。診断は臨床的に行う。低用量コルチコステロイドによる治療が効果的である。低用量から中用量のプレドニゾンまたはメチルプレドニゾロンに対する劇的で急速な反応が診断を裏付ける。[msdmanuals.com]

  • 低ナトリウム血症

    低ナトリウム血症(ていナトリウムけっしょう、英: Hyponatremia)とは、何らかの原因により水の調節機能が正常に働かず血中のナトリウムの濃度が低下してしまう電解質代謝異常症のひとつで、臨床的には血中ナトリウム濃度が 136(mEq/L)未満になることを言う。つまり、体内総水分量(TBW)が過剰な状態である。 臨床的には抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)とそれ以外の非SIADHに分けられる。腎臓は50mmHg/kgH2O[…][ja.wikipedia.org]

  • 筋ジストロフィー

    更新日 2018 年 10 月 22 日 筋ジストロフィー 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 病院臨床研究推進部長、トランスレーショナル・メディカルセンター臨床研究支援部長、小児神経診療部医長 小牧 宏文 先生 筋ジストロフィー の症状は、筋細胞の壊死と再生が慢性的に繰り返されることを原因とし、結果、筋肉量が減少することで筋力低下[medicalnote.jp] 初期には腰帯筋、次第に大殿筋、肩甲帯筋へと筋力低下の範囲を広げていく。なお、筋力低下は対称的に起きるという特徴を持つ。また、各筋の筋力低下によって処女歩行遅滞、易転倒、登攀性起立(とうはんせいきりつ、ガワーズ(Gowers)兆候)、腰椎の前弯強、動揺性歩行(アヒル歩行)などをきたす。[ja.wikipedia.org] 筋力低下の症状は、デュシェンヌ型よりも高い年齢で出現するとされますが、ほとんど筋力低下の認めない例もあります。呼吸障害、心筋症も同様に合併症として認めることがありますが、デュシェンヌ型に比べて筋力低下が軽いため、心臓に対する負荷が増し、心筋障害が問題となることも多いです。[ncnp.go.jp]

  • 慢性腎不全

    CKD(慢性腎不全)の予防 CKD(慢性腎臓病)の初期には、ほとんど自覚症状がありません。疲労感や貧血、むくみなどの症状が現れたときには、すでに病気がかなり進行している可能性があります。定期的に尿検査や血液検査を受けることをお勧めします。 健康診断などで測定した血清クレアチニン値を参考に、自分のGFR(糸球体濾過量)はどのくらいか、計算することが可能です。また、運動不足・肥満・喫煙・ストレス・飲酒などの生活習慣は、CKDの発症に大きく関係しています。 なお、メタボリックシンドロームでも、CKDの発症率が高くなっていることが分かっています。 以下の人たちは注意が必要です。[…][nagai-clinic.com]

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー

    これらの筋ジストロフィーは、筋肉の機能に関与している遺伝子の異常によって発生し、小児期や青年期に筋力低下を引き起こします。男児に発生する場合がほとんどです。 どちらの筋ジストロフィーも、筋力低下を特徴とします。 診断は、血液および筋肉組織サンプルの検査結果に基づいて下されます。[msdmanuals.com] 通常、DMDは1 4歳の小児期早期に発症し、一般に、歩き始めるのが遅い、立ち上がるのが困難、走ったり階段を上ったりするのが困難、などの筋力低下の症状が見られます 4 。筋変性が進行すると、平均で10代前半に歩行能力が失われます。呼吸筋の筋力低下により、最終的には人工換気補助が必要になり、また、心筋低下のため、心筋症につながります。[pfizer.co.jp] (外部のサイトを開きます) (3)呼吸機能低下、関節拘縮の予防には早期からのリハビリが大切 デュシェンヌ型では筋力低下、関節拘縮が進行するので、それを少しでも防ぐためのリハビリテーションが行われ、効果をあげています。[jmda.or.jp]

  • 甲状腺機能亢進症

    [中村浩淑] 甲状腺機能亢進症(代謝・内分泌疾患に伴う神経障害) (3)甲状腺機能亢進症 概念・臨床症状 本症の多くはBasedow病であり,甲状腺ホルモンの過剰に伴って易興奮性,神経質,集中力低下などの精神症状,手指振戦,頻脈,多汗などがみられる.甲状腺機能亢進症患者の61 82%に近位筋優位の筋力低下,筋萎縮,やせを生じ,甲状腺中毒性ミオパチー[kotobank.jp] しかし、新陳代謝の異常な亢進は、発熱・発汗(暑がり・皮膚のかゆみ)・顔や体のやつれ/体重減少・筋肉の衰え/筋力低下、貧血などをおこします。 また、安静でも不必要にエネルギーをどんどん消費するため、疲れやすくなります。 ※新陳代謝の異常な亢進は、食慾中枢を刺激し、体内の糖・脂肪が燃焼される以上に食べれば、逆に体重増加します。[nagasaki-clinic.com] 、かゆみ その他 筋力低下、脱力感、手足のふるえ(振戦) 診 断 甲状腺腫大、頻脈、眼球突出、体重減少、手指振戦、発汗増加等の症状からバセドウ病が疑われる場合、血中の甲状腺ホルモン濃度を測定することにより容易に診断できます。[jspe.umin.jp]

さらなる症状

類似した症状