Create issue ticket

考えれる126県の原因 第2全身化の部分分泌, 筋単収縮

  • てんかん

    てんかんは、突然意識を失って反応がなくなるなどの「てんかん発作」をくりかえし起こす病気ですが、その原因や症状は人により様々で、乳幼児から高齢者までどの年齢層でも発病する可能性があり、患者数も1000人に5人 8人(日本全体で60万[…][mhlw.go.jp]

  • 過換気

    こんにちは!蒸し暑い日が続いていますね ご無沙汰してます。 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、、 実は6/18の深夜に倒れました 今回、救急車に乗ったのも初めてですし、 本格的に意識を無くしたのは初めてだったので 記録に残そうと思い書きます。 時間は深夜1時頃でした。 急に息苦しくなり、目眩で歩けなくなり、 天井がくるくる回る。 目をつぶっても回る。横になっても回る。 家族を起こして『天井がくるくる回って気持ち悪くて苦しい』と言い、血圧と心拍数を測って貰ったら とにかく血圧が低く、心拍数が低い。 確か血圧は上が97下が58。 心拍数110。 と後から家族に聞きました。[…][ameblo.jp]

    不足: 第2全身化の部分分泌
  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 第2全身化の部分分泌
  • 急性過換気

    呼吸パターン 病名 特徴 速くて浅い 肺梗塞( ※1 ) 肺水腫( ※2 ) ・ 急に激しい胸痛と呼吸困難 ・ 血痰がでることもある ※1 肺梗塞とは 心臓から肺へ血液を送る肺動脈に、血液のかたまりがつまり、肺へ血液が流れなくなった状態。 ※2 肺水腫とは 血液中の液体成分が血管の外に、しみ出てしまい、肺の組織に水分がたまった状態。 自然気胸( ※3) ・ 激しい胸痛 ・ せきが出たり、動悸を感じることもある ・ 20 30歳の背が高くやせた男性に多い ※3 自然気胸とは[…] 肺に袋状のものが発生し、それが破れて肺がしぼんでしまい、膨らむことできなくなった状態。 肺炎 速くて深い[…][japa.org]

    不足: 第2全身化の部分分泌
  • 急性アンフェタミン中毒

    医薬品を始めとする薬物についての正しい知識を持つことがその乱用防止の第一歩となります。そして何より必要なのは「ことわる勇気」なのです。どんな誘惑にあっても「ことわる勇気」のある人間であれば絶対に恐くない。薬物とはそういうものです。"YES TO LIFE, NO TO DRUGS"この言葉は「愛する自分を大切に。薬物乱用は『ダメ。ゼッタイ』」ということなのです。 麻薬・覚せい剤Q&A Q1 麻薬や覚せい剤は、魔の薬といわれていますがなぜですか。 Q2 覚せい剤はなぜ乱用されているのですか。 Q3 覚せい剤を使用すると行動面や身体面にどのような変化がありますか。 Q4[…][dapc.or.jp]

    不足: 第2全身化の部分分泌
  • 末梢神経障害

    神経系には、脳と脊髄の中枢神経と、そこから分かれて全身の器官・組織に分布する末梢神経があります。中枢神経系が、知的機能、運動・感覚機能や基本的な生命活動を担うのに対し、末梢神経はその中枢神経からの情報を末端器官に伝えるとともに、全身に分布する組織からの情報を中枢神経に伝えるという役目を担っています。[…][nukada.jimdo.com]

    不足: 第2全身化の部分分泌
  • 心因性過換気

    執筆者: James L. Lewis, III, MD, Attending Physician, Brookwood Baptist Health and Saint Vincent’s Ascension Health, Birmingham 呼吸性アルカローシスはP co 2 の一次性の低下で,代償性のHCO 3[…][msdmanuals.com]

    不足: 第2全身化の部分分泌
  • 不安障害

    パニック障害・不安障害とは 「パニック障害」も「不安障害」も、近年よく用いられるようになった病名ですが、正確にいうと、両者は並列関係にあるものではなく、下図のように、「パニック障害」は「不安障害」の下位分類のひとつです。 図1 不安障害と下位分類 ここに示した分類は、米国精神医学会のDSM-IV-TRによっています。もうひとつの臨床でよく使われる分類基準であるWHOのICD-10では、パニック障害と恐怖症の関係がやや異なることと、一般身体疾患や物質によるものは不安障害からのぞかれている点が異なっていますが、他はほぼ共通しています。[…][mhlw.go.jp]

    不足: 第2全身化の部分分泌
  • 慢性腎不全

    慢性腎不全 ( 慢性腎臓病 とも呼ばれます)は、血液をろ過して老廃物を取り除いてくれる腎臓の機能が数カ月から数年をかけて徐々に低下していく病気です。その結果血液の酸性度が高くなり、貧血が起き、神経が傷つき、骨の組織が劣化し、動脈硬化のリスクが高くなります。 その原因として 最も多いのは糖尿病 で、 次に多いのは高血圧 です。これらは腎臓の細い血管に直接損傷を与える病態です。慢性腎不全の原因としては、このほかにも尿路閉塞、腎臓の異常(多発性嚢胞腎や糸球体腎炎など)、抗体によって腎臓の微細な血管(糸球体)や細い管(尿細管)に損傷が生じる自己免疫疾患(全身性エリテマトーデスなど)が挙げられます。[…][shoyohkai.or.jp]

    不足: 第2全身化の部分分泌
  • 急性腎不全

    急性腎不全 ブックマーク: 1) 急性腎不全とは 2) 急性腎不全の様々な原因 3) 急性腎不全の起こり方 急性腎不全とは 急性腎不全とはその名の通り 急激に腎機能が低下する 状態です。通常、尿の出が悪くなったり( 乏尿 )、あるいは全く出なくなったり( 無尿 )します。一般には余りなじみの無い病気のように思われがちですが、高齢者や糖尿病、高血圧など動脈硬化の強い人が増加しつつあるわが国では、ちょっとしたことでも急に腎臓の働きが低下することも多いのです。死亡率の高い病気です。 このページの先頭へ 急性腎不全の様々な原因 狭心症などの心臓病の診断や治療時によく行われる 造影検査[…][plaza.umin.ac.jp]

    不足: 第2全身化の部分分泌

さらなる症状