Create issue ticket

考えれる486県の原因 突発性難聴

  • 耳垢栓塞

    老人難聴 加齢に伴って生じる難聴を老人難聴と呼びます。 突発難聴 突発難聴とは突然に感音難聴が発症し、原因が不明とされています。 発症から1か月以内に治療しないと聴力が悪いまま固定してしまいます。 メニエール病 めまいが反復し、耳閉感、耳鳴り、聴力(低音域が多いです)の低下を伴うものをメニエール病と呼びます。[masaki-ent.com] 治療 難聴の程度により治療法は変わってきますが、補聴器の使用、人工内耳の装用などの方法があります。 突発難聴 ある時、突然に耳が聞こえなくなる疾患です(通常は片側)。突発難聴の原因はまだわかっておらず、急激に発症する感音難聴のうち、原因不明のものを突発難聴と呼んでいます。[nishiya-ent.com] 聞こえにくさ、耳鳴り、耳閉感はいずれも難聴の症状であると覚えておいてください。 では、どんな病気があるか、ご紹介していきましょう。 最多かつ要注意「突発難聴」 大人がかかる耳の病気のなかで最も多く、注意を要するのが「突発難聴」です。ある日突然、片耳に難聴の症状が起こり、場合によっては、めまいを伴います。[sawai.co.jp]

  • アデノウイルス感染症

    抄録 アデノウイルスは, 咽頭結膜熱や流行性角結膜炎などの原因ウイルスで, こうした感染症以外にも, 肺炎, 肝炎, 胃腸炎, 脳炎など多彩な病態をとることが特徴である。呼吸器感染症の病因として, アデノウイルスは全体の10%程度を占める。現在51の血清型が明らかになっている。国立感染症研究所が行っているサーベイランスからは, 3型の分離頻度が高く, 夏季に流行する咽頭結膜熱を除けば, 明らかな季節的偏りは認められず, 日常しばしば遭遇するウイルス感染症である。自然軽快する疾患がほとんどであるが, 1990年代後半には乳幼児におけるアデノウイルス7型による致死的な重症肺炎が多発した。幸いにも,[…][doi.org]

  • インフルエンザ

    フロントランナーvol.28 世界最大の鳥・ダチョウがつくり出した インフルエンザ・花粉症を撃退する“夢の抗体” 京都府立大学生命環境学部 教授 塚本 康浩 1968年大阪府生まれ。獣医師、獣医学博士。大阪府立大学農学部・大学院修了後、98年に同大学助手に就任。99年よりダチョウの研究を本格化させ、2005年、助教授に、2008年、京都府立大学に移り現職。ダチョウの卵を使った抗体およびそれを活用した商品の開発で注目を集める。ダチョウ抗体入りマスクは累計7000万枚の大ヒット商品になった。著書に『ダチョウの卵で、人類を救います』『ダチョウ力』がある。[…][s-park.wao.ne.jp]

  • 老人性難聴

    突発難聴とは? 突発難聴は、文字通り、 ある日突然 ( 「突発」) 聴力が低下 ( 「難聴」)する原因不明の疾患です。発症の仕方は、難聴になった瞬間を言うことができるほど突発的であるのが特徴です。[katoj-hari9.com] 老人難聴 加齢に伴って生じる難聴を老人難聴と呼びます。 突発難聴 突発難聴とは突然に感音難聴が発症し、原因が不明とされています。 発症から1か月以内に治療しないと聴力が悪いまま固定してしまいます。 メニエール病 めまいが反復し、耳閉感、耳鳴り、聴力(低音域が多いです)の低下を伴うものをメニエール病と呼びます。[masaki-ent.com] 内耳から聴覚神経の障害で起きるのが「感音難聴」で、メニエール病、突発難聴、聴神経腫瘍などがあります。また老化や騒音による感覚細胞の変性が原因の老人性難聴や騒音性難聴も含まれます。 老人性難聴 聴覚の老化は30代から始まると言われていますが、50 60歳代で聞こえが悪くなったと感じる方が多いようです。[t-pec.co.jp]

  • 良性移動性舌炎

    突発難聴 突発難聴は片方の耳が突然聞こえなくなる病気です。耳鳴りやめまいを伴い、ふらつくぐらいのものから激しい回転めまいの場合もあり、症状がメニエール病と似ていますが、突発難聴はめまいを繰り返すことはありません。 突発難聴が疑われる場合はすぐに医療機関を受診して下さい。治療が遅くなるほど聴力の回復具合に差が出てきます。[sugimoto-clinic.or.jp] 高気圧酸素治療(突発難聴突発難聴とは、原因不明で急に内耳が障害され聴こえが悪くなるすべての難聴(急性感音難聴)のことを指し様々な原因の難聴が含まれています。しかし原因不明と言いながら多くの突発難聴では、炎症と循環障害(内耳の酸素不足)が原因であると考えられており、炎症を抑えるステロイドホルモンと循環改善剤の投与が行われます。[kure.hosp.go.jp] 専門分野 メニエール病や良性発作頭位めまい症などのめまい疾患、突発難聴、慢性中耳炎をはじめとする難聴、アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎などの鼻疾患、慢性扁桃炎、睡眠時無呼吸症候群に対する外科治療、声帯ポリープなどの声の障害、唾液腺や甲状腺腫瘍をはじめとする頸部腫瘍、また、喉頭がんや咽頭がん、舌がんなど悪性腫瘍の診断と治療を専門に行っています[hospital.japanpost.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    96 特発両側性感音難聴 129 リンパ管筋腫症 31 原発アルドステロン症 64 スティーヴンス・ジョンソン症候群 97 突発難聴 130 レフェトフ症候群 32 原発性硬化性胆管炎 65 スモン 98 難治性ネフローゼ症候群 33 原発性高脂血症 66 正常圧水頭症 99 膿疱性乾癬[m-takken.jp] 特発血小板減少紫斑病 特発血栓症 特発大腿骨頭壊死 特発門脈圧亢進症 特発両側性感音難聴 突発難聴 難治性ネフローゼ症候群 膿疱性乾癬 嚢胞性線維症 パーキンソン病 バージャー病 肺動脈性肺高血圧症 肺胞低換気症候群 バッド・キアリ症候群 ハンチントン病 汎発性特発性骨増殖症 肥大型心筋症 ビタミンD依存症二型 皮膚筋炎 びまん[city.shijonawate.lg.jp] 特発ステロイド骨壊死症 網膜色素変性症 加齢黄斑変性症 難治視神経症 突発難聴 特発性両側性感音難聴 メニエール病 遅発性内リンパ水腫 プロラクチン(PRL)分泌異常症 ゴナドトロピン(LH.FSH)分泌異常症 抗利尿ホルモン(ADH)分泌異常症 中枢性摂食異常症 原発性アルドステロン症 偽性低アルドステロン症 グルココルチコイド[nanfes.jp]

  • 耳管開放症

    目次 耳関連 世の中で、「突発難聴」と診断されているものの多くは「内リンパ水腫」で、「突発難聴」ではない 低音が落ちるものは突発難聴ではない。毎回ステロイドを処方してはならない。 繰り返す難聴に「突発難聴」と診断する耳鼻科医がいたら、迷わず転医した方が良い。[jm-c.com] 脱線しますが、耳管解放症ではなくて突発難聴の可能は ありませんか? 突発難聴だった場合、初期の治療開始であればあるほど 治りが早いそうです。 逆に進行してからの治療開始ですと、治る見込みがなくなって しまうとか。 ですので、はっきりした診断を受ける事をお勧めします。 脅すような事を書いて不安にさせてしまったらごめんなさい。[ozmall.co.jp] 急性低音障害型感音(かんおん)難聴、 メニエール病 、 突発難聴 などでよくみられる症状です。[jibika.or.jp]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性喉頭炎

    など)、突発難聴、その他の難聴、耳鳴症、めまい(メニエール病など)、顔面神経麻痺など 鼻 アレルギー性鼻炎(花粉症)、急性・慢性副鼻腔炎(ちくのう症)、鼻ポリープ、鼻出血、鼻骨骨折、鼻中隔わん曲症、嗅覚障害、鼻・副鼻腔腫瘍など のど 急性・慢性(習慣性)扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、扁桃肥大・アデノイド増殖症、口内炎、声帯ポリープ、急性・慢性咽頭喉頭炎[tsukuba-kinen.or.jp] 急性中耳炎・慢性中耳炎・滲出中耳炎・外耳炎・メニエル病・その他のめまい・突発難聴・耳鳴症などがあります。難聴に対しては補聴器の相談をしています。突発難聴と顔面神経麻痺ではステロイド治療が第1選択になり、糖尿病を持っておられる場合はステロイドによる高血糖の合併症コントロールのため、原則として入院治療を勧めています。[shimizu-hospital.or.jp] 主たる取扱疾患 耳領域 先天耳瘻孔、外耳炎、急性中耳炎、滲出中耳炎、 中耳真珠腫、 急性難聴突発難聴、急性音響外傷など)、 慢性の難聴(補聴器フィッティング)、 耳鳴症、末梢性顔面神経麻痺、 めまい(良性発作性頭位めまい症、メニエール病、前庭神経炎など)、ほか 鼻領域 急性鼻副鼻腔炎、慢性鼻副鼻腔炎(ちくのう)、アレルギー性鼻炎(花粉症等[nakatsugawa-hp.jp]

  • 中耳真珠腫

    突発難聴はメニエール病と異なり基本的に症状は一回だけで二度となりません。 メニエール病 病態は、内耳のリンパ液が増加したことによるとされています。しかし、なぜリンパ液が増加するのかははっきりしていません。急に聞こえが悪くなったり、めまいがしたり耳が塞がった感じがして、症状は突発難聴とそっくりです。[itoclinic.com] 突発難聴 耳疾患のない健康な人に、突然原因不明の高度感音難聴が発症する事があります。50歳代前半が多く、年間約25000名の発生数が推定されています。通常一側であり、両側のものは全症例の約7%です。突発的であっても、原因の明らかな場合は、突発難聴と称し、区別しています。[tsujimoto-jibika.com] 突発難聴 突然片方の耳が聞こえなくなったといった症状の場合は、突発難聴が疑われます。 突発難聴の場合は、早め(1週間以内)の治療開始が必要です。 当科では、約1週間の入院によるステロイド・血管拡張剤の点滴治療、高濃度酸素吸入による治療を行っています。 メニエール病 めまい、耳鳴り、難聴を繰り返している方はメニエール病が疑われます。[fureai-g.or.jp]

さらなる症状