Create issue ticket

考えれる150県の原因 突然発症の呼吸困難

  • 肺水腫

    心臓疾患があると認識されていない高齢の患者さんが、突然肺水腫を発症して呼吸困難で救急搬送されてくる頻度が高いことは、肺水腫の治療における課題のひとつです。 高齢者の風邪は肺炎を引き起こしやすい 非心原性肺水腫の場合、最も多い原因疾患は肺炎です。[medicalnote.jp]

  • 無気肺

    無気肺(むきはい、英: atelectasis)は、気管支異物、腫瘍による閉塞、肺や主気管支などの呼吸器外科手術に伴う合併症として発症する呼吸器疾患。 気管支の内部に外科的処置による出血により進入した血液や、気管・気管支内にある線毛が機能しないことにより貯留した痰、誤嚥した異物、気道を閉塞する腫瘍などが原因となり、それよりも末梢の肺に空気が入っていないため、肺の一部が虚脱した状態にある。 放置しておくと肺炎なども引き起こすため、早期の治療が必要となってくる。痰による場合、強い咳嗽によって排痰などを促していくようにするが、排出できない場合には吸引を行い強制的に排出する。[…][ja.wikipedia.org]

  • うっ血性心不全

    著者の結論: 現時点でのデータは、2つの方法による利尿薬の静脈内投与の利点について信頼に足る評価を下すには不十分である。小規模で比較的異質な研究からは今回のレビューにより、ループ利尿薬を持続注入した方が利尿に優れ、安全性プロフィールが良好であることが示された。これまでのデータからは臨床診療に関し明確な勧告を行うことはやはりできない。この問題の十分明確な解決のためには、さらに大規模な研究を実施すべきである。 アブストラクト全文を閲覧 背景:[…][cochrane.org]

  • 肺塞栓症

    症状と原因・病態 肺塞栓症は突然の胸痛、呼吸困難発症し、時に喀血を伴います。多くは肥満、長期臥床、外傷、悪性腫瘍、妊娠、経口避妊薬などの使用などをもとに発症しやすいとされています。また現在では長時間の飛行機などで同じ姿勢をとり続けることにおこるエコノミー症候群も肺塞栓症の別名として有名です。[cardiovasc.m.u-tokyo.ac.jp] さらに、突然の強い胸痛、背部痛、冷汗、安静時の呼吸困難などを発症したときには、比較的大きな血管に血栓がつまった(肺血栓塞栓症が生じた)可能性がありますので、近くの人に声をかけるとともに、躊躇しないで救急要請をしましょう。 Q3.どのように診断しますか? A3.現場や避難所では、脚の腫れ、痛み、胸痛、背部痛、息切れなどの症状を聴取します。[jrs.or.jp]

  • 心房細動

    第Ⅲ相国際共同試験(RE-LY 試験※)において、プラザキサ 150mg 2回/日は、ワルファリンと比べて有意な脳卒中/全身性塞栓症の発症抑制、110mg 2回/日は、ワルファリンと同程度の脳卒中/全身性塞栓症の発症抑制が認められました 第Ⅲ相国際共同試験(RE-LY 試験※)で、臨床上特に深刻となる頭蓋内出血については、プラザキサ 150mg 2回/日、110mg 2回/日の2用量とも、ワルファリンと比べて有意に発現を抑制しました 本邦で承認された用法・用量は、通常用量150mg(プラザキサ カプセル75mg 2カプセル) 2回/日、必要に応じ110mg(プラザキサ カプセル110mg[…][prtimes.jp]

  • 肺炎球菌性肺炎

    また、高齢になると発熱、咳といった肺炎特有の症状が出ない場合があり、気づかないうちに重篤化し、突然呼吸困難となる場合があります。 インフルエンザと違って、肺炎球菌感染症は、季節に関係なく発症します。肺炎は65歳以上の高齢者にとって健康を大きく損なう病気であるため、肺炎球菌予防接種はとても大切です。[yuki.or.jp]

  • 再発肺塞栓症

    重症の場合にはショック、心停止から突然死の原因にもなりうる怖い病気です。 司会:どのような症状が出るのでしょうか? 角田:急性の場合、突然呼吸困難発症することが多く、胸痛を伴ったり、時に失神したりすることもあります。慢性の場合には咳、血痰も生じます。[ib-ja.or.jp] さらに、突然の強い胸痛、背部痛、冷汗、安静時の呼吸困難などを発症したときには、比較的大きな血管に血栓がつまった(肺血栓塞栓症が生じた)可能性がありますので、近くの人に声をかけるとともに、躊躇しないで救急要請をしましょう。 Q3.どのように診断しますか? A3.現場や避難所では、脚の腫れ、痛み、胸痛、背部痛、息切れなどの症状を聴取します。[jrs.or.jp]

  • 急性広範型肺血栓塞栓症

    突然呼吸困難になることが多く、重症の場合、死に至ることもあります。発症早期の死亡率は約10 30%と言われています。年間1万5千人以上が発症し、患者は右肩上がりで増えています。 ――どんな人がなるのでしょうか。 血流が滞りやすい人や、血管が傷ついている人は発症しやすくなります。[asahi.com] 急性PTEは急性心筋梗塞症(AMI)、急性大動脈解離とともに循環器救急疾患の中でもっとも重症な疾患で、急激に発症し、呼吸困難、胸痛、ショック症状を呈する。突然死することも多い。[med.hirosaki-u.ac.jp]

  • 急性呼吸窮迫症候群

    急性呼吸窮迫症候群 (きゅうせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん、acute respiratory distress syndrome, ARDS) とは、臨床的に重症の状態の患者に突然起こる呼吸不全の一種である。特に発症前後の状態を急性肺傷害 (acute lung injury, ALI) と言う。本項では二つをまとめて述べる。 かつては成人呼吸促迫症候群 (adult respiratory distress syndrome) と呼ばれた。これは超未熟児における新生児呼吸窮迫症候群(RDS)と区別するためであるが、本症は未成年にも見られるため、現在はこの呼称は使われない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 誤嚥性肺炎

    誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)は、胃または口から肺に比較的大量の物質が入ることによりなる肺感染症の一種である。よくある徴候や症状は発熱と咳が感染から比較的早期にみられる。合併症には肺膿瘍があげられる。中には非感染性の誤嚥性肺炎の亜型である、酸性の胃の内容物が肺に入り発症する化学性肺炎も含まれる。 感染は数種類の細菌が原因である可能性がある。リスク要因には、意識レベルの低下、嚥下障害、アルコール依存症、経管栄養、口腔の健康不良などがあげられる。診断は通常、既往歴、症状、 胸部X線、培養検査に基づい行われる。他の種類の肺炎と区別するのが難しい場合もある。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状