Create issue ticket

考えれる22県の原因 空腹時血糖減少

  • 血管運動の不安定性

    また、運動療法によって「日常生活動作改善とともに空腹血糖やHDLコレステロールの改善傾向、高インスリン血症の割合も減少 3) 」することがいわれています。 脳卒中の運動療法の種類 脳卒中で実施される運動療法には以下のものがあります。 関節可動域訓練 筋肉や関節周囲軟部組織の拘縮の改善・予防のために行います。[tyojyu.or.jp]

  • 甲状腺機能亢進症

    *生化,血清蛋白 コレステロ-ル 減少 総蛋白 アルブミンの減少 GOT,GPT 軽度上昇 アルカリフォスファタ-ゼ 上昇 TTT,ZTT 上昇 電解質 Kの減少血糖空腹正常,食後30 60分で高値 2.治 療 (1)内科的治療 抗甲状腺薬 PTU(Propylthiouracil)(チウラジ-ル,プロパジ-ル,チアマゾ-ル)[hatori.or.jp] サイロキシン(F-T4 ) 遊離トリヨ-ドサイロニン(F-T3 ) 甲状腺刺激ホルモン(TSH) ( ) 甲状腺ヨ-ド摂取率,増加 TSH受容体抗体測定(TB11),陽性 サイロイドテスト,ミクロゾ-ムテスト,陽性 (4)一般検査所見 *胸部X線 心拡大,肺うつ血の有無 *心電図 頻脈,心房細動の有無 *尿 糖,蛋白陽性の時がある *血算 白血球減少[hatori.or.jp]

  • 亜鉛欠乏症

    Capdorらは、14報3,978例のメタ解析を行い、亜鉛補充療法は、血清インスリン濃度に有意な効果を認めなかったが、空腹血糖値は有意に減少し(-0.19 0.08 mmol/L、p 0.013)、HbA1cは減少傾向(-0.64 0.36%、p 0.072)であったと報告している。[ja.wikipedia.org]

  • 卵巣の脂質細胞腫瘍

    血小板数 血小板は出血を止める重要な働きを持っており、この値が極端に減少すると出血を起こしやすくなります。 糖代謝検査 検査名 内容 空腹血糖 血糖値とは血液中に含まれるブドウ糖の濃度です。検査前夜から10時間以上絶食した状態で測定した値が空腹時血糖値です。血糖値が高い状態が続くと、糖尿病と診断されます。[tenjinkai.or.jp]

  • 低血糖症を伴った糖尿病

    改善の目安としては、HbA1cで月0.5%程度の減少、最初の一ヶ月で空腹血糖で140 180mg/dlを目標とする。 治療法選択には、いくつかの検査が必要である。 早朝空腹時血糖とインスリン値、食後血糖とインスリン値(IRI)、もしインスリンを使用しているなら、C-peptide値をインスリンの代りに用いる。[square.umin.ac.jp] 空腹の症状が出現した時の血糖値を測定してみる必要があります。 多飲、多食、疲労感、体重減少が続いています。 糖尿病の初期症状というのは、多飲、多食、疲労感、急な体重減少などがあるみたいなのですが、私は半年以上前から多飲、疲労感が続き、ここ2ヶ月の間に、約5kgも体重が減っています。 糖尿病の可能性は充分考えられます。[fn-cl.jp]

  • 糖尿病性神経障害

    血糖値が300mg/dlを超えますと、口渇感(のどが渇く)、多飲(水を多くのむ)、多尿(尿に何度もいく)、全身倦怠感(だるい)、体重減少などの症状が出てきます。空腹血糖値が126mg/dl以上、食後血糖値が200mg/dl以上であれば、糖尿病が強く疑われます。 人間は、痛いなどの症状があって初めて病院を受診します。[ohta-hp.or.jp]

  • ビオチニダーゼ欠損症

    1ヶ月間のビオチン補給(9000µg/day)によって空腹血糖値は平均45%減少した (20) 。一方、10名の2型糖尿病患者と7名の健常者の研究では、28日間ビオチンを補給(15,000µg/day)しても空腹時血糖値には何ら変化が認められなかった (21) 。[lpi.oregonstate.edu]

  • 低血糖性脳症

    著明な食後過血糖が特徴的である。基礎分泌は保たれており、空腹血糖は軽度の上昇、HbA1cは汎血球減少症で上昇しない、しかし、尿糖と口渇多飲が認められると言う例がみられる。 可能な限り速効型インスリン頻回打を導入する。インスリンは腎代謝であり使いやすい。 高度肝機能低下例では糖新生の低下のため、低血糖発作が遷延する。[square.umin.ac.jp] 今回当院にて食事、運動療法のコンプライアンスが悪く、高用量インスリンを使用していた肥満型2型糖尿病患者に体重減少効果も期待し、インスリンをリラグリチドへ変更した。リラグリチド変更後は空腹CPR、食後CPR共に増加したが、空腹時血糖の抑制は十分ではなかった。[ogaki-tv.ne.jp]

  • 薬物または放射線被爆に関連した間質性肺疾患

    高血糖があらわれることがあるので、投与開始前及び投与開始後は定期的に空腹血糖値の測定を行うこと。また、本剤の投与を開始する前に血糖値を適切にコントロールしておくこと。 ヘモグロビン減少、リンパ球減少、好中球減少及び血小板減少があらわれることがあるので、本剤の投与開始前及び投与開始後は定期的に血液検査(血球数算定等)を行うこと。[kegg.jp]

  • 腎動脈血栓症

    初回採血の空腹時血糖126mg/dLか随時血糖200mg/dLで、初回同時もしくは後日採血のHbA1c(以下すべてNGSP)6.5%以上、後日採血の空腹血糖126mg/dLか随時血糖200mg/dL、糖尿病に典型的な症状(口渇、多飲、多尿、体重減少)か確実な糖尿病性網膜症、のいずれかを伴う場合に糖尿病と診断します。[akita-u.ac.jp]

さらなる症状