Create issue ticket

考えれる206県の原因 空腹時低血糖

  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 低血糖症

    血糖症は、空腹血糖と食後低血糖に大きく分けられ、その分類法は診断に大いに有用である。 症状 ウィップルの三徴(Whipple's triad)を呈する。[ja.wikipedia.org] その他の原因としては反応性血糖などがある。反応性血糖空腹ではなく食後に血糖がみられることが多い。胃切除後の反応性低血糖では食後30分から1時間の間に、2型糖尿病の初期の反応性低血糖では食後3時間から5時間後に低血糖症状がみとめられることが多い。[ja.wikipedia.org] 発作血糖(50 mg/dL以下) 中枢神経症状を伴う低血糖発作 ブドウ糖の静脈注射による急速な回復 症状は、空腹・欠伸・悪心で始まり、倦怠感が強くなり、やがて発汗などの交感神経症状が現れる。さらに低血糖が進行すると、異常行動が出現し、深昏睡に至る。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性アルコール依存症

    アルコール依存症の患者さんや疑いのある方には、一体どのような症状が現れるのでしょうか?その特徴的な症状を以下にまとめました。 アルコール依存症にかかると体だけでなく社会生活にも悪影響が アルコール依存症とは、お酒の飲み方(飲む量、飲むタイミング、飲む状況)を自分でコントロールできなくなった状態のことをいいます。飲むのはよくないことだとわかっていても、脳に異常が起きて飲むことをやめられなくなります。[…][alcoholic-navi.jp]

  • 慢性腎不全

    慢性腎不全 ( 慢性腎臓病 とも呼ばれます)は、血液をろ過して老廃物を取り除いてくれる腎臓の機能が数カ月から数年をかけて徐々に低下していく病気です。その結果血液の酸性度が高くなり、貧血が起き、神経が傷つき、骨の組織が劣化し、動脈硬化のリスクが高くなります。 その原因として 最も多いのは糖尿病 で、 次に多いのは高血圧 です。これらは腎臓の細い血管に直接損傷を与える病態です。慢性腎不全の原因としては、このほかにも尿路閉塞、腎臓の異常(多発性嚢胞腎や糸球体腎炎など)、抗体によって腎臓の微細な血管(糸球体)や細い管(尿細管)に損傷が生じる自己免疫疾患(全身性エリテマトーデスなど)が挙げられます。[…][shoyohkai.or.jp]

  • 敗血症

    敗血症(はいけつしょう、英: sepsis)とは、感染症に対する制御不能な生体反応に起因する生命を脅かすような臓器障害のことで、患者数は世界で年間約2700万人。そのうち、約800万人が死亡していると報告されている。 国際的な診断基準では、感染症が疑われSOFAスコアがベースラインから2点以上増加しているものを敗血症としている。細菌感染症の全身に波及したもので、非常に重篤な状態であり、無治療ではショック、播種性血管内凝固症候群(DIC)、多臓器不全などから死に至る。元々の体力低下を背景としていることが多く、治療成績も決して良好ではない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 腫瘍随伴症候群

    腫瘍随伴症候群(しゅようずいはんしょうこうぐん、英: paraneoplastic[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝細胞癌

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月 ) 肝細胞癌 (かんさいぼうがん、 英 : Hepatocellular carcinoma, HCC )は、 肝臓 に発生する 腫瘍 の1つで、 肝細胞 に由来する 悪性腫瘍 である。 疫学 [ 編集 ] 原発性 肝癌 の90%以上を占める。80%〜90%が 肝硬変 あるいはその前段階である 慢性肝炎 に合併して発生する。男女比は約3:1で男性が多い。発症平均は60代前半。 日本や東アジアでは欧米よりも肝細胞癌の発生率が高い。これは元々地域的に[…][ja.wikipedia.org]

  • 薬物性低血糖症

    血糖の重要な所見としてはWhippleの3徴が有名である。すなわち、 ①空腹血糖発作、 ②血糖の証明、 ③ブドウ糖投与による症状の改善 である。 これらは インスリノーマ の所見として有名であるが、インスリノーマに特有のものではなく、空腹血糖症に一般的に認められる所見である。[naoru.com] 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報 百科事典マイペディア の解説 血糖症【ていけっとうしょう】 血液中の ブドウ糖 濃度は,健康な状態の空腹で60〜110mg/dlだが,60ml以下になる状態を血糖症といい,さまざまな神経症状や精神症状が現れる。[kotobank.jp] インスリノーマの症状 インスリノーマ では、恒常的なインスリン過剰分泌により 血糖 起こします。 インスリノーマ の血糖空腹に起こる場合が多いですが、食後に起こる場合もあります。血糖に肥満を伴う事があります。[nagasaki-clinic.com]

  • 膵島細胞腫瘍

    状が改善する 絶食試験:空腹血糖症 状がある ガストリノーマ 胃酸分泌評価法:胃酸の分泌量を測定する グルカゴノーマ 空腹グルカゴン検査:8時間以上の絶食後に血液中のグルカゴン濃度を測定する 膵島細胞腫瘍の治療法 主な治療法 手術で切除する 腫瘍 に血液(栄養)を送る血管を塞ぐ治療( カテーテル治療 )を行うこともある[medley.life] インスリノーマ(糖代謝異常) 概念 膵β細胞が腫瘍化し過剰に増殖する結果,血糖値に見合わない多量のインスリンが分泌され,空腹血糖を生じる疾患である.多くの場合(約80%),良性の腫瘍で単発であり,空腹血糖が特徴的であるが,食後の低血糖が目立つ場合もある.約10%が悪性化したβ細胞の増殖が原因である.多発内分泌腫瘍1型(MEN 1型[kotobank.jp] 【原因は何か】 正常のβ細胞は血糖が低下するとインスリンの分泌をやめますが、インスリノーマの細胞はこの調節ができずにインスリンを分泌し続けるため、血糖症状を引き起こします。 【症状の現れ方】 毎食前や夜間などの空腹に、冷汗、動悸、頻脈、手の震えが出現します。これらは、自律神経が血糖に反応して興奮するためと考えられています。[yomidr.yomiuri.co.jp]

  • ウイルス性肝炎

    ウイルス性肝炎(ウイルスせいかんえん、英Viral hepatitis)とは肝炎ウイルスが原因の肝臓の炎症性疾患のことを指す。 その他、サイトメガロウイルス・EBウイルス・単純ヘルペスウイルス・風疹ウイルス・麻疹ウイルス・パルボウイルスなどのウイルスによって肝炎を起こすことがある。 ほとんどの場合、A型肝炎・B型肝炎・C型肝炎が多く、E型肝炎は発展途上国を中心に流行しているが、その他の肝炎は少ない。 それぞれ各項目の記述を参照 経口感染:A型肝炎ウイルス・E型肝炎ウイルス 非経口感染:B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルス・D型肝炎ウイルス等[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状