Create issue ticket

考えれる374県の原因 空洞障害

  • 気管支原性癌
  • 細菌性肺炎

    細菌性肺炎 (さいきんせいはいえん)は細菌を原因とした肺の急性 炎症 ( 肺炎 )であり、そのほとんどは 肺胞性肺炎 である。 肺炎の死亡率はとくに高齢者で高く、75歳を過ぎると急激に増加する。加齢に伴う 唾液 分泌量の低下は口腔内の病原性細菌の増殖をまねき、病原細菌を含んだ口腔‐咽頭分泌物のくり返される誤嚥は肺の細菌処理能力をこえ、肺炎を引き起こす。よって、口腔ケアにより口腔内を清潔に保つことが重要である。また、人工呼吸器や経管栄養チューブをつけている高齢の入院患者などでは 胃液 の誤嚥による肺炎も問題となる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 多発血管炎性肉芽腫症

    HOME 診断・治療指針(医療従事者向け) 多発血管炎性肉芽腫症(指定難病44) たはつけっかんえんせいにくげしゅしょう (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)  概要 1.概要 多発血管炎性肉芽腫症は、以前はウェゲナー肉芽腫症と称されていた疾患で、病理組織学的に(1)全身の壊死性肉芽腫性血管炎、(2)上気道と肺を主とする壊死性肉芽腫性炎、(3)半月体形成腎炎を呈し、その発症機序に抗好中球細胞質抗体(antineutrophil cytoplasmic[…][nanbyou.or.jp]

  • 肺結核

    肺結核の話 呼吸器科科長 座安 清 肺結核と聞いても今の若い人にとってはなじみがない病気と考えられます。高齢者にとってはかつて肺病と言われて恐れられた病気です。宮城県の結核罹患率は結核の統計2007によると全国で2番目に低く、東北全体も東京や大阪に比べてはるかに低い結核罹患率であります。しかし米国と比較するとまだ3倍も高い状態です。また高齢者の結核の割合は年々増加しており、結核に対して免疫がない若年者に感染するという事態が今後増加すると考えられます。[…][minamitohoku.jp]

  • 肺膿瘍
  • アスペルギルス症

    アスペルギルス症 (英: aspergillosis) とはアスペルギルス属の真菌を原因とする種々の真菌症疾病の総称で胞子の吸入と体内での増殖が原因の日和見感染症。アスペルギルス属の胞子は環境中に広く存在することから、ほとんどのヒトが毎日吸入しており、免疫に障害のあるヒトや家畜ではアスペルギルス症に進行する事がある。一般的な原因菌はアスペルギルス・フミガタス(Aspergillus fumigatus)であるが、A.flavusやA. nigerでも発生することがある。発症には、原因菌により生産されるマイコトキシンの一種のグリオトキシンが関与していると考えられる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺挫傷

    肺挫傷(はいざしょう Lung Contusion)は、胸部の傷害により引き起こされる肺の外傷である。 肺挫傷は、鈍的外力が直接作用することによって引き起こされるが、外傷に関連する爆傷および衝撃波が原因で引き起こされる場合がある。世界大戦における爆薬の使用で、爆破から肺挫傷を生じたため、認知度を高めた。また、交通事故により同様の衝撃が引き起こされるが、シートベルトとエアバッグを使用することで、危険を減らすことができる。[ja.wikipedia.org]

  • ムコール症

    症状としては脳型(高熱、黒い鼻汁、顔面壊死、意識障害)、肺型(高熱、血痰、空洞形成)、皮膚型(紅班、潰瘍、 蜂窩織炎 )、消化管型(腹痛、血便、穿孔性潰瘍)、全体播種型に分類される [1] 。治療法は速やかな病変部切除、 アムホテリシンB 大量投与を行う [1] 。[ja.wikipedia.org]

  • クリプトコッカス症

    クリプトコッカス症(cryptococcosis)は、日本語ではクリプトコックス症と呼ばれることもあります。似た病名に クリプトスポリジウム症 がありますが、クリプトスポリジウム症は、クリプトスポリジウムという病原体による感染症で、クリプトコッカス症とは違う病気です。「クリプト」という略称が主としてクリプトスポリジウム症に対して使われることがありますが、クリプトコッカス症とまぎらわしいので、「クリプト」という略称は使わない方が良いです。[…][city.yokohama.lg.jp]

  • コクシジオイデス症

    抄録 播種性コクシジオイデス症の1例を経験した.症例は47才,男性で,昭和57年7月23日頃より38 C以上の発熱あり,近医にて加療するも不変のため, 7月30日本院受診し入院した.入院時胸部写真で,右上縦隔および右肺門リンパ節の腫大,右上葉のスリガラス様陰影を認めた.当初肺炎と診断し,各種抗生物質,抗結核薬を投与したにもかかわらず, 39 C以上の発熱が1カ月以上続いた. 8月中旬より右鎖骨上窩にリンパ節を触知し,母指頭大に腫大したため, 9月8日生検した.この結果コクシジオイデス症の疑いが濃厚となつた.なお,この生検部が一時外瘻化し膿汁が出現したため,これを培養した所, Coccidioides[…][jstage.jst.go.jp]

さらなる症状