Create issue ticket

考えれる649県の原因 神経膠症

  • クロイツフェルト・ヤコブ病

    クロイツフェルト・ヤコブ病(Creutzfeldt-Jakob disease, CJD)は、全身の不随意運動と急速に進行する認知症を主徴とする中枢神経の変性疾患。WHO国際疾病分類第10版(ICD-10)ではA810、病名交換用コードはHGP2。根治療法は現在のところ見つかっておらず、発症後の平均余命は約1.2年。なお、日本神経学会では「ヤコブ」ではなく、「ヤコプ」とし、「クロイツフェルト・ヤコプ病」を神経学用語としている。 米国に端を発し、ビー・ブラウン社(ドイツ)製造のヒト乾燥硬膜(ライオデュラ)を移植された多数の患者がこの病気に感染するという事故は日本を含め、世界的な問題となった。[…][ja.wikipedia.org]

  • 便秘

    薬剤性 オピオイド、抗コリン剤、カルシウム拮抗薬、抗がん剤ビンカアルカロイド、重金属中毒、全身性硬化などの原病・ミトコンドリア脳筋・パーキンソン病・慢性神経疾患・抗精神病薬の治療薬による副作用 虚血(消化管への血流減少) 腹部動脈瘤、 その他 妊娠、変形性関節症、心臓病、長期臥床 排便の停止や便量の減少を主症状として、腸の閉塞性疾患が[ja.wikipedia.org] ヘルニア、炎症(偽膜性大腸炎)、憩室炎後狭窄、消化管手術後狭窄、回虫、胆石、腸捻転、直腸脱、腸管内膜症、直腸重積 内分泌疾患、代謝異常 脳下垂体機能低下症、甲状腺機能低下症、褐色細胞腫 筋異常性疾患 家族性内臓骨格筋萎縮症、強皮症、アミロイドーシス、進行性全身性硬化症 代謝性疾患 糖尿病、ポルフィリン症、尿毒症、低カリウム血症、高カルシウム血[ja.wikipedia.org]

  • 高血圧症

    褐色細胞腫 副腎髄質や神経節の腫瘍からアドレナリンまたはノルアドレナリンが過剰に分泌されるため起こる 高安動脈炎 原病の一つ。 甲状腺機能異常 甲状腺機能亢進や甲状腺機能低下症 妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症より改名)。 高カルシウム血症この他、脳血管障害の急性期に著明な高血圧を来すことが知られている。[ja.wikipedia.org] 褐色細胞腫 副腎髄質 や 神経節 の腫瘍から アドレナリン または ノルアドレナリン が過剰に分泌されるため起こる 高安動脈炎 原病 の一つ。 甲状腺機能異常 甲状腺機能亢進 や 甲状腺機能低下症 妊娠高血圧症候群 (妊娠中毒症より改名)。 高カルシウム血症 この他、 脳血管障害 の急性期に著明な高血圧を来すことが知られている。[ja.wikipedia.org]

  • 本態性高血圧症

     脳梗塞 原病  症候群キーワード 感染学Learning 画像診断 腎臓  利尿薬の作用機序 症候論  胸痛 USMLE USMLE part2[e-resident.jp] 褐色細胞腫 副腎髄質 や 神経節 の腫瘍から アドレナリン または ノルアドレナリン が過剰に分泌されるため起こる 高安動脈炎 原病 の一つ。 甲状腺機能異常 甲状腺機能亢進 や 甲状腺機能低下症 妊娠高血圧症候群 (妊娠中毒症より改名)。 高カルシウム血症 この他、 脳血管障害 の急性期に著明な高血圧を来すことが知られている。[ja.wikipedia.org] (5) c (1)、(4)、(5) d (2)、(3)、(4) e (3)、(4)、(5) 目次 Q&A1 Q&A2 眼科問題 血液疾患 vW病 消化器関連の問題 血液疾患  異常ヘモグロビン症とマラリア 画像診断 白血病の診断療法について 循環器編  急性心筋梗塞 公衆衛生学の中の統計 内分泌編  2次性高血圧 代謝編  糖尿病合併症 神経[e-resident.jp]

  • 咽頭炎

    また 病巣感染症 といって扁桃や鼻咽腔に慢性炎症があると皮膚や腎臓、関節など離れた臓器に障害が起こることがありますが、Bスポット療法が掌蹠膿疱やアトピー性皮膚炎、喘息、めまい、自律神経失調原病などに効果的という報告もあります。 もともとBスポット療法は東京医科歯科大学耳鼻咽喉科の堀口申作名誉教授が提唱された治療法です。[tanaka-jibika.jp]

  • 性腺機能低下症

    原病 筋萎縮性側索硬化 再生不良性貧血 サルコイドーシス 慢性炎症性脱髄性多発根神経炎 ギラン・バレー症候群 プラダー・ウィリー症候群 クッシング症候群 バーター症候群 睡眠時無呼吸症候群 症候群・合併症 ムコ多糖症 表出性言語障害 反抗挑戦性障害 ストレス性疾患 感覚障害 疼痛・慢性疼痛 運動失調症 病的骨折 小児慢性特定疾病 難病[sick.blogmura.com] オルニチントランスカルバミラーゼ欠損症 ピエール・ロバン症候群 先天性の病気 8・13・18トリソミー ダウン症候群 ターナー症候群 染色体異常 トリーチャーコリンズ症候群 WAGR症候群 線維筋痛症 抗リン脂質抗体症候群 ゴーシェ病 強皮症・皮膚筋炎・多発性筋炎 ベーチェット病 シェーグレン症候群 SLEループス腎炎 全身性エリテマトーデス 小児原病[sick.blogmura.com]

  • 甲状腺腫

    内科 腎センター内科 リウマチ原病科 臨床腫瘍科 緩和医療科 臨床感染科 精神科 認知症科 高齢者総合診療部 外科系 循環器センター外科 腎センター外科 呼吸器センター外科 消化器外科(上部消化管) 消化器外科(胆・肝・膵) 消化器外科(下部消化管) 乳腺・内分泌外科 脳神経外科 脳神経血管内治療科 間脳下垂体外科 救急科 その他 小児科[toranomon.gr.jp] センター 一覧 内分泌センター 聴覚センター 脳卒中センター 健康管理センター・画像診断センター 心臓・血管カテーテルセンター 脊椎センター 内科系 一般内科 血液内科 内分泌代謝科(糖尿病・代謝部門) 内分泌代謝科(内分泌部門) 呼吸器センター内科 睡眠呼吸器科 消化器内科(胃腸) 消化器内科(肝・胆・膵) 肝臓内科 神経内科 循環器センター[toranomon.gr.jp]

  • ニューロパチー

    急性、亜急性、慢性に発症するタイプがあり、症状としては四肢遠位から始まるしびれ、筋力低下が最も多く、診断に有用な検査として、脳脊髄液検査、神経伝導検査、血清自己抗体測定、原病や悪性疾患の有無、Mタンパク血の有無に関する検査、神経生検などがあります。以下に代表的な免疫性ニューロパチーについて紹介します。[neurology-jp.org] 障害の分布は、左右非対称であることが多く、障害された神経の分布に一致して運動障害や感覚障害が生じる。末梢神経障害の1型であり、血管炎症候群・原病・感染・糖尿病・悪性腫瘍などによって生じる。 原因疾患によっては、重要臓器(脳、心、肺、腎など)に障害がある場合や全身状態が不良な場合があり、緊急の対応を要することがある。[clinicalsup.jp] 炎症性 / 自己免疫性 ギランバレー症候群 慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP) 多巣性運動ニューロパチー など 2. 原病性 顕微鏡的多発血管炎 好酸球性多発血管炎性肉芽腫 多発血管炎性肉芽腫症 非全身性血管炎性ニューロパチー 関節リウマチ 全身性エリテマトーデス シェーグレン症候群 など 3.[ttrfap.jp]

  • レーノー現象

    基礎疾患としては、全身硬化やsystemic lupus erythematosus(SLE)といった原病、閉塞性動脈疾患、神経疾患、中毒、外傷、内分泌障害、血液疾患などがある。また振動工具や塩化ビニールなどの薬剤を扱う職種の従事者にも、レイノー現象を認めることがある。[med.toaeiyo.co.jp] はがきでは朝方の手足の関節痛しか書かれていませんので、ほかにどのような症状があるかわかりませんが、手指のしびれ・関節痛、レイノー現象をきたす疾患は振動障害以外に、慢性関節リウマチ・強皮などの原(こうげん)病、閉塞(へいそく)性動脈疾患、神経炎、血液異常、重金属などの薬物中毒、外傷などたくさんあるため、エックス線検査、血液検査(リウマチ因子[kanazawa-seikei.com] 関節リウマチの疑いがある場合 2ヶ所以上の関節の痛みや腫れがある 手の関節(手指の第一関節を除く)に痛みや腫れがある 左右対称に痛みや腫れがある 朝のこわばりがある 痛みや腫れが1ヶ月以上持続する 関節の変形を伴う 関節痛を伴うほかの病気 変形性関節、外傷性関節炎、出血性関節炎、感染性関節炎、痛風、偽痛風、原病、反応性関節炎、神経性関節炎[keio-rheum.jp]

  • 脊柱側弯症

    また、親・子ども・兄弟姉妹のいずれかが神経線維腫II型のときには、本人に①片側性の聴神経腫瘍(前庭神経鞘腫)、又は②神経鞘腫・髄膜腫・神経腫・若年性白内障のうちいずれか2種類が存在すれば診断が確定する。 2.検査所見 造影MRI、聴力検査、眼科的検査が必要で、特に造影MRIと聴力検査は毎年1 2回定期的に行う必要がある。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状

類似した症状