Create issue ticket

考えれる1県の原因 神経線維腫が存在する、または存在しない場合がある

つまり: 神経線維腫が存在する、または存在しない場合があ

  • 神経線維腫症 2型

    2型が存在し、片側性の 聴神経腫瘍 がある場合 家族(親・子供・兄弟姉妹)に神経線維症2型が存在し、 神経 ・ 髄膜神経 ・若年性 白内障 のうちいずれか2種類が存在する場合 神経線維症2型の治療法 小さな 腫瘍 は 経過観察 も可能であるが、大きな腫瘍や成長速度の速い腫瘍には治療を行う 特に聴力損失を伴うものは積極的に[medley.life] 眼病変(若年性 白内障 )も合併する 神経線維腫症2型の症状 主症状は 難聴 ・めまい・ふらつき・耳鳴など 手足のしびれ・知覚の低下・脱力なども出現する 神経線維腫症2型の検査・診断 CT 検査あるいは MRI 検査で 聴神経腫瘍 の存在を確認する 以下のいずれかで診断が確定する 両側に 聴神経腫瘍 があること 家族(親・子供・兄弟姉妹)に神経線維[medley.life]

さらなる症状