Create issue ticket

考えれる60県の原因 神経症性障害

  • 慢性疲労症候群

    WHOの国際疾病分類(ICD-10) においては、ウイルス感染後疲労症候群と良性筋痛脳脊髄炎が、神経系疾患(G93.3)に分類されており、慢性疲労症候群は「その他の神経症障害(F48)」に掲載されていません。総務省告知35号には、G93.3にウイルス感染後疲労症候群のみが掲載されています。[mecfsj.wordpress.com] 診療報酬の支払いの事務処理に使われる 標準病名マスター において、平成6年より慢性疲労症候群が「 F480 その他の神経症障害 」に分類されている件について、疾病分類を担当する全て部署の方々と情報共有することができるよう、4つの部署が一堂に会して話し合いを持ちました。[mecfsj.wordpress.com]

  • 恐怖症

    症状が極端に強くて 社会生活 が損なわれる場合、強迫障害(きょうはくせいしょうがい)(強迫神経症(「 強迫障害(強迫神経症) 」))などの他の病気の症状の一部として生じている場合などもあるので、決めつけて考えずに精神科医に診断を任せましょう。[kotobank.jp]

  • 適応障害

    また、症状やその重症度において、ストレス因への反応で生じる、『 気分障害 』や『神経症障害・ストレス関連障害』とのオーバーラップ、あるいは正常範囲の心理反応との区別が曖昧で難しいこともある。[bsd.neuroinf.jp] しかしながら、慢性の場合には、ストレス因子が持続しているため、あるいは薬物療法が効かないために症状が6ヶ月以上持続しているので、長期化した経過をたどり、『気分障害』や『神経症障害・ストレス関連障害』などの精神疾患に移行する場合も考えられる。[bsd.neuroinf.jp] 繰り返しになるが、ADの診断に当たっては、発病の様式や症状の内容、そして重症度などを慎重に評価し、特定の『気分障害』や神経症障害・ストレス関連障害』の診断基準が満たされるならば、まずそれらの診断がなされる。ADは、あくまでも残遺カテゴリーという認識が、最も重要である。 疫学 どの年代でも起こり得る。[bsd.neuroinf.jp]

  • 一過性脳虚血発作

    一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ、Transient ischemic attacks:TIA) (以下TIAと略す) とは、脳血管疾患の一つであり、脳の循環障害により起こる一過神経症状を指す。[ja.wikipedia.org]

  • 強迫性障害

    神経症障害の治療ガイドライン」精神科治療学26(10)増刊号 (編集;「精神科治療学」編集委員会) 星和書店 、東京、pp56-67.2011.[bsd.neuroinf.jp] 一方、OCPDを構成するいくつかの人格要因の中でも、完全主義や細目へのこだわり、溜め込みなどは、ほかの不安障害神経症障害)と比較し、強迫性障害に顕著でした 19) 。[mhlw.go.jp] 潔癖症) R-指定 (ラッパー)(Creepy Nuts MC)作品『恋する寄生虫』(三秋縋):主人公とヒロインが強迫障害。主人公が潔癖症で、ヒロインが視線恐怖症。 『奇病連盟』(北杜夫):主人公が強迫神経症。 『恋愛小説家』(As Good as It Gets):ジャック・ニコルソン演じる主人公が強迫神経症[ja.wikipedia.org]

  • ファブリー病

    ファブリー病は、細胞内リソソーム(ライソゾーム)の加水分解酵素のひとつである「α-ガラクトシダーゼ(α-GAL)」という酵素の遺伝的欠損や活性の低下により起こる疾患です。 この酵素は、「GL-3またはGb3(グロボトリアオシルセラミド、別名セラミドトリヘキソシド:CTH)」という糖脂質を分解する働きを持ちますが、活性が不十分だと分解されなかったGL-3が徐々に全身の細胞や組織、臓器に蓄積していきます。蓄積したGL-3がある一定量を超えると、疼痛を含む神経症状、被角血管腫(ひかくけっかんしゅ)、角膜混濁(かくまくこんだく)の他、心機能障害、腎機能障害など、様々な症状が出現します。[…][kanja.ds-pharma.jp]

  • 不安障害

    DOI: 10.14931/bsd.2077 原稿受付日:2012年12月3日 原稿完成日:2012年12月27日 更新日:2014年6月24日 担当編集委員: 加藤 忠史 (独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター) 英:anxiety disorders 独:Angststörung 仏:trouble anxieux 同義語:神経症障害[bsd.neuroinf.jp]

  • レーベル遺伝性視神経症

    特発性視神経炎、脱髄性視神経症(多発硬化症を含む)、視神経脊髄炎(抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎を含む)、虚血神経症、圧迫神経症、中毒・栄養障害神経症、外傷性視神経症、 他の遺伝性視神経症、黄斑ジストロフィー 診断のカテゴリー Definite LHON(確定例):(1)症状の①と②もしくは①と③を満たし、かつ、(2)検査所見[nanbyou.or.jp] または、視神経炎や圧迫神経症など視機能障害を呈する他疾患で発症する患者のうち(2)検査所見の①を満たすもの。この場合、(2)検査所見の②に反してもよい。 良好な方の眼の矯正視力が0.3未満を対象とする。[nanbyou.or.jp]

  • 心気症

    身体化障害 身体表現障害 神経症 ノイローゼ セネストパチー[ja.wikipedia.org]

  • 自己免疫性脳炎

    広範囲に少しづつ色んな場所で障害されるため、びまん障害という病態を持つ。 症状 [ 編集 ] 脳障害で起こるすべての神経症状を起こす可能があり、 心因性非てんかん性発作 ( 英語版 ) も含まれる。最も多いのは、脱力とされる。狭義には大脳の障害、広義には小脳の障害も含む [2] 。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状