Create issue ticket

考えれる116県の原因 神経生理学的異常

  • ニューロパチー

    頻度は,前述のごとく糖尿病者の5%という報告から95%という冲中の報告まであって,まちまちである.最近の研究では対称性のpolyneuropathyは約25%の症例に存在するが,電気生理学な末梢神経異常はほぼ全例にみいだされる,といわれる.男女差はほとんどなく,40歳代より高齢に多い.糖尿病の罹病期間の長いもの,糖尿病のコントロールの不十分[webview.isho.jp] 中枢神経系はMRIやCT検査により評価します。また、末梢神経の機能異常の有無は、神経検査および電気生理学的検査により判断します。ニューロパチーが起こっていることが明らかとなれば、つづいては原因の特定のために、血液化学検査、内分泌検査、超音波検査および抗体価検査等を実施し、原因となる疾患が隠れていないかどうかを確認します。[animalhospital.gifu-u.ac.jp] 電気生理学検査(筋電図および神経伝達速度)を注意深く実施すれば,たいていの場合,異常が示される [Carter et al 2004,Pareyson et al 2006].[grj.umin.jp]

  • 末梢神経障害

    中枢神経系はMRIやCT検査により評価します。また、末梢神経の機能異常の有無は、神経検査および電気生理学的検査により判断します。ニューロパチーが起こっていることが明らかとなれば、つづいては原因の特定のために、血液化学検査、内分泌検査、超音波検査および抗体価検査等を実施し、原因となる疾患が隠れていないかどうかを確認します。[animalhospital.gifu-u.ac.jp] 電気生理学異常や麻痺がなくとも、強い症状を有することもあり、また第5腰神経との鑑別が難しいこともあり、注意が必要です。[nms.ac.jp] 筋生検/神経生検 筋肉や末梢神経の一部を採取し、筋肉や末梢神経の形態異常や筋肉の酵素活性などを調べます。筋疾患や末梢神経疾患が疑われるものの、一般身体検査や血液検査、電気生理学検査などの補助検査で診断がつかない場合に実施されます。筋疾患および末梢神経疾患を確定診断するために極めて重要な検査です。[animalhospital.gifu-u.ac.jp]

  • 神経症性障害

    遺伝要因・生理学要因 セロトニンという神経伝達物質との関連や脳の部位に機能的な異常がみられる可能性も指摘されています。これにより強迫性障害が発症する背景には、脳の部位を結ぶ神経ネットワークに問題があると推定されています。 環境要因 強いストレスを引き起こすような出来事や虐待などは強迫性障害の発症の危険性を高めると考えられています。[h-navi.jp]

  • 多発性神経炎

    しかし電気生理学には、末梢神経の根(F波の消失、知覚誘発電位の異常)、遠位部(遠位部潜時の延長)、生理的圧迫部位等での伝導プロックが不均一にみられ、多発単ニューロパチー的な所見を呈するのが特徴的です。[lab.toho-u.ac.jp] 患者さんへ 医療従事者・学生さんへ 交通案内 【お問い合わせ先】 東邦大学医療センター 佐倉病院 脳神経内科 285-8741 千葉県佐倉市下志津564-1 Tel:043-462-8811(代表) 概括 CIDPは炎症性ニューロパチーの一つであり、臨床に多発ニューロパチーを呈することが多いものです。[lab.toho-u.ac.jp]

  • 絞扼性神経障害

    そのほか大径有髄神経線維数の減少,神経束内圧上昇による髄鞘変形は神経活動電位の低下,神経伝導遠度遅延などの電気生理学異常所見と関連している。 臨床症状 診断 4)電気生理学検査:絞扼性神経障害の 確定診断には神経原性波形などの証明が不可欠である。[tvk.ne.jp] 電気生理学異常や麻痺がなくとも、強い症状を有することもあり、また第5腰神経との鑑別が難しいこともあり、注意が必要です。[nms.ac.jp]

  • 足根管症候群

    電気生理学異常や麻痺がなくとも、強い症状を有することもあり、また第5腰神経との鑑別が難しいこともあり、注意が必要です。[nms.ac.jp]

  • 正中神経障害

    電気生理学異常や麻痺がなくとも、強い症状を有することもあり、また第5腰神経との鑑別が難しいこともあり、注意が必要です。[nms.ac.jp]

  • むち打ち症

    (4)他覚所見は、神経検査、筋力テスト、生理学的検査などで異常所見があっても、それのみが決め手となり認定されることはないようです。 画像所見は重要ですが、むち打ち症で外傷性の画像所見が得られることは多くないと思われます。所見があってもほとんどが退行性の変性ですので、そればかりに拘泥する必要もないでしょう。[jiko-online.jp]

  • 慢性疲労症候群

    慢性疲労症候群には、体質異常(冷え性、内臓下垂体質、立ちくらみ、低血圧など)、自律神経障害、ウイルスの潜伏感染、代謝性異常、酸化ストレス、睡眠異常などを含めた脳生理学諸問題など複雑な要因が関係していると言われており、詳細な病因の究明、治療法の確立が待たれています。現在、どの患者にも有効な治療法は見つかっていません。[miwa-naika.com]

  • 血液量減少症

    代表的疾患 心原性 急性心筋梗塞、不整脈、心筋症、心筋炎 循環血液量減少性 出血(外傷、上部消化管出血)、脱水 血液分布異常性 敗血症、アナフィラキシー、神経原性(脊髄損傷) 閉塞性 心タンポナーデ、緊張性気胸、肺塞栓症 それではそれぞれの生理学変化をみてみましょう。[igs-kankan.com]

さらなる症状