Create issue ticket

考えれる2,750県の原因 神経炎

  • 多発性神経炎

    多発性神経(たはつせいしんけいえん)とは、薬物中毒、代謝異常、遺伝性疾患などにより手や足の末梢神経に障害を生じる病気である。多発性ニューロパチーとも称される。多発性神経と多発性神経に分けることもある。 主に次のような原因がある。 中毒ヒ素や鉛、薬品(医薬品や農薬等)などによるもの。アルコールの慢性中毒によるものもある。[ja.wikipedia.org] 1本の末梢神経が障害される単神経のほかに、左右対称性に、系統的に障害される 多発性神経 と、複数の末梢神経が障害される 多発性単神経 があります。 糖尿病など代謝障害でよくみられる 代謝の病気、中毒、遺伝性のものなど原因はいろいろです(表9―5)。もっとも多いのは糖尿病が原因で起こる神経障害です。[cocokarada.jp] 特異なものに急性多発性根神経( ギラン バレー症候群 )がある。これは中枢神経の一部も冒される原因不明の神経で,下肢から上肢にかけて弛緩(しかん)性麻痺(まひ)を呈する。 関連項目 膝蓋腱反射 出典 株式会社平凡社 百科事典マイペディアについて 情報 栄養・生化学辞典 の解説 多発性神経 多発性ニュロパシーともいう.[kotobank.jp]

  • ニューロパチー

    この状態を末梢神経障害(ニューロパチー)といいます。 慢性 ( まんせい ) 炎症性 ( えんしょうせい ) 脱髄性 ( だつずいせい ) 多発 ( たはつ ) 根 ( こん ) 神経 ( しんけいえん ) (CIDP)や 多巣性 ( たそうせい ) 運動 ( うんどう ) ニューロパチー(MMN)はこの末梢神経が障害される病気です。[nihon-pharm.co.jp] なお、CIDPの日本語訳は慢性炎症性脱髄性多発神経、慢性炎症性脱髄性多発根神経など複数あります。また神経をニューロパチーと表現される場合もありますが、これらはすべて同じ疾患を指す用語です。 2.[nanbyou.or.jp] 神経症状の現われ方は、障害の分布によって、全身の末梢神経が障害を受ける多発神経(たはつしんけいえん)と、1つの神経だけに障害がおこる単神経(たんしんけいえん)、および単神経があちこちにおこる多発性単神経(たはつせいたんしんけいえん)に分類されます。[kotobank.jp]

  • 前庭神経炎

    耳鼻咽喉科 日本めまい平衡医学会 前庭神経関連の論文[ja.wikipedia.org] 概要 前庭神経とは、風邪などをきっかけとして前庭神経に炎症が生じ、強いめまいや吐き気、嘔吐が生じる疾患です。「聞こえ」の悪化や耳鳴りなどの症状はありません。 原因 前庭神経は風邪などでウイルスに感染することが原因ではないかと考えられています。内耳は聴力と平衡感覚に関与します。[medicalnote.jp] ―その臨床像と検査成績よりする病態の考察―.山口医学31:107-117,1982 5)高橋 昭:前庭神経と Guillain-Barre 症候群との比較論.耳鼻臨床 増5:2383-2391,1982[memai.jp]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    慢性炎症性脱髄性多発根神経と呼ばれたり、神経をニューロパチーとするなど学会や組織によって表記のゆれがある。特定疾患に指定されており、公費対象となっている。臨床症状、発症様式、治療反応性などが症例により様々であり、おそらく複数の病態が含まれた症候群と考えられる。[ja.wikipedia.org] 概要 慢性炎症性脱髄性多発神経とは、2ヶ月以上に渡る慢性的な経過で末梢神経の炎症が生じる病気を指します。慢性炎症性脱髄性多発神経を発症すると、筋力の低下やしびれ、ぴりぴり感などの神経症状を認めることになります。[medicalnote.jp] 神経内科を受診し、慢性炎症性脱髄性多発神経(CIDP)と診断され、アダリムマブによる治療を中止した。CIDPに対して免疫グロブリン大量静注療法を施行し、症状は消失し、現在に至るまで再発していない。 ヒト型抗TNFαモノクローナル抗体製剤であるアダリムマブ(ヒュミラ )は、関節リウマチ、炎症性腸疾患、乾癬などの治療薬として使用されている。[imic.or.jp]

  • 球後視神経炎

    【 球後視神経の検査と診断 】 球後視神経の検査方法としては、眼底検査で腫脹を調べます。又、この疾患により炎症が視神経に限定されているケースでは眼底に問題が表れませんが、瞳孔の対光の反応の差を調べる事も必要になります。[hospita.jp] Category [球後視神経/視神経脊髄NMO ] 記事一覧 スポンサーサイト --.--.-- TB(-) CO(-) *PageTop NMO発病から、もうすぐ3年 突然左目が見えなくなり、この病気が発病してから早いもので今月末で3年になります。[hanahuurin.blog62.fc2.com] [井街 譲] 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) 日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 凡例 世界大百科事典 内の 球後視神経 の言及 【視神経】より …(2)視神経optic neuritis 広義には,視神経の炎症性あるいは脱髄性疾患をさす。[kotobank.jp]

  • 視神経炎

    視神経周囲の構造 視神経症(視神経)の種類 炎症性(視神経) 1 特発性: 原因不明のもの 2 自己免疫性: 多発性硬化症 (再発性、両眼性のことがあり、他の神経症状を伴う場合もある)、視神経脊髄(抗アクアポリン4抗体陽性視神経)、抗MOG抗体陽性視神経など 3 続発性: 副鼻腔炎 、眼窩蜂窩織炎、眼窩先端症候群など、視神経周囲の[saiseikai.or.jp] 抗AQP4抗体陽性視神経の疫学 通常の視神経よりやや高齢で、圧倒的に女性に多い (男女比1:9) という特徴があります。 特発性視神経の10%程度で、血清中抗AQP4抗体が陽性になると考えられています。 球後視神経の形をとることも多く、視神経乳頭の発赤腫脹をきたさなくても 抗AQP4抗体陽性視神経を疑ってみる必要があります。[srl.info] 2018年6月13日 ソース: Ophthalmology カテゴリ: 神経内科疾患 ・ 眼科疾患 再発性視神経患者246例を対象に、アクアポリン-4(AQP4)およびミエリンオリゴデンドロサイト糖タンパク質(MOG)に対する自己抗体と視力転帰の関連性を横断研究で検討した。その結果、再発性視神経...[m3.com]

  • 顕微鏡的多発血管炎

    「顕微鏡的多発血管」とはどのような病気ですか 顕微鏡的多発血管は、腎臓、肺、皮膚、神経などの臓器に分布する小型血管(顕微鏡で観察できる太さの細小動・静脈や毛細血管)の血管壁に 炎症 をおこし、出血したり血栓を形成したりするために、臓器・組織に血流障害や 壊死 がおこり臓器機能が損なわれる病気です。[nanbyou.or.jp] 腎症状(腎機能低下、血尿、蛋白尿など、急速進行性糸球体腎炎(RPGN)は重症) 肺症状(肺出血または間質性肺炎など) その他の臓器の症状(発熱、倦怠感、体重減少、筋痛、関節痛、口内、出血、多発性単神経など) MPO-ANCA陽性 CRP陽性、蛋白尿、血尿、BUN・血清クレアチニンの上昇、WBC上昇 胸部X線写真所見で肺胞出血、間質性肺炎[ja.wikipedia.org] 高安動脈(TA)、巨細胞性動脈(GCA)があげられる。 中小動脈を傷害するものである。結節性多発動脈(PAN)、川崎病(KD)、中枢神経限局性血管(原発性肉芽腫性中枢神経系血管 PACNS)などがあげられる。[ja.wikipedia.org]

  • 運動失調

    脳卒中後の片麻痺による筋トーヌス(骨格筋が常に保持する一定の緊張度)の亢進や、パーキンソン病で認められる筋固縮(筋硬直)や、糖尿病性多発神経の末梢性感覚障害などにおいては運動が円滑に行われず不安定で、失調を呈する。しかし運動失調を起こす最も代表的な疾患は小脳疾患であり、様々な障害が引き起こされて、結果的に運動失調を呈する。[ja.wikipedia.org] メニエール病、突発性難聴、またストレプトマイシン、カナマイシン、ミノサイクリンなどの薬物中毒による前庭神経の障害、外傷、梅毒、音響外傷、耳硬化症、内耳やその続発症などがある。前庭迷路血管に血行障害のある中枢性めまいにも認められる。一般に平衡機能障害の状態であり、めまいには耳症状を伴い、方向一定性眼振(前庭性眼振)を示す。[ja.wikipedia.org]

  • 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症

    3.症状 主要臨床症状は、先行する気管支喘息あるいはアレルギー性鼻炎と、血管によるものである。発熱、体重減少、末梢神経(多発性単神経)、筋痛・関節痛、紫斑、胃・腸の消化管出血、肺の網状陰影や小結節状陰影、心筋梗塞や心外膜、脳梗塞・脳出血などである。多発性単神経は、急性症状が改善してからも、知覚や運動障害が遷延することがある。[nanbyou.or.jp] 部位 頻度 症状、徴候 全身症状 78% 発熱、全身倦怠感、体重減少など 耳鼻・咽喉 93% 副鼻腔、鼻粘膜、鼻茸、中耳 末梢神経 77% 多発単神経、知覚神経障害、運動神経障害 関節・筋 61% 関節痛()、筋痛(炎) 肺 61% 肺炎、浸潤影・結節影、好酸球浸潤、肺胞出血、胸水 皮膚 49% 紫斑、結節性紅斑、網状皮斑 心 47%[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 臨床症状 発熱,体重減少,筋痛,関節に加え,紫斑や多発単神経がみられる.多くの症例で,気管支喘息やアレルギー性鼻炎などが先行する.進行すると心外膜炎や心タンポナーデ,脳出血・脳梗塞,消化管出血などを呈して死因となる.[kotobank.jp]

  • 風邪

    太田西ノ内病院 耳鼻咽喉科 「風邪を引いた後から回転性めまいが出現、聴力低下や耳鳴りはないんだけど・・・」 前庭神経 とは。 《めまいと耳鳴り》の項目でも少し触れましたが前庭神経は内耳と呼ばれる部分の中でも前庭機能(バランスを保つ機能)の障害によって起きます。[ohta-hp.or.jp] 気管支ぜんそく、神経痛 体力虚弱である,やや虚弱である 使用生薬 麻黄(まおう) 、 細辛(さいしん) 、 加工ブシ ご注意 この辞典は「新一般用漢方処方の手引き」(株式会社じほう)を参考に作成しておりますが、あくまでも参考程度に留めて頂き、ご使用される場合は医師または薬剤師にご相談ください。[ominedo.co.jp] 風邪を引いた後から回転性のめまいが出現、聴力低下や耳鳴りがない場合には前庭神経を疑って耳鼻咽喉科を受診してみてください。[ohta-hp.or.jp]

さらなる症状

類似した症状