Create issue ticket

考えれる767県の原因 神経性難聴

  • 耳垢栓塞

    耳鳴り、めまい、難聴を引き起こす病気 メニエール病、突発難聴、老人難聴、前庭神経炎、外リンパ瘻、外耳の病気(耳垢栓塞、耳帯状疱疹)、中耳炎(急性化膿性中耳炎、滲出性中耳炎、慢性中耳炎、などがあります。 耳鳴りの原因となる病気には脳出血、脳こうそく、一過性脳虚血発作、脳腫瘍、椎骨脳低動脈循環不全などもあります。[sugimoto-clinic.or.jp] 低音障害型感音難聴 耳垢栓塞 以前より続いている 神経耳鳴 聴神経腫瘍 回転性めまいを伴う メニエール病 トップに戻る 7.めまいがする 突然ぐるぐる回った(耳鳴りアリ) メニエール病 突発難聴 突然ぐるぐる回った(耳鳴りナシ) 良性発作頭位めまい症 前庭神経炎 歩行時ふらつく(中枢性めまい) 脳血管障害 脳腫瘍 など 立ちくらみがする[yamamura-ent.jp] 騒音難聴 騒音の大きな職場、ヘッドホンステレオの使い過ぎ、などの環境が長く続くと、聴こえの神経の障害が進行し、耳の聴こえはだんだん悪くなります。高い音の一部が聴こえにくくなりますが、耳鳴で気付くことが多いです。一度障害を受けた聴こえの神経を回復するのは困難ですので、環境を改善し、予防することが大事です。[inabaclinic.jp]

  • 急性中耳炎

    急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん、Acute otitis media)とは、真正細菌が中耳に感染して急性の炎症を起こす疾患である。一般に中耳炎という場合、この疾患を指すことが多い。 細菌が中耳に感染する経路として大きく分けて以下の3つがある。 経耳管性 中耳は耳管によって咽頭と連絡しているが、鼻腔や上咽頭に感染が起こることで、起炎菌が中耳へと侵入する。乳幼児では耳管が成人と比べて短く、内腔が太い上に水平に近いので中耳に細菌が侵入しやすい。乳幼児に急性中耳炎が起こりやすいのもこのためである。起炎菌は5歳以下ではインフルエンザ菌が、それ以後は溶血性連鎖球菌や肺炎球菌が多い。 経外耳道性[…][ja.wikipedia.org]

  • 中耳真珠腫

    耳の奥には顔面を動かす神経や味覚を感じる神経などの重要な神経、体のバランスを取る三半規管や音を感じる蝸牛が存在するため、真珠腫がこれらを障害することで顔面神経麻痺や味覚障害、めまいや神経難聴などの症状が引き起こされることもあります。 真珠腫性中耳炎の原因-なぜ鼓膜の一部が凹むのか?[medicalnote.jp] 2 難聴 慢性単純中耳炎の場合、鼓膜の穿孔による伝音難聴であることが多いが、経過とともに内耳の聞こえ神経が障害され、感音難聴を伴うこともある。 3 めまい・耳鳴り 慢性中耳炎に伴う内耳機能障害により、耳鳴り、めまいなどが起こりうる。特に真珠腫性中耳炎では起こりやすい。[iwano-jibika.or.jp] 取り扱っている主な疾患 外耳疾患(外耳道炎、外耳道真珠腫、外耳腫瘍など) 耳疾患(中耳真珠腫、慢性中耳炎、耳硬化症、中耳奇形など) 側頭骨頭蓋底疾患(聴神経腫瘍、グロームス腫瘍、顔面神経鞘腫、聴器癌など) 先天難聴 突発難聴、騒音難聴、全身疾患に伴う難聴 めまい(メニエール病、良性発作頭位めまい症など) 顔面神経麻痺 副鼻腔炎、副鼻腔真菌症[nuh.niigata-u.ac.jp]

  • 悪性中耳炎

    メニエール、良性発作頭位めまい症、前庭神経炎、突発難聴、椎骨脳底動脈循環不全症など、非常に、耳鼻科にめまい疾患が多く、当院では、もっぱら当科がめまいを診療している。[tatebayashikoseibyoin.jp] 鼻副鼻腔疾患 慢性副鼻腔炎、副鼻腔良性腫瘍、副鼻腔嚢胞、眼窩吹き抜け骨折、難治性鼻出血、下垂体腫瘍などに対する内視鏡下鼻内副鼻腔手術 アレルギー性疾患 鼻アレルギーに対する高周波手術、減感作療法 中耳炎 慢性中耳炎・中耳真珠腫に対する鼓室形成術、小児の反復・難治中耳炎 その他 頭頸部腫瘍、顔面神経麻痺、突発難聴、めまい症に対する治療[tdc.ac.jp] 耳 急性・慢性中耳炎、真珠腫中耳炎 滲出中耳炎 難聴(突発難聴、メニエール病など) めまい 顔面神経麻痺 耳管開放症 耳瘻孔 補聴器外来(第2、4火の午後、予約制) 鼻 慢性副鼻腔炎 アレルギー性鼻炎 鼻中隔弯曲症、肥厚性鼻炎 嗅覚障害 咽頭 急性・慢性扁桃炎 アデノイド、扁桃肥大 いびき、睡眠時無呼吸症 口腔咽頭食道異物 喉頭 声帯[shibyo.nmh.jp]

  • 側頭骨骨折

    錐体部は、頭蓋の内側に入りこんでいて、中耳や内耳、顔面神経などを保護しています。 錐体内部には、内耳・内耳道が走行しており、この部位を骨折すると、感音難聴やめまいの症状が出現します。[koutsuujiko.tanaka-hiroshi.jp] ,回転めまい,平衡感覚障害,または顔面神経麻痺を引き起こす。[msdmanuals.com] ・ 顔面神経麻痺の半数以上を占めるのが特発顔面神経麻痺(ベル麻痺)です。耳鳴り、難聴、めまいは生じません。 ・ 耳帯状疱疹(ハント症候群)では、顔面神経麻痺のほか、外耳道や耳介の発疹、耳の痛み、耳鳴り、難聴、めまいなどが生じます。[tmd-otohns.jp]

  • 耳硬化症

    必要に応じて内耳機能検査をおこなって内耳難聴神経難聴)かを判断しています。 感音難聴 ステロイドやビタミン剤、脳循環改善剤、点滴、キセノン、星状神経節ブロック、などを実施します。[tsuruhara-jibika.net] 取り扱っている主な疾患 外耳疾患(外耳道炎、外耳道真珠腫、外耳腫瘍など) 耳疾患(中耳真珠腫、慢性中耳炎、耳硬化症、中耳奇形など) 側頭骨頭蓋底疾患(聴神経腫瘍、グロームス腫瘍、顔面神経鞘腫、聴器癌など) 先天難聴 突発難聴、騒音難聴、全身疾患に伴う難聴 めまい(メニエール病、良性発作頭位めまい症など) 顔面神経麻痺 副鼻腔炎、副鼻腔真菌症[nuh.niigata-u.ac.jp] 特色・トピックス 特色としては、 慢性中耳炎、中耳真珠腫、耳硬化症などの多彩な中耳、内耳疾患に対する手術療法 突発難聴、顔面神経麻痺の薬物療法、ならびに顔面神経麻痺に対する手術療法 めまいの神経耳科的診断と保存的療法.平衡リハビリ指導ならびに難治めまいに対する手術療法 頭頸部腫瘍疾患に対する手術療法、ならびに化学療法、放射線療法との集学的療法[nissay-hp.or.jp]

  • 滲出性中耳炎

    顔面神経麻痺、感音難聴、めまいなどの神経障害は真珠腫の摘出によっても改善しない可能が高いので、このような症状が生じないうちに手術を行うべきです。 手術では、真珠腫を摘出後に、聴力を改善させるための耳小骨連鎖再建(鼓室形成術)を通常、行います。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 変形性骨炎

    最小限に抑えるため (骨由来の)血清アルカリホスファターゼ値が正常値の2倍を超えた場合に,症状がなくとも,過剰な破骨細胞の活性を抑えるため 疾患の進行が遅くなることはあるが,既存の障害(例,変形,変形関節症,難聴神経の絞扼)は元に戻らない。[msdmanuals.com] 四肢の罹患骨は骨折を、顎骨の変形はかみ合わせの異常や開口障害などの歯科的な障害、頭蓋骨の肥厚・肥大は難聴、視力障害、脊柱の肥大は脊柱管狭窄症などの神経学的な障害を来す原因となる。若年、症候性の骨パジェット病は多骨性あるいは全身性で骨の変形も強く、高齢者に散発性に生ずる骨パジェット病に比較して変形や機能障害が強い。[nanbyou.or.jp] 中枢神経系と末梢神経系に分けて考えます。難聴がないと予後は良いようです。 特発てんかん 6 24か月齢で発症しやすく、急に発作を起こし、最初は短い時間で回復しますが、徐々に、長い発作がひんぱんに起こるようになります。 部分的てんかん 何もないのに、何かを噛むような動作を続けて行います。[pet-hospital.org]

  • 航空中耳炎
  • 老人性難聴

    尚、 聴力損失程度30dbまでが正常で、30 50dbが軽度難聴、50 70dbが中度難聴、70 90が高度難聴、90 100db以上が社会的ろう、100db以上が全ろうと分類されます。 私の場合、感音(神経)難聴で、内耳にある感覚器細胞の数が減って起こるものですが、年を取って耳が聞こえづらくなる老人難聴も同様の仕組みです。[trkm.co.jp] 老人難聴の原因 老人難聴の原因は、細胞や神経の老化で耳の奥の蝸牛という器官が音を感知しにくくなることで、聞こえの仕組みに影響を与えるということです。 聞こえの仕組みは耳の構造に関係がありますので、併せて紹介しますね。[xn--8mrs8dp04c5tfd6e16h.com] 原因について 症状について 治療法について 老人難聴の原因について 加齢による影響以外には明らかな原因が認められない難聴をいいます。 有毛細胞、ラセン神経節細胞、血管条など内耳の神経細胞、さらに後迷路、脳を含めた神経系全般の機能低下により、感音難聴を生じます。[hosoda-cl.com]

さらなる症状