Create issue ticket

考えれる110県の原因 社会的孤立

  • うつ病

    さらに、高齢者がうつ病になりやすいのは、配偶者との死別や、社会孤立など、環境的にうつ病になりやすい要因がたくさんあるためです。[cocoro-h.jp] 社会要因 [ 編集 ] 貧困と社会孤立は、一般的に精神的健康の問題のリスク増加と関連している。児童虐待(身体的、感情的、性的、またはネグレクト)も、後年になってうつ病を発症するリスクの増加に関連付けられている。 成人では、 ストレス の多い生活上の出来事が強く大うつ病エピソードの発症に関連付けられている。[ja.wikipedia.org]

  • パニック発作

    執筆者: John H. Greist, MD, Clinical Professor of Psychiatry, University of Wisconsin School of Medicine and Public Health; Distinguished Senior Scientist, Madison Institute of Medicine パニック発作 とは、極めて強い苦痛、不安、恐怖などが突然現れて短時間で治まる発作のことで、身体症状や精神症状を伴います。 パニック症[…][msdmanuals.com]

  • 病的肥満

    腸内細菌叢の研究も合わせると、肥満や糖代謝などについての新しいウェーブの研究が世界で進んでいるように感じる。「メタボ」についての私の師匠・元大阪大学医学部病院長の松澤先生から、良い肥満と悪い肥満があると教えられて来た(ちなみに松澤先生は間違いなく良い肥満らしい)。最初は松澤先生の自己正当化だろうなどと笑って聞いていたが、現役を退いてからこの分野の論文を読んでいると、ほとんどの研究がこの問題に集中しているのがわかる。しかしいい肥満と悪い肥満がなぜ分かれるのか?脂肪細胞は常に悪か?などまだ本当の理解が出来ていない点は多い。事実脂肪細胞は悪ではないことを示す論文を6月21日このホームページで紹[…][aasj.jp]

  • 心的外傷後ストレス障害

    また、内面・外面孤立して、自分や社会を信頼できなくなったり、疎外感を感じ、対人関係や社会生活がうまく行かなくなったりもします。 この他、侵入、過覚醒、回避、麻痺(次項を参照してください。)といった外傷後ストレス障害や急性ストレス障害にみられる症状があらわれることもあります。[city.nagoya.jp] 例えば、侵入(再体験)、回避、認知と気分の陰性の変化、覚醒度と反応性の著しい変化のためにそれまで可能であった活動の遂行が困難になったり、周囲から孤立する、引きこもるなどして社会活動が障害されたりする。[bsd.neuroinf.jp] 発症の危険因子については、生命危険の認知、社会サポートの認知、トラウマ体験時の感情反応(恐怖、孤立無援感、戦慄、自責、羞恥など)、トラウマ体験時の解離反応、トラウマ体験後の生活ストレス、過去の精神的問題、過去のトラウマ体験、家族の精神的問題、女性、若年者、低学歴、 IQ 、 人種 がある [19] 。[bsd.neuroinf.jp]

  • ミュンヒハウゼン症候群

    ミュンヒハウゼン症候群(ミュンヒハウゼンしょうこうぐん、英: Münchausen syndrome)は虚偽性障害に分類される精神疾患の一種。症例として周囲の関心や同情を引くために病気を装ったり、自らの体を傷付けたりするといった行動が見られる。1951年にイギリスの医師、リチャード・アッシャーによって発見され、「ほら吹き男爵」の異名を持ったドイツ貴族ミュンヒハウゼン男爵にちなんで命名された。[…][ja.wikipedia.org]

  • 青年期の調整反応

    影響-ストレングスカードを用いて- 物語を用いた認知再構成法が自動思考に及ぼす影響 小児肥満児の家族機能とQOL 相談室における照明の照度の違いが自己開示に及ぼす影響 認知症介護職員におけるメンタライゼーションと共感性に関する研究 不快情動回避心性及び自己統制感が課題先延ばしの意識特性と大学適応感に及ぼす影響 離島高齢者におけるフレイルと社会孤立[kurume-u.ac.jp]

  • 自閉性障害

    自閉スペクトラム症 亜型 特徴 アスペルガー症候群 言語および認知機能は自閉症と比べて一般に良好である 社会孤立しており,しばしば他者から変人または奇妙と思われている 不器用 行動,関心,および活動の反復的なパターン 非定型の知覚反応(例,雑音,食物の臭いや味,または衣服の触感に対する鋭敏な感受性) 語用論的異常(例,極端に具体的な言葉[msdmanuals.com]

  • 妄想性パーソナリティ障害

    妄想性パーソナリティ障害(もうそうせいパーソナリティしょうがい、英語: Paranoid personality disorder ; PPD)とは、猜疑(さいぎ)性パーソナリティ障害とも呼ばれる、何ら明確な理由や根拠なく人から攻撃される、利用される、陥れられるといった不信感や疑念を抱き、広く対人関係に支障をきたすパーソナリティ障害の一類型である。 精神医学的障害の一種である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺結核

    肺結核の話 呼吸器科科長 座安 清 肺結核と聞いても今の若い人にとってはなじみがない病気と考えられます。高齢者にとってはかつて肺病と言われて恐れられた病気です。宮城県の結核罹患率は結核の統計2007によると全国で2番目に低く、東北全体も東京や大阪に比べてはるかに低い結核罹患率であります。しかし米国と比較するとまだ3倍も高い状態です。また高齢者の結核の割合は年々増加しており、結核に対して免疫がない若年者に感染するという事態が今後増加すると考えられます。[…][minamitohoku.jp]

  • 後天性免疫不全症候群

    後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、英語: Acquired immune deficiency syndrome, AIDS(エイズ))は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす疾患。照屋勝治はエイズを慢性ウイルス血症による「全身性炎症性疾患」としている。性感染症の一つ。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状