Create issue ticket

考えれる20県の原因 硬膜穿刺後頭痛

  • 脊髄穿刺 

    血友病や抗血小板剤、抗凝固剤を投与されている患者では易出血傾向から脊髄外血腫や髄液を多く、さらに取りすぎた場合には脳下血腫の危険があります。 腰椎穿刺頭痛 腰椎穿刺後頭痛の特徴は臥位で改善し立位で悪化することです。原因としては髄膜や神経、静脈が髄液を採取することで下方に牽引され非拍動性(ズキズキしない)の鈍い痛みとなります。[juntendo-neurology.com]

  • 硬膜穿刺後頭痛

    麻酔EBM勉強会 担当:I先生 「穿刺頭痛」 ・穿刺頭痛 ・多くの場合は持続期間も短く軽症。 ・頭痛で動けず、退院が伸びてしまうこともある。 ・数か月、数年単位で持続したり慢性化しうる。 ・脳神経麻痺や硬膜下血腫の原因になりうる。 ・予想以上に頻度が高く訴訟になることも。[kcgh-aneth.blogspot.com] 今回のミニモニは「穿刺の危険な頭痛」です。 Epiで穿刺をしてしまったとき、 術後に体位性頭痛がでたら、PDPHだなぁと反省のため息をつき、 患者さんに説明と輸液、カフェインなど投与、もしかしたらブラッドパッチ・・・・・。 などとしか思っていませんでしたが、 頭痛の性状が変化しないかをfollowするのもとても大切です。[anestation.com] 【背景・目的】 穿刺頭痛 (postdural puncture headache: PDPH)は、髄膜穿刺の合併症として知られ、典型例では穿刺5日以内に発生し、起立後15分で発症し、臥位をとると15分以内に改善する。[jhsnet.org]

  • 帝王切開

    1カ月健診時のアセスメント 【新生児のケア】 01.帝王切開分娩で生まれた児のアセスメントとケア 02.帝王切開分娩で生まれた児に起こりやすい合併症 第2章 術後合併症への対応 01.帝王切開術後血腫 02.創部縫合不全・離開 03.麻酔合併症 04.膀胱・腸管の損傷 05.産褥熱 06.深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症 07.腸閉塞 08.穿刺頭痛[medica.co.jp] まれに起こる不具合 ⑥ 穿刺頭痛 外腔に細い管を入れるときに硬膜( 図4 )を傷つけたり、脊髄くも膜下腔に針を刺したことにより、頭痛が起こる場合があります。 この頭痛は、硬膜に穴が開き、その穴から脳脊髄液という脊髄の周囲を満たしている液体が硬膜外腔に漏れることにより生じるともいわれており、頭や首が痛んだり吐き気がでたりします。[jsoap.com]

  • 分娩合併症

    20年間、約5,000人の外麻酔分娩で、今までのところこれらの合併症は一例も起きていません。ただし「穿刺頭痛」と言われる合併症は、今までに数人(0.1%)発生しており、平均よりは低く抑えているのですが、完全に防ぐには至っておりません。この頭痛は約1週間で全員が軽快されています。[izuchi-hospital.gr.jp] 2)低血圧、嘔気 3)穿刺頭痛 4)排尿障害 5)発熱 非常に稀な合併症(局所麻酔中毒、高位脊髄くも膜下麻酔、脊髄損傷、外血腫、硬膜外膿瘍、アナフィラキシー) 費用について 無痛分娩費用は一律10万円となっております。[med.osaka-u.ac.jp] くも膜下注入 血管内注入 穿刺頭痛 痒み、吐き気、発熱 無痛分娩の費用 無痛分娩には健康保険が適用されません。このため自費で無痛分娩料100,000円をいただいています(ただし、無痛分娩を希望されていない方で、分娩が長時間におよび疲労が強いとこちらで判断した場合には、保険の適用がないため無料で行っています。[izuchi-hospital.gr.jp]

  • 分娩中の胎児仮死

    穿刺頭痛:カテーテル挿入中にに傷がつくと、分娩後強い頭痛を感じることがあります。数日の安静や鎮痛剤の内服で改善するケースがほとんどです。まれに症状が長引くときにも対処法はありますので、気になればお知らせ下さい。[kokawa-lc.jp]

  • 全身麻酔

    […] l 穿刺頭痛 脊髄くも膜下麻酔や外麻酔の頭痛が起こることがあります。穿刺頭痛は起き上がると頭痛が強くなり、横になると軽くなるという特徴があります。たいてい数日間の安静と輸液で改善しますが、まれに症状が持続し、入院期間が予定より延長することがあります。[showa-u.ac.jp] 1:血圧低下 2:頭痛穿刺痛) くも膜下麻酔の時に見られる頭痛と機序は同じです。しばらく安静にしているとおさまって来ることが多いですが、時に長引くことがあります。 3:局所麻酔中毒 4:神経障害 神経に針が刺さったり、管が神経を圧迫することで起こることがあります。[med.shimane-u.ac.jp] 脊椎麻酔を追加できるようにするためには、カテーテルが通る太い針で穿刺する必要があります。 太い針でに穴を開けると麻酔頭痛が起きやすくなるので、追加が必要になるような長時間の手術では全身麻酔を併用するようにしています。[hyogo-cc.jp]

  • 気管支痙攣

    […] l 穿刺頭痛 脊髄くも膜下麻酔や外麻酔の頭痛が起こることがあります。穿刺頭痛は起き上がると頭痛が強くなり、横になると軽くなるという特徴があります。たいてい数日間の安静と輸液で改善しますが、まれに症状が持続し、入院期間が予定より延長することがあります。[showa-u.ac.jp]

  • 低体温麻酔

    […] l 穿刺頭痛 脊髄くも膜下麻酔や外麻酔の頭痛が起こることがあります。穿刺頭痛は起き上がると頭痛が強くなり、横になると軽くなるという特徴があります。たいてい数日間の安静と輸液で改善しますが、まれに症状が持続し、入院期間が予定より延長することがあります。[showa-u.ac.jp]

  • くも膜炎

    […] l 穿刺頭痛 脊髄くも膜下麻酔や外麻酔の頭痛が起こることがあります。穿刺頭痛は起き上がると頭痛が強くなり、横になると軽くなるという特徴があります。たいてい数日間の安静と輸液で改善しますが、まれに症状が持続し、入院期間が予定より延長することがあります。[showa-u.ac.jp]

  • 乳頭乳頭閉塞症候群

    血友病や抗血小板剤、抗凝固剤を投与されている患者では易出血傾向から脊髄外血腫や髄液を多く、さらに取りすぎた場合には脳下血腫の危険があります。 腰椎穿刺頭痛 腰椎穿刺後頭痛の特徴は臥位で改善し立位で悪化することです。原因としては髄膜や神経、静脈が髄液を採取することで下方に牽引され非拍動性(ズキズキしない)の鈍い痛みとなります。[juntendo-neurology.com]

さらなる症状