Create issue ticket

考えれる243県の原因 硬膜外腫瘍

  • 多発性骨髄腫

    多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ、Multiple Myeloma:MM)は形質細胞腫瘍の一種であり、その中では最も患者数の多い難治性血液腫瘍である。[…][ja.wikipedia.org]

  • FGFR1転位随伴性脊髄性腫瘍

    脊髄腫瘍は発生する場所により、の外側(脊椎を含める)にできてから脊髄を圧迫するもの(腫瘍、図中A)、の内側で脊髄との間に腫瘍ができて脊髄を圧迫するもの(内髄腫瘍、図中B)、脊髄の中から発生するもの(髄内腫瘍、図中C)の三つに分類されます。[square.umin.ac.jp] 原発巣が発見される前に脊椎に転移し、背骨のひどい痛みのために転移巣が腫瘍として先に発見されることもあります。 内髄腫瘍で頻度が高いものは、神経鞘腫(しんけいしょうしゅ)と髄膜腫(ずいまくしゅ)です。神経鞘腫は、幹(脊髄)からでた枝のような細い神経即ち神経根から発生し、脊髄を圧迫します。[square.umin.ac.jp] 脊髄の中から発生する腫瘍は、脊髄そのものが傷害されます。 脊髄腫瘍の3つの分類 脊髄腫瘍の種類 腫瘍で最も頻度が高いものは転移性腫瘍(悪性)です。これは体の他の場所にできたがんが脊椎などに転移したもので、脊椎(骨)を壊しながら大きくなり、脊髄を圧迫します。[square.umin.ac.jp]

  • 脊髄硬膜炎

    腫瘍 脊柱管内のスペースに存在する腫瘍です。スペースに発生する場合と、脊椎や脊柱管外に発生した腫瘍が脊柱管内へ進展する場合があります。これらの腫瘍は、から脊髄を圧迫します。また、脊椎を破壊して脊柱の不安定性を起こすこともあります(図3)。[neurospine.jp] ここでは脊柱管内にある腫瘍全体を対象として説明します。 脊柱管内には髄液を中に入れているがあります。腫瘍腫瘍の内側の腫瘍腫瘍と呼びます。腫瘍の中で、脊髄の外部の腫瘍を髄腫瘍、脊髄内部の腫瘍を髄内腫瘍と呼んでいます。腫瘍には転移性腫瘍と原発性腫瘍がありますが、多くは転移性です。[joa.or.jp] 脊髄手術件数 2011年 2014年 内髄腫瘍 33 神経鞘腫・神経線維腫 15 髄腫 1 血管系腫瘍 1 その他の内髄腫瘍 50 内髄腫瘍小計 髄内腫瘍 5 上衣腫 3 星細胞腫 3 血管系腫瘍 4 その他の髄内腫瘍 15 内髄腫瘍小計 腫瘍 3 造血系腫瘍・転移性腫瘍 1 髄腫 2 血管系腫瘍 6 内髄腫瘍小計[ho.chiba-u.ac.jp]

  • 脊髄腫瘍 

    内髄腫瘍 内で脊髄のに存在する腫瘍です。これらの腫瘍は、内スペースで脊髄や神経根を圧迫します。組織学的には、神経鞘腫 schwannomaが最も多く、次に髄膜腫 meningiomaが続き、類皮腫、類上皮腫、転移性腫瘍などがあります。[neurospine.jp] ここでは脊柱管内にある腫瘍全体を対象として説明します。 脊柱管内には髄液を中に入れているがあります。腫瘍腫瘍の内側の腫瘍腫瘍と呼びます。腫瘍の中で、脊髄の外部の腫瘍を髄腫瘍、脊髄内部の腫瘍を髄内腫瘍と呼んでいます。腫瘍には転移性腫瘍と原発性腫瘍がありますが、多くは転移性です。[joa.or.jp] 要点 脊髄腫瘍は髄内腫瘍(脊髄実質内)または髄腫瘍(脊髄実質)として発生する。 髄腫瘍内またはに発生する。 大半の腫瘍は良性の髄腫か神経線維腫であり,これらは最も頻度の高い原発性脊髄腫瘍である;腫瘍の大半は転移性である。 神経脱落症状のある患者にはコルチコステロイドを投与する。[msdmanuals.com]

  • 脊髄転移

    腫瘍 脊柱管内のスペースに存在する腫瘍です。スペースに発生する場合と、脊椎や脊柱管外に発生した腫瘍が脊柱管内へ進展する場合があります。これらの腫瘍は、から脊髄を圧迫します。また、脊椎を破壊して脊柱の不安定性を起こすこともあります(図3)。[neurospine.jp] 脊髄のに生じてこれを圧迫する髄腫瘍腫瘍腫瘍に区別される。[kotobank.jp] 腫瘍の種類 脊髄は脳と同様に“”というに覆われており、および脊髄実質と関連した腫瘍の発生部位により①内髄③髄内腫瘍に分類されます。脊髄腫瘍の内訳は、腫瘍50%、内髄腫瘍27-35%、そして残りが髄内腫瘍と報告されています。 脊髄腫瘍の例は以下の通りです。[aikawavmc.com]

  • 脊椎転移

    脊髄のに生じてこれを圧迫する髄腫瘍腫瘍腫瘍に区別される。[kotobank.jp] 脊髄腫瘍は発生する場所により、の外側(脊椎を含める)にできてから脊髄を圧迫するもの(腫瘍、図中A)、の内側で脊髄との間に腫瘍ができて脊髄を圧迫するもの(内髄腫瘍、図中B)、脊髄の中から発生するもの(髄内腫瘍、図中C)の三つに分類されます。[square.umin.ac.jp] また、大きく分けると、内に分類することができます。さらに、内にできる腫瘍は脊髄の中にできる髄内腫瘍と、脊髄のにできる髄腫瘍に分けることができます。 脊髄腫瘍の種類 腫瘍の原因としては、ほかの臓器から転移したものが最も多いです。脊髄を壊しながら大きくなり、脊髄を圧迫することが知られています。[saiseikai.or.jp]

  • 非退行性先天性血管腫

    (AT/RT)・・・丹羽 徹・相田典子 (14)脊髄円錐の過誤腫様変化(NF1に関連して)・・・柳下 章 6.内髄腫瘍・・・柳下 章 (1)神経鞘腫 (2)神経線維腫 (3)髄腫 (4)粘液乳頭状上衣腫 (5)傍神経節腫 (6)悪性末梢神経鞘腫瘍 (7)くも膜軟播種 7.腫瘍 (1)血管脂肪腫・・・柳下 章 (2)悪性[m-book.co.jp] ・・・柳下 章 咽頭後部浮腫および液体貯留の原因・・・柳下 章 乳幼児の化膿性脊椎炎の特徴・・・柳下 章 硬膜外膿瘍に合併する感染症・・・柳下 章 膿瘍の発生要因・・・柳下 章 脊髄炎 両側視神経炎・・・柳下 章 後索を侵す疾患・・・柳下 章 脊髄髄膜の造影効果をきたす非腫瘍性・非感染性の疾患・・・柳下 章 髄内にリング状の造影効果を[miwapubl.com] 出血 epidural bleeding(hemorrhage) 血腫 腫瘍 epidural tumor 脊髄あるいは脳のにみられる腫瘍の総称。ただし後者にみられることは稀である。脊髄腫瘍としては転移性腫瘍が圧倒的に多い。原発性のものとしては肉腫、血管腫、脊索腫、類皮腫〔扁平上皮がん等〕などがある。[jscf.org]

  • 上衣腫

    の中であり脊髄の外側に発生するもの(内髄腫瘍)としては神経鞘腫や髄腫といった腫瘍が代表的なものになります。の外側に発生するもの(腫瘍)としては転移性腫瘍が主なものとなります。 脊髄腫瘍の手術は特に髄内腫瘍の場合は脊髄の内部に入り込んでいかなくてはなりません。[nms.ac.jp] 同じ中枢神経系の腫瘍である脳腫瘍の1/10?15程度の頻度です。脊椎・脊髄腫瘍は発生した場所により、腫瘍の外側に発生した腫瘍)、内髄腫瘍の内側で、脊髄実質に発生した腫瘍)、髄内腫瘍(脊髄実質内に発生した腫瘍)に大別されます。[kameda.com] せきずいしゅよう 診断 【分類と診断】 腫瘍 脊髄腫瘍全体の約15%を占めます。腫瘍腔に存在するので、脊髄はから圧迫を受けます。その大部分は転移性腫瘍です。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 星状細胞腫による腫瘍

    脊髄腫瘍の分類 1. 腫瘍に発症する腫瘍(転移性腫瘍など) 手術によって摘出しますが、転移性腫瘍では放射線療法や化学療法が必要です。 2. 内髄腫瘍内で脊髄のに発症する腫瘍(髄腫、神経鞘腫など) 良性腫瘍が多く、手術によって摘出されれば治癒が期待できます。 3.[neuro.hospital.okayama-u.ac.jp] 同じ中枢神経系の腫瘍である脳腫瘍の1/10?15程度の頻度です。脊椎・脊髄腫瘍は発生した場所により、腫瘍の外側に発生した腫瘍)、内髄腫瘍の内側で、脊髄実質に発生した腫瘍)、髄内腫瘍(脊髄実質内に発生した腫瘍)に大別されます。[kameda.com] せきずいしゅよう 診断 【分類と診断】 腫瘍 脊髄腫瘍全体の約15%を占めます。腫瘍腔に存在するので、脊髄はから圧迫を受けます。その大部分は転移性腫瘍です。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 筋骨格腰痛

    注意を要する腰痛としては、 化膿性脊椎炎 、 結核性脊椎炎 、 膿瘍 、 椎間板炎 などの 脊椎感染症 や、 多発性骨髄腫 やがんの 骨転移 などの 悪性腫瘍 の骨病変などがある。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状