Create issue ticket

考えれる4県の原因 硬膜外腫瘍

  • 多発性骨髄腫

    基礎知識 診療の流れ 検査・診断 治療の選択 治療 生活と療養 転移・再発 更新・確認日:2017年04月12日 [ 履歴 ] 履歴 2017年04月12日 「多発性骨髄腫の診療指針 第4版(2016年9月)」「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年WEB版(第1.2版)」より内容を更新しました。 2015年05月26日 タブ形式に変更しました。「多発性骨髄腫の診療指針 第3版(2012年10月)」「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版」より内容を更新しました。 2006年11月14日 「多発性骨髄腫の診断」を掲載しました。 1.多発性骨髄腫とは[…][ganjoho.jp]

  • 低背部痛

    注意を要する腰痛としては、化膿性脊椎炎、結核性脊椎炎、膿瘍、椎間板炎などの脊椎感染症や、多発性骨髄腫やがんの骨転移などの悪性腫瘍の骨病変などがある。[ja.wikipedia.org]

  • 対麻痺

    成人期: 脊髄腫瘍 、 椎間板ヘルニア 、 HTLV-I関連脊髄症 (HTLV-1 associated myelopathy HAM)、 梅毒性髄脊髄炎 (エルプ脊髄麻痺)、慢性膿瘍、 脊髄空洞症 、 筋萎縮性側索硬化症 、 亜急性連合性脊髄変性症 などがある。[ja.wikipedia.org]

  • 麻痺

    急性脊髄圧迫の病因としては外傷、腫瘍(転移性脊椎腫瘍、特に前立腺癌の骨転移など)、血管障害(脊髄血腫)や感染症(脊髄硬膜外膿瘍など)がある。圧迫性の脊髄障害は症状が下肢から上行性に進展するため、長経路徴候から疑われる病変高位よりも上位に実際の病変が認められることがある。これを偽性局在徴候という。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状