Create issue ticket

考えれる27県の原因 硬直した脊柱

  • 頸部脊柱管狭

    だが、脊柱管狭窄症の患者の背骨は、「S字カーブが崩れている」のが著しい特徴だ。 つまり、腰椎は前弯が失われ硬直(腰曲がり)し、頸椎は前弯が失われまっすぐ頸椎(ストレートネック)になり、胸椎は後弯がひどくなる曲がり胸椎(ネコ背)の状態に陥っている。[biz-journal.jp] さらに前かがみ姿勢が続けば、上半身の重みを分散する腰椎の弯曲が失われ、自然なS字カーブが崩れるので、骨盤が傾き殿部や足の背面の筋肉・靭帯が硬直するとともに、腰椎の脊柱管が狭まるため、脊柱管を通る神経が圧迫されて坐骨神経痛を伴い、脊柱管狭窄症が悪化する。[biz-journal.jp] 前かがみ姿勢になると、狭まった脊柱管が広がり神経への圧迫が弱まるため、足腰の痛み・痺れなどの症状が緩和されるが、長時間にわたって頻繁に前かがみ姿勢を続けると、背骨まわりの筋肉が硬直し背骨のS字カーブがますます崩れるので、脊椎の神経の流れが悪くなり脊柱管狭窄症が悪化する。[biz-journal.jp]

  • 前頭骨骨髄炎

    M538 その他の明示された脊柱障害 脊柱障害 M539 脊柱障害, 詳細不明 頚部炎症 M540 頚部及び背部を障害する皮下脂肪組織炎 胸部神経根炎 頚部神経根症 頚腕神経痛 腰仙部神経根炎 腰部神経根炎 坐骨神経根炎 坐骨単神経根炎 神経根炎 脊髄神経根症 大腿単神経根炎 肋間神経根炎 M541 神経根障害 頚性頭痛 頚部痛 項部痛[kegg.jp] 椎間板症 M519 椎間板障害, 詳細不明 頚頭蓋症候群 後頚部交感神経症候群 バレー・リュー症候群 M530 頚頭蓋症候群 頚肩腕症候群 頚肩腕障害 M531 頚腕症候群 頚椎不安定症 腰椎不安定症 脊椎不安定症 胸椎不安定症 M532 脊椎不安定 仙骨痛 仙部痛 尾骨痛 尾骨部痛 M533 仙骨尾骨障害, 他に分類されないもの 脊椎硬直[kegg.jp]

  • 変形性肩関節症

    さらに、椎間関節の滑膜炎や、関節軟骨の変形性変化により、主として腰背部傍脊柱筋に一致した激痛や筋硬直を発症して症状を悪化させます。 腰椎椎間板ヘルニア クッションの役目をしている椎間板が圧力を受けることで椎間板内圧が上昇し、初めは腰痛がでて、その後罹患部位の下肢のシビレや痛みが出現してきます。[kondo-seikei.jp]

  • 肘頭滑液包炎

    M538 その他の明示された脊柱障害 脊柱障害 M539 脊柱障害, 詳細不明 頚部炎症 M540 頚部及び背部を障害する皮下脂肪組織炎 胸部神経根炎 頚部神経根症 頚腕神経痛 腰仙部神経根炎 腰部神経根炎 坐骨神経根炎 坐骨単神経根炎 神経根炎 脊髄神経根症 大腿単神経根炎 肋間神経根炎 M541 神経根障害 頚性頭痛 頚部痛 項部痛[kegg.jp] 椎間板症 M519 椎間板障害, 詳細不明 頚頭蓋症候群 後頚部交感神経症候群 バレー・リュー症候群 M530 頚頭蓋症候群 頚肩腕症候群 頚肩腕障害 M531 頚腕症候群 頚椎不安定症 腰椎不安定症 脊椎不安定症 胸椎不安定症 M532 脊椎不安定 仙骨痛 仙部痛 尾骨痛 尾骨部痛 M533 仙骨尾骨障害, 他に分類されないもの 脊椎硬直[kegg.jp]

  • 非退行性先天性血管腫

    上下に走る大量の弾性線維を含み脊柱の伸展に役立つ。ときに靱帯が骨化することがある。 折りたたみナイフ現象 clasp-knife phenomenon《折りたたみナイフ[様]硬直》 臨床的に錐体路障害時にみられる症状の一つ。肘、膝で被動的に屈曲すると初めに強い抵抗があり、次に急に抵抗がなくなる現象をいう。  [jscf.org]

  • くも膜炎

    この一種の防御反応を項部硬直という。実際,生理学的に脊柱や硬膜は,頭頸部を前屈させることにより,頸部で5mm,脊髄円錐部で1mm程度頭側に偏位し,硬膜内神経根や硬膜外脊髄神経の緊張が増すことが知られている(O’Connell, 1946) 索引に戻る トップページへ[jaam.jp]

  • 幼児の痙攣と舞踏病アテトーゼ

    […] stiff-person syndrome 主に成人に発症し、持続性の全身性筋硬直と発作性の有痛性筋痙攣を主症状とするまれな疾患である。下肢近位筋と傍脊柱筋が主に障害される。睡眠中は筋硬直しない。抗GAD抗体が陽性となる。[ja.wikipedia.org]

  • 脊髄硬膜炎

    この一種の防御反応を項部硬直という。実際,生理学的に脊柱や硬膜は,頭頸部を前屈させることにより,頸部で5mm,脊髄円錐部で1mm程度頭側に偏位し,硬膜内神経根や硬膜外脊髄神経の緊張が増すことが知られている(O’Connell, 1946) 索引に戻る トップページへ[jaam.jp] 上下に走る大量の弾性線維を含み脊柱の伸展に役立つ。ときに靱帯が骨化することがある。 折りたたみナイフ現象 clasp-knife phenomenon《折りたたみナイフ[様]硬直》 臨床的に錐体路障害時にみられる症状の一つ。肘、膝で被動的に屈曲すると初めに強い抵抗があり、次に急に抵抗がなくなる現象をいう。  [jscf.org]

  • 特発性高カルシウム尿症

    徐々にアキレス腱やハムストリングが拘縮し、その結果、青年期までに硬直しぎこちない歩行や脊柱前弯や後弯になる。側弯症は18%にみられる [ Morris et al 2010 ]。10%に先天性橈尺骨癒合症がみられる [ Morris & Carey 1990 ]。微細運動機能障害があり、年齢を問わず道具の使用や書字が苦手である。[grj.umin.jp]

  • 髄膜刺激症状

    この一種の防御反応を項部硬直という。実際,生理学的に脊柱や硬膜は,頭頸部を前屈させることにより,頸部で5mm,脊髄円錐部で1mm程度頭側に偏位し,硬膜内神経根や硬膜外脊髄神経の緊張が増すことが知られている(O’Connell, 1946) 索引に戻る トップページへ[jaam.jp]

さらなる症状