Create issue ticket

考えれる85県の原因 硝子体正常

  • 星状硝子体症

    星状硝子症とは 星状硝子症(アステロイドハイアローシス)は片眼性で非炎症性の変化であり、小さな球状の粒子が、正常硝子 の中に蓄積する疾患です。 視力低下 はなく、それ自体はほぼ無害です。 この状態は、全体の約1%に存在し、高齢者に現れ、男性に多く発症します。 通常この疾患の発生には家族性は見られません。[shec-moumaku.com] アステロイドハイアローシス(星状硝子体症)のやや詳しい説明: アステロイドハイアローシス(星状硝子症:別名はアステロイド硝子症、アステロイド硝子炎)は片眼性で非炎症性の変化であり、小さな球状の粒子が、明らかに正常硝子のゲルの中に蓄積することで特徴付けられたる疾患です。[kiyosawa.or.jp] 星状硝子症とは 星状硝子症(アステロイドハイアローシス)は片眼性で非炎症性の変化であり、小さなカルシウム等の球状の粒子が、正常硝子の中に蓄積する疾患です。 星状硝子体症の特徴 視力低下はなく、それ自体はほぼ無害です。人口の約1%に存在していると言われています。特に高齢者、男性に多く発症します。[shec.jp]

  • 偽落屑症候群

    しかし、正常眼圧緑内障とよく似た症状でも、正常眼圧緑内障ではなく網膜の神経に異常のある病気が数多くあり、 それらが正常眼圧緑内障の診断を非常に難しくしています。 (ウ)網膜硝子疾患 網膜とは眼の底にある神経の膜で、カメラでいえばフィルムに相当します。[osaka-med.jrc.or.jp] 遠視では若年網膜分離症、Leber先天盲(錐体型)、近視では家族性滲出性硝子網膜症、先天停在性夜盲等があります。診断の難しい疾患としては正常な眼底所見で、網膜機能も正常に近く緩徐に進行する疾患で、全色盲、白子症、網膜分離症、Stargardt病などがあります。 白子症はメラノサイトの異常が原因で、眼球振盪や黄斑低形成を生じる。[ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp]

  • 緑内障

    一般的に眼圧の正常値は10 21mmHgと言われています。 細隙灯顕微鏡検査 眼の角膜や結膜、水晶、虹彩、硝子体の前部などの状態を観察する検査です。 眼の中の傷や炎症なども同時に確認することができます。 隅角検査 点眼麻酔薬で目の表面に麻痺を行い、特殊なコンタクトレンズを目に装着して、目の中で房水がどのように流れ出るかを調べます。[matsumoto-eye-clinic.jp]

  • 光網膜症

    ルセンティス硝子注射のページ 5、硝子手術: 糖尿病黄斑症の硝子手術のページ 正常網膜のOCT 糖尿病黄斑症のOCT 増殖前網膜症の治療 増殖前網膜症は毛細血管が広範囲に閉塞した状態です。増殖網膜症に移行する危険性が高く光凝固が必要です。 1:血糖コントロールが治療の基本です。 2、網膜光凝固:汎網膜光凝固と呼ばれている方法です。[tokyo-med.ac.jp] 3)増殖網膜症 新生血管(正常ではないはずの新しい血管が硝子にのびてくる)、新生血管が破れて起こる硝子体出血、増殖膜、網膜剥離という重症な段階です。新生血管が出てもまだ自覚症状はありません。この段階でレーザー光凝固をすればまだ間に合うことも多いのですが、硝子体出血や網膜剥離を起こすと、なかなか自然に治ることは少なくなります。[gankaikai.or.jp] また、新生血管は網膜と硝子をくっつけてしまい、加齢変化で網膜と硝子が離れる際に網膜剥離を起す原因にもなります。[home.hiroshima-u.ac.jp]

  • 偽落屑症候群

    しかし、正常眼圧緑内障とよく似た症状でも、正常眼圧緑内障ではなく網膜の神経に異常のある病気が数多くあり、 それらが正常眼圧緑内障の診断を非常に難しくしています。 (ウ)網膜硝子疾患 網膜とは眼の底にある神経の膜で、カメラでいえばフィルムに相当します。[osaka-med.jrc.or.jp] 遠視では若年網膜分離症、Leber先天盲(錐体型)、近視では家族性滲出性硝子網膜症、先天停在性夜盲等があります。診断の難しい疾患としては正常な眼底所見で、網膜機能も正常に近く緩徐に進行する疾患で、全色盲、白子症、網膜分離症、Stargardt病などがあります。 白子症はメラノサイトの異常が原因で、眼球振盪や黄斑低形成を生じる。[ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp]

  • 膨張性白内障

    [当科で手術加療し治癒した黄斑円孔の2症例] 手術前には、底まで抜けて孔状になっている網膜の中心部(黄斑部)の構造(青矢印)が、手術後には、孔が綺麗になくなって、 ほぼ正常の網膜構造の形態を取り戻している(緑矢印)。 田淵 となると、硝子手術専門医が手術を勧めている場合は普通は手術を受けて下さいという事ですね。[tsukazaki-hp.jp]

  • 低眼圧緑内障

    一般的に眼圧の正常値は10 21mmHgと言われています。 細隙灯顕微鏡検査 眼の角膜や結膜、水晶、虹彩、硝子体の前部などの状態を観察する検査です。 眼の中の傷や炎症なども同時に確認することができます。 隅角検査 点眼麻酔薬で目の表面に麻痺を行い、特殊なコンタクトレンズを目に装着して、目の中で房水がどのように流れ出るかを調べます。[matsumoto-eye-clinic.jp]

  • 上衣腫

    水頭症による変化が混在 髄液穿刺所見(手術時に採取) 外観 微淡黄 比重 1.006 ブドウ糖 66 mg/dL 蛋白質 177 mg/dL Cl 127 mEq/L 細胞数 0 /μL 術中所見 ・境界明瞭、赤色調 ・宿主神経根を同定し、切離摘出した 病理所見 ・硝子変性、粘液物質の貯留を伴う。 ・広い胞、索状構造を伴う腫瘍細胞。[trc-rad.jp] 診断:粘液乳頭状上衣腫 正常圧水頭症 脊髄腫瘍に伴う水頭症 年齢/性別 髄液蛋白質(mg/dl) 部位 組織型 66,M 2800 L3 神経線維腫 65,F 880 L5 上衣腫 75,M 510 L5 神経線維腫 58,F 2700 L1 神経鞘腫 49,F 3200 Th12-L1 神経線維腫 62,F 2000 L2-3 神経鞘腫[trc-rad.jp]

  • 糖尿病性白内障

    6) その他 いろいろな原因で硝子出血、硝子体混濁、黄斑浮腫、網膜剥離を起こす場合が他にもありますが、このような場合も硝子手術を行い、硝子を切除し出血や混濁を除去します。さらに、必要があれば増殖膜などを切除し網膜を正常の位置に戻すことが必要になります。[sato-ganka.com] 硝子体手術により、網膜を引っ張っている硝子切除します。さらに、空気を眼内に注入し網膜の下にある液体も全て除去し網膜を正常の位置に戻します。網膜の孔は周囲をレーザーで凝固し再び網膜が剥がれないようにします。[sato-ganka.com] 硝子手術 当院では全て手術は日帰り手術で行っておりますので、硝子体手術を受ける場合も入院の必要はありません。 通常、硝子体手術は、白内障手術と同時に行います。すでに白内障の手術を受けている方は、硝子体手術のみを行います。白内障の手術を行う目的は、白内障があると手術中に網膜を見ることが困難になり硝子体手術が難しくなるためです。[sato-ganka.com]

  • 網膜裂孔

    50歳代頃から、収縮した硝子が網膜の表面からはずれる現象がおこります。これを後部硝子剥離といい、正常でもおこりうる加齢による変化です。[suzu-ganka.com] 主な治療法 内科的治療による血糖値正常化 レーザー治療 硝子手術 加齢黄斑変性 物を見るときに重要な働きをする黄斑という組織が、加齢とともにダメージを受けて変化し、視力の低下を引き起こす病気のことです。見たい部分が見えにくいので、本を読んだり、文字を書いたりすることが難しくなります。 放置すると視力低下が進み、失明する場合もあります。[takaiganka.jp] しかし後部硝子剥離がおこるときに、網膜にうすい変性部分や、硝子体が異常に強く癒着しているような部分があると、そこで網膜を引っ張って網膜裂孔を作り、癒着がはずれずにさらに引っ張ると網膜剥離裂孔、網膜剥離へと進行します。[suzu-ganka.com]

さらなる症状