Create issue ticket

考えれる25県の原因 短くなる腓骨

  • 骨腫瘍

    小児の手足の腫瘍を手術すると、患側の成長が障害され健側に比べて短くなる(脚長差)がでることがあります。この問題を解決するために、延長可能な人工関節や成長軟骨付きに腓骨移植による再建などの工夫を行っています。遺伝子診断が不可欠です。 6.アダマンチノーマ 脛骨に生じる比較的おとなしい悪性腫瘍です。多くは広範囲切除と骨移植で治療します。[jfcr.or.jp]

  • 悪性骨腫瘍

    小児の手足の腫瘍を手術すると、患側の成長が障害され健側に比べて短くなる(脚長差)がでることがあります。この問題を解決するために、延長可能な人工関節や成長軟骨付きに腓骨移植による再建などの工夫を行っています。遺伝子診断が不可欠です。 6.アダマンチノーマ 脛骨に生じる比較的おとなしい悪性腫瘍です。多くは広範囲切除と骨移植で治療します。[jfcr.or.jp]

  • 腱鞘巨細胞腫瘍

    小児の手足の腫瘍を手術すると、患側の成長が障害され健側に比べて短くなる(脚長差)がでることがあります。この問題を解決するために、延長可能な人工関節や成長軟骨付きに腓骨移植による再建などの工夫を行っています。遺伝子診断が不可欠です。 6.アダマンチノーマ 脛骨に生じる比較的おとなしい悪性腫瘍です。多くは広範囲切除と骨移植で治療します。[jfcr.or.jp]

  • 軟骨芽細胞腫

    小児の手足の腫瘍を手術すると、患側の成長が障害され健側に比べて短くなる(脚長差)がでることがあります。この問題を解決するために、延長可能な人工関節や成長軟骨付きに腓骨移植による再建などの工夫を行っています。遺伝子診断が不可欠です。 6.アダマンチノーマ 脛骨に生じる比較的おとなしい悪性腫瘍です。多くは広範囲切除と骨移植で治療します。[jfcr.or.jp]

  • 骨盤腫瘍

    小児の手足の腫瘍を手術すると、患側の成長が障害され健側に比べて短くなる(脚長差)がでることがあります。この問題を解決するために、延長可能な人工関節や成長軟骨付きに腓骨移植による再建などの工夫を行っています。遺伝子診断が不可欠です。 6.アダマンチノーマ 脛骨に生じる比較的おとなしい悪性腫瘍です。多くは広範囲切除と骨移植で治療します。[jfcr.or.jp]

  • 骨外性粘着型何骨肉腫

    小児の手足の腫瘍を手術すると、患側の成長が障害され健側に比べて短くなる(脚長差)がでることがあります。この問題を解決するために、延長可能な人工関節や成長軟骨付きに腓骨移植による再建などの工夫を行っています。遺伝子診断が不可欠です。 6.アダマンチノーマ 脛骨に生じる比較的おとなしい悪性腫瘍です。多くは広範囲切除と骨移植で治療します。[jfcr.or.jp]

  • 小児軟部肉腫

    小児の手足の腫瘍を手術すると、患側の成長が障害され健側に比べて短くなる(脚長差)がでることがあります。この問題を解決するために、延長可能な人工関節や成長軟骨付きに腓骨移植による再建などの工夫を行っています。遺伝子診断が不可欠です。 6.アダマンチノーマ 脛骨に生じる比較的おとなしい悪性腫瘍です。多くは広範囲切除と骨移植で治療します。[jfcr.or.jp]

  • 肋骨腫瘍

    小児の手足の腫瘍を手術すると、患側の成長が障害され健側に比べて短くなる(脚長差)がでることがあります。この問題を解決するために、延長可能な人工関節や成長軟骨付きに腓骨移植による再建などの工夫を行っています。遺伝子診断が不可欠です。 6.アダマンチノーマ 脛骨に生じる比較的おとなしい悪性腫瘍です。多くは広範囲切除と骨移植で治療します。[jfcr.or.jp]

  • 線維性骨異形成症

    小児の手足の腫瘍を手術すると、患側の成長が障害され健側に比べて短くなる(脚長差)がでることがあります。この問題を解決するために、延長可能な人工関節や成長軟骨付きに腓骨移植による再建などの工夫を行っています。遺伝子診断が不可欠です。 6.アダマンチノーマ 脛骨に生じる比較的おとなしい悪性腫瘍です。多くは広範囲切除と骨移植で治療します。[jfcr.or.jp]

  • アダマンチノーマ

    小児の手足の腫瘍を手術すると、患側の成長が障害され健側に比べて短くなる(脚長差)がでることがあります。この問題を解決するために、延長可能な人工関節や成長軟骨付きに腓骨移植による再建などの工夫を行っています。遺伝子診断が不可欠です。 6.アダマンチノーマ 脛骨に生じる比較的おとなしい悪性腫瘍です。多くは広範囲切除と骨移植で治療します。[jfcr.or.jp]

さらなる症状