Create issue ticket

考えれる9県の原因 短くなる末節骨

  • 腺腫

    手指は太く短く皮膚がたるんだようになり、指末節は先端が花キャベツ様に肥大変形します ( 図 9b) 。指輪がはずれなくなり、また、はまらなくなります。足はかかとの皮下組織が肥厚し、靴が履きにくくなります ( 図 9c) 。 下垂体腺腫の診断は何といってもMRIが有用です。特に造影剤を用いた画像の冠状断像および矢状断像が有用です。[square.umin.ac.jp]

  • 下垂体腺腫

    手指は太く短く皮膚がたるんだようになり、指末節は先端が花キャベツ様に肥大変形します ( 図 9b) 。指輪がはずれなくなり、また、はまらなくなります。足はかかとの皮下組織が肥厚し、靴が履きにくくなります ( 図 9c) 。 下垂体腺腫の診断は何といってもMRIが有用です。特に造影剤を用いた画像の冠状断像および矢状断像が有用です。[square.umin.ac.jp]

  • コフィン・ローリー症候群

    四肢・骨格系:太く、分厚く、短いずんぐりした柔らかい手、先細りの指(もみじの葉様の手と呼ばれます)、末節の鍵穴様所見、小さい爪、靱帯の緩み(関節過進展)、扁平足を認めます。鳩胸などの胸郭の陥凹、胸腰椎の後彎、側彎の例があり、脊椎のレントゲン検査で変形を認めます。 成長:出生時の体格は正常範囲内ですが、生後成長障害。[nanbyou.or.jp] 手は短く、柔らかく、肉付きが良く、しばしば、幅広(近位)から小さな末節と爪へと先細りする、著しく過伸展する指を伴っている。男性は、一貫して身長は3パーセンタイル以下である。小頭症は、よくみられる。心奇形もあるかも知れず、これは早死にの原因となりうる。[grj.umin.jp] 水平な手掌線 比較的幅広い近位から遠位にかけて狭くなる際立った先細りの指、小さな末節と爪(図4参照)。[grj.umin.jp]

  • 硬膜副鼻洞奇形

    手指は太く短く皮膚がたるんだようになり、指末節は先端が花キャベツ様に肥大変形します ( 図 9b) 。指輪がはずれなくなり、また、はまらなくなります。足はかかとの皮下組織が肥厚し、靴が履きにくくなります ( 図 9c) 。 下垂体腺腫の診断は何といってもMRIが有用です。特に造影剤を用いた画像の冠状断像および矢状断像が有用です。[square.umin.ac.jp]

  • 強皮症

    また指の硬化・循環不全が進行すると、末節という指先の骨が吸収され細く薄くなるため、指の先端が短くなり爪の高さが低くなります。末梢循環の悪さから手指先端の潰瘍を起こすこともあり難治性です。 (2)食道蠕動低下・拡張:ふつう食道は蠕動といって波状の収縮によって食物を胃へ運ぶため、横になっていても食べられます。[shinbashi-allergy.jp]

  • 副腎皮質刺激ホルモン-分泌下垂体腺腫

    手指は太く短く皮膚がたるんだようになり、指末節は先端が花キャベツ様に肥大変形します ( 図 9b) 。指輪がはずれなくなり、また、はまらなくなります。足はかかとの皮下組織が肥厚し、靴が履きにくくなります ( 図 9c) 。 下垂体腺腫の診断は何といってもMRIが有用です。特に造影剤を用いた画像の冠状断像および矢状断像が有用です。[square.umin.ac.jp]

  • 下垂体前葉疾患

    手指は太く短く皮膚がたるんだようになり、指末節は先端が花キャベツ様に肥大変形します ( 図 9b) 。指輪がはずれなくなり、また、はまらなくなります。足はかかとの皮下組織が肥厚し、靴が履きにくくなります ( 図 9c) 。 下垂体腺腫の診断は何といってもMRIが有用です。特に造影剤を用いた画像の冠状断像および矢状断像が有用です。[square.umin.ac.jp]

  • ローリー・ウッド症候群

    四肢・骨格系:太く、分厚く、短いずんぐりした柔らかい手、先細りの指(もみじの葉様の手と呼ばれます)、末節の鍵穴様所見、小さい爪、靱帯の緩み(関節過進展)、扁平足を認めます。鳩胸などの胸郭の陥凹、胸腰椎の後彎、側彎の例があり、脊椎のレントゲン検査で変形を認めます。 成長:出生時の体格は正常範囲内ですが、生後成長障害。[nanbyou.or.jp] 手は短く、柔らかく、肉付きが良く、しばしば、幅広(近位)から小さな末節と爪へと先細りする、著しく過伸展する指を伴っている。男性は、一貫して身長は3パーセンタイル以下である。小頭症は、よくみられる。心奇形もあるかも知れず、これは早死にの原因となりうる。[grj.umin.jp] 水平な手掌線 比較的幅広い近位から遠位にかけて狭くなる際立った先細りの指、小さな末節と爪(図4参照)。[grj.umin.jp]

  • 心筋症 - 白内障 ―腰脊柱疾患症候群

    四肢・骨格系:太く、分厚く、短いずんぐりした柔らかい手、先細りの指(もみじの葉様の手と呼ばれます)、末節の鍵穴様所見、小さい爪、靱帯の緩み(関節過進展)、扁平足を認めます。鳩胸などの胸郭の陥凹、胸腰椎の後彎、側彎の例があり、脊椎のレントゲン検査で変形を認めます。 成長:出生時の体格は正常範囲内ですが、生後成長障害。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状