Create issue ticket

考えれる176県の原因 短くなる四肢

  • 甲状腺機能低下症

    そこから数か月にわたって、頭部の拡大・短く太い頸部(首)・短い四肢を伴う「不均衡性矮小症」がみられるようになり、元気がなくなったり、無感情になったり、便秘、低体温、除脈、永久歯の発育遅延などが生じてきます。[aipetclinic.com] クレチン症(cretinism)とは生下時から高度の甲状腺機能低下症があり,独特の顔貌と低身長(特に四肢の長さが短い体型となる),知能低下をきたしたものをいう.クレチン症の原因として,甲状腺の先天的無形成ないし形成異常と,高度ヨウ素欠乏症がある.後者は,アフリカ,ユーラシア,中央アジアなどヨウ素摂取が極端に低い地域にみられ,地方病性クレチン[kotobank.jp]

  • 血管迷走神経性失神

    失神 失神とは:全脳血流の一時的な低下による脳虚血の結果、数秒から10数秒間の意識消失発作が起こること(ごく時間の意識消失発作)。 前兆:頭から血がひく感じ、冷や汗、悪心、めまい感、眼前暗黒、四肢脱力。 意識消失の直前までに起こったことを覚えている。 顔面は蒼白、脈は微弱か触知しない、血圧低下、わずかな不随意運動を認める。[nakamoto-plan.co.jp]

  • 後壁心筋梗塞

    解説10 診断:徐脈性心房細動 解説: まず四肢誘導をみると、一見してRR間隔が不整であることがわかる。RR間隔は長いところで1.4秒、短いところで1.1秒で、心拍数は平均すると50拍/分前後である。[med.hirosaki-u.ac.jp]

  • 睡眠障害

    周期性四肢運動障害は睡眠中に下肢がピックピックと短い痙攣を繰り返すため眠りを妨げ、不眠や昼間の眠気を起こします。自分では気づかないのが普通で、終夜睡眠ポリグラフ検査で診断がつくことが多い睡眠障害です。[suiminclinic.com]

  • 排尿失神

    てんかんには、いきなり全身をガタガタと震わせたり四肢を強くつっぱったりして意識消失を来たす「全般てんかん」と5秒 10秒程度の短い意識消失発作を起こし、その間それまでしていた動作をやめてじっとしていてすぐにまた元の動作に戻るという「小発作てんかん」があります。小発作は周りの人が気づかないことさえあります。[matsudaclinic.jp]

  • 足奇形

    1950年代後期から1960年代初期にかけて一部の妊婦がつわりのために服用したサリドマイドという薬剤は、四肢の様々な奇形を引き起こしました。たいていは腕や脚のできる場所に、短くて機能の劣る付属器官が生えるというものでした。[msdmanuals.com]

  • 側頭葉てんかん

    短い発作(部分発作)では数秒 30秒程度であり、発作が終わるとすぐに回復します。大きな発作(二次性全般化)では、四肢をバタバタさせ、全身が強直します。短い発作は一日数回あり、大きな発作は週に3 4回生じます。[med-nagoya-neurosurgery.jp]

  • てんかん

    全身の場合もあれば顔面、体幹、四肢の一部に限局する場合もある。 強直間代発作 てんかん発作の中でも最もよくみられるもので、大発作として知られる。強直発作時には強く激しい筋の収縮により、四肢がこわばった姿勢に固定される。呼吸抑制のためにチアノーゼを呈し、しばしば眼球および頭部が側方へ偏位し、転倒を伴う。[riken.jp] 入眠時ミオクローヌス 入眠時ミオクローヌス とは、入眠期に起こる短い不規則な筋の収縮であり、発生機序は不明である。 ミオクロニー発作 、 単純部分発作 との鑑別に重要である。 周期性四肢運動障害 は睡眠中に起こる足関節の背屈進展を伴う運動が頻回に出現する状態であり、入眠時ミオクローヌスとは異なる。[bsd.neuroinf.jp] としみつ) 研究員 宮本 浩行 (みやもと ひろゆき) 報道担当 理化学研究所 広報室 報道担当 Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715 お問い合わせフォーム 産業利用に関するお問い合わせ 理化学研究所 産業連携本部 連携推進部 お問い合わせフォーム このページのトップへ 補足説明 ミオクロニー発作 時間[riken.jp]

  • 脊椎骨軟骨症

    「軟骨無形成症」とはどのような病気ですか 成長軟骨と言われる部分の異常により、低身長や四肢さ、指の短さが引き起こされる病気です。全身的な骨に異常を認める骨系統疾患の中で、代表的な疾患です。 2.[nanbyou.or.jp] 通常の妊娠中の超音波検査で胎児の四肢短いことがわかったり,リスクが高いと考えられていない胎児に軟骨無形成症の疑いが生じることがある.[grj.umin.jp] 多くは、胎内で超音波検査により骨が短いことを指摘されたり、生後早期に特徴的な顔貌と四肢短縮、短指などがあることより気づかれます。 4. この病気の原因はわかっているのですか 線維芽細胞増殖因子受容体3型という遺伝子に変異があることが原因です。この遺伝子変異と症状との関連は、すべてが分かっている訳ではありません。 5.[nanbyou.or.jp]

  • 急性広範型肺血栓塞栓症

    解説10 診断:徐脈性心房細動 解説: まず四肢誘導をみると、一見してRR間隔が不整であることがわかる。RR間隔は長いところで1.4秒、短いところで1.1秒で、心拍数は平均すると50拍/分前後である。[med.hirosaki-u.ac.jp]

さらなる症状