Create issue ticket

考えれる71県の原因 短くなる四肢

  • 甲状腺機能低下症

    そこから数か月にわたって、頭部の拡大・短く太い頸部(首)・短い四肢を伴う「不均衡性矮小症」がみられるようになり、元気がなくなったり、無感情になったり、便秘、低体温、除脈、永久歯の発育遅延などが生じてきます。[aipetclinic.com]

  • 睡眠障害

    周期性四肢運動障害は睡眠中に下肢がピックピックと短い痙攣を繰り返すため眠りを妨げ、不眠や昼間の眠気を起こします。自分では気づかないのが普通で、終夜睡眠ポリグラフ検査で診断がつくことが多い睡眠障害です。[suiminclinic.com]

  • 排尿失神

    てんかんには、いきなり全身をガタガタと震わせたり四肢を強くつっぱったりして意識消失を来たす「全般てんかん」と5秒 10秒程度の短い意識消失発作を起こし、その間それまでしていた動作をやめてじっとしていてすぐにまた元の動作に戻るという「小発作てんかん」があります。小発作は周りの人が気づかないことさえあります。[matsudaclinic.jp]

  • 足奇形

    1950年代後期から1960年代初期にかけて一部の妊婦がつわりのために服用したサリドマイドという薬剤は、四肢の様々な奇形を引き起こしました。たいていは腕や脚のできる場所に、短くて機能の劣る付属器官が生えるというものでした。[msdmanuals.com]

  • 側頭葉てんかん

    短い発作(部分発作)では数秒 30秒程度であり、発作が終わるとすぐに回復します。大きな発作(二次性全般化)では、四肢をバタバタさせ、全身が強直します。短い発作は一日数回あり、大きな発作は週に3 4回生じます。[med-nagoya-neurosurgery.jp]

  • てんかん

    入眠時ミオクローヌス 入眠時ミオクローヌス とは、入眠期に起こる短い不規則な筋の収縮であり、発生機序は不明である。 ミオクロニー発作 、 単純部分発作 との鑑別に重要である。 周期性四肢運動障害 は睡眠中に起こる足関節の背屈進展を伴う運動が頻回に出現する状態であり、入眠時ミオクローヌスとは異なる。[bsd.neuroinf.jp]

  • ムコ多糖症

    症状 特有なガーゴイル顔貌(大頭(頭のサイズが大きいこと)、前額突出、低い鼻梁、広がった鼻翼、眼間開離(眼の間が広い)、内眼角贅皮(眼の内側に眼瞼部皮膚が被さるようになっていること)、幅広く厚い口唇)、がっしりとした太く短い躯幹・四肢、厚く張った皮膚、躯幹・四肢近位側に集まる小結節、多毛、異所性蒙古斑、関節の可動域制限、肝脾腫、心雑音、心弁膜[senoopc.jp] かなり均整のとれていない低身長で、体幹は短く四肢は正常である(指端距離は身長を上回る)。[grj.umin.jp]

  • 閉塞を伴う十二指腸潰瘍

    いずれも在院日数は全国平均と同程度かやや短くなっています。 整形外科は四肢の骨折や変形性関節症、変形性脊椎症の手術を主に行っています。高齢者の大腿骨近位部骨折は寝たきりの原因となるため、準緊急手術として対 応し速やかにリハビリが行えるようにしています。[ych.pref.yamanashi.jp]

  • ムコ多糖症II型

    症状 特有なガーゴイル顔貌(大頭(頭のサイズが大きいこと)、前額突出、低い鼻梁、広がった鼻翼、眼間開離(眼の間が広い)、内眼角贅皮(眼の内側に眼瞼部皮膚が被さるようになっていること)、幅広く厚い口唇)、がっしりとした太く短い躯幹・四肢、厚く張った皮膚、躯幹・四肢近位側に集まる小結節、多毛、異所性蒙古斑、関節の可動域制限、肝脾腫、心雑音、心弁膜[senoopc.jp]

  • 良性家族性点頭てんかん

    短い(2秒以下)の急激な屈曲をきたす発作(infantile spasm,礼拝痙攣)で,点頭てんかんとよばれる.精神発達の遅滞がみられ,脳波ではヒプスアリスミアを呈する.原因疾患は多岐にわたる.ACTH療法が発作軽減に有効であるが,精神発達の予後は不良のことが多い. b)Lennox-Gastaut症候群:1 6歳に発症するてんかん症候群[kotobank.jp] 脱力発作 :突然の筋脱力をきたす発作である.頸部筋の脱力のため,頭部ががくんと垂れ,四肢筋群の脱力のために転倒をきたす. 2)てんかん症候群(epileptic syndrome): 年齢,てんかん発作型,検査所見をもとにてんかん症候群診断を行う.代表的なてんかん症候群を示す. a)West症候群:大部分が一歳未満に発症し,頸部・体幹・四肢[kotobank.jp]

さらなる症状