Create issue ticket

考えれる671県の原因 睾丸欠損症

つまり: ,,

  • 心因性過換気

    執筆者: James L. Lewis, III, MD, Attending Physician, Brookwood Baptist Health and Saint Vincent’s Ascension Health, Birmingham 呼吸性アルカローシスはP co 2 の一次性の低下で,代償性のHCO 3[…][msdmanuals.com]

  • 不安障害

    ふあんしょうがい(ふあんしょう) 概要 そもそも「不安」は異常な現象ではなく、自分に警戒を促すために人に備わっている能力の1つです。この信号によって私たちは、危機に備えたり、危険を回避したりしやすくなります。しかし、その信号が過剰になったり、危険でないものにまで出されるようになったり、あるいは信号が適切であっても、それに続く行動が不適切なものになったりすると、それは人が生活していく上での「障害」となってきます。そのような不安の信号の出方や受け取り方に不具合をきたしている疾患の代表的なものが「不安障害」と言えるでしょう。 分類と症状[…][kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • てんかん

    軽い発作ではあくびを繰り返すようなものもあり、飼い主さんが気づかない可能性もあります。(*) ほとんどの発作は、数分程度でおさまります。 *ただし、発作ではなくストレスや緊張が原因であくびを繰り返すこともあります。 何度もあくびをしていたら、軽い発作の可能性があります。 —発作を起こしたとき、飼い主さんはどう対処すべきでしょうか?[axa-direct.co.jp] 自律神経調節性失神には 迷走神経緊張性失神 (前駆症状は発汗、あくび、吐き気、腹痛)、 頸動脈洞症候群 (振り向くような動作で起こる)、 状況失神 (排尿、排便、咳、嚥下などが原因となる)がある。病歴の聴取が重要である。 一過性脳虚血発作 一過性脳虚血発作 とは可逆的な経過をたどる脳卒中の病型の1つである。[bsd.neuroinf.jp]

  • 薬物依存症

    大量摂取は知覚の歪み、眩暈、胃のむかつき、口の周りが痺れたような感じ、嘔吐、体の震え、あくび、顔面紅潮、発汗などの症状を引き起こす。 サイロシビンの幻覚作用はLSDに比べると、100〜200分の1の強さ。 摂取後、2週間から4ヶ月後に、飲酒やストレス、睡眠上足、他の薬物の朊用などによって、フラッシュバック現象が起こることがある。[shiga-med.ac.jp]

  • 複雑部分発作

    自律神経調節性失神には 迷走神経緊張性失神 (前駆症状は発汗、あくび、吐き気、腹痛)、 頸動脈洞症候群 (振り向くような動作で起こる)、 状況失神 (排尿、排便、咳、嚥下などが原因となる)がある。病歴の聴取が重要である。 一過性脳虚血発作 一過性脳虚血発作 とは可逆的な経過をたどる脳卒中の病型の1つである。[bsd.neuroinf.jp]

  • 耳管開放症

    通常は閉じていて、つばを飲んだり、あくびをすると開きます。 耳管の働きは次の通りです。 一、換気・調圧 飛行機で耳がふさがった感じになることがありますが、つばを飲んだり、あくびをすると治ります。これは耳管が開き中耳の換気、圧力解除がされたためです。 二、排せつ 中耳内の分泌物は耳管から鼻へ排出されます。[okinawa.med.or.jp] 通常、この管は閉じていて、ものを飲み込む動作やあくびなどに伴って開くように出来ています。口を大きく開けたり、あくびをした際に時々ピキっとした音などを一瞬感じ取る事があるかと思いますが、それはまさに耳管が開く動作に伴う音になります。 また、この空気の通り道には空気の入りやすい方向というのがあります。[keirin-entsurge.com] トンネルに入った時やエレベーターに乗った時など気圧が急に変化すると耳が詰まった感じになり、つばを飲み込んだり、あくびをすると治るという経験をしたことがあると思います。耳管開放症というのは耳管が開きっぱなしになった状態です。原因は急な体重の減少や妊娠、ストレスなどで発症することが多いです。[baba3387.com]

  • 脳腫瘍

    1.悪性脳腫瘍 はじめに: 脳は脳神経細胞だけではなく脳を包む膜や、脳を栄養する血管など多くの細胞がそれぞれ高度の役割を持って働くことで脳としての機能を果たしています。これらの細胞が異常に増殖し、浸潤あるいは圧迫し周辺の健康な脳の働きを障害し、生命を脅かしてくる重篤な病気が脳腫瘍です。 脳腫瘍は大きく分けると脳そのものから発生する原発性脳腫瘍と肺がんや乳がんなど体の他の部位に生じた癌が転移してくる転移性脳腫瘍に分けられます。原発性脳腫瘍は1年間に人口10万人当たり10人から12人とまれな腫瘍ではありますが、細かく分類(病理診断)すると100種類を超え、それぞれに適切な治療法があります。[…][kantoh.johas.go.jp]

  • ヘロイン禁断症状
  • 一酸化炭素中毒

    平塚共済病院神経内科の中江啓晴氏 急性の一酸化炭素中毒による意識障害からいったん回復した後、数日から1カ月程度の期間を経て、認知機能障害などを呈する間歇型一酸化炭素中毒が知られている。高圧酸素療法が有効で「治療可能な認知症」だが、急性期の経緯が明らかでないと初期診断に難渋する場合がある。11月8日から10日に長野県松本市で開催された日本認知症学会で、平塚共済病院神経内科の中江啓晴氏らが症例報告した。[…][medical.nikkeibp.co.jp]

  • 脳炎後症候群

    F07.1 脳炎後症候群 Postencephalitic syndrome 疾患の具体例 34歳、女性。仕事の疲れがたまっていたある日、発熱と頭痛、吐き気に襲われました。しばらくするとけいれんが起き、おかしいと思って病院を受診しました。 医師から「単純ヘルペス脳炎」と診断され、抗ウイルス薬などによる治療を受けました。その後、回復しましたが、倦怠感がとれず、小さな物音にも驚いてしまうほど神経が過敏になりました。物事を考えたり、覚えたりすることができなくなり、仕事にも支障を来します。 再び病院を訪れると、今度は「脳炎後症候群」と診断されました。 症 状[…][e-heartclinic.com]

さらなる症状