Create issue ticket

考えれる41県の原因 眼筋麻痺

  • 外傷性脳損傷

    2018.07.17 友の会役員体制のご紹介 軽度外傷性脳損傷友の会役員体制を追加しました。 ご紹介致します。 2017.01.30 軽度外傷性脳損傷の実際 -学際的アプローチと多重的脳画像診断学- 軽度外傷性脳損傷の実際―学際的アプローチと多重的脳画像診断学 ひらの亀戸ひまわり診療所整形外科/石橋徹 川崎市立川崎病院耳鼻咽喉科/相馬啓子 安田泌尿器クリニック神経泌尿器科/安田耕作 木沢記念病院脳神経外科/篠田淳 (労働者住民医療2015.10) Mild Traumatic Brain Injury:Multidisciplinary Approach and Multiple Neuroimaging[…][mild-tbi.net]

  • 皮膚癌

    皮膚がん(ひふがん)は、皮膚に生じた悪性新生物の総称である。主なものに基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫が含まれるほかさまざまなものがある。皮膚に生じる悪性新生物としてはそのほか皮膚T細胞リンパ腫である菌状息肉症、セザリー症候群などがある。日光角化症、ボーエン病、パージェット病は表皮内癌である。 皮膚の表面に過剰な紫外線や化学物質などによる刺激により皮膚組織ががん化し発生するといわれている。最近ではオーストラリア・ニュージーランドなどで患者が増えているとされている。これはフロンガスによるオゾン層破壊が進み、太陽からの紫外線の量が増加したためと考えられる。[ja.wikipedia.org]

  • トロサ・ハント症候群

    トロサ・ハント症候群(とろさ・はんとしょうこうぐん、英語: Tolosa–Hunt syndrome; THS)は稀な疾患であり、第III, IV, V, VI脳神経のいずれかに関係する、外性の麻痺を伴った片側性で重い頭痛と、特定のの脱力と麻痺麻痺)を伴うの側方と後方の痛みを特徴に持つ。[ja.wikipedia.org] 症状は通常、頭部の片側に限定され、ほとんどの場合で周囲のに強烈で鋭い痛みと麻痺を生じる。加療なしに症状が治まることがあるが、突然再発することがある。 また、顔面神経の麻痺や眼瞼下垂を示すこともある。他の徴候には複視、発熱、慢性疲労、めまい、関節痛がある。時折、患者は片側または両側の眼球突出の感覚を覚えることがある。[ja.wikipedia.org]

  • 基底細胞癌

    この項目では、重層扁平上皮から生じる 癌 の一種について説明しています。 唾液腺 などの腺組織から生じる、基底細胞に似た癌細胞からなる腫瘍については「 基底細胞腺癌 」をご覧ください。 基底細胞癌 (きていさいぼうがん basal cell carcinoma)は、重層扁平上皮(特に 皮膚 の 表皮 )から生じる病変の 組織型 のひとつである。多くの医学者はその名のとおり 悪性腫瘍 (ただし低悪性度のもの)であると考えている。 皮膚以外の 器官 の重層扁平上皮から生じる同様の腫瘍は、 類基底細胞癌 (basaloid cell carcinoma)と呼ばれることがある。 皮膚の基底細胞癌 [ 編集[…][ja.wikipedia.org]

  • バセドウ病

    バセドウ病とは? びまん性甲状腺腫大(首の甲状腺がびまん性に腫れて大きくなること)、頻脈(脈が速くなること)、眼球突出(眼が出てくること)を3大徴候とする自己免疫性疾患であり、甲状腺機能亢進症を認める疾患の70〜80%を占めています。甲状腺機能亢進症は血液中の甲状腺ホルモンが過剰になって、全身の代謝が亢進し、特有な臨床症状を呈する状態を言います。またバセドウ病は、英語圏ではグレーブス病とも呼ばれます。 びまん性甲状腺腫 バセドウ病の原因は? 甲状腺は脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(thyroid stimulating hormone :[…][jspe.umin.jp]

  • リー症候群
  • 多発性硬化症

    複視 複視は麻痺で生じ、核間性麻痺または外転神経障害によって生じる眼球運動障害である。MSでは核間性眼球麻痺が両側性に生じるのが特徴である。[ja.wikipedia.org] 脳幹 病変により 三叉神経痛 、 顔面麻痺 、 構音 ・ 嚥下障害 、 めまい 、 難聴 などを来すこともある。さらに、 大脳 病巣により 記憶障害 、 注意障害 、 遂行機能 障害などの 認知機能障害 を呈することがある。精神症状としては、 抑うつ 、 不安 、 多幸症 などを認めることもある。[bsd.neuroinf.jp] このほかにMSでよくみとめられる注視麻痺には水平性注視麻痺、一眼半水平注視麻痺症候群(one and a half syndrome:水平性注視麻痺と同側の核間性麻痺)、後天性振子様振などがある。[ja.wikipedia.org]

  • 眼咽頭型筋ジストロフィー
  • バルビツール酸系過量服薬

    バルビツール酸系過量服薬 (-さんけいかりょうふくやく、Barbiturate overdose)は、 バルビツール酸系 薬を、所定の用量を超えて服用した場合に生じる。過量服薬の症状は、一般的に脱力、運動失調、思考の困難、会話の遅さ、間違った判断、眠気、浅い呼吸、ふらつきなどである。重篤な症例では昏睡あるいは死亡する結果となる。 [1] バルビツール酸系の致死量は、 耐性 があるために、一個人と他者では、大きくばらつきがある [2] 。過量服薬についての一般的な解説は オーバードース を参照のこと。 バルビツール酸系過量服薬とほかの中枢神経系抑制剤、たとえば アルコール 、 オピエート 、[…][ja.wikipedia.org]

  • 海綿静脈洞血栓症

さらなる症状

類似した症状