Create issue ticket

考えれる18県の原因 眼窩周囲発疹

  • 結膜炎

    結膜炎(けつまくえん、Pink eye)とは、結膜にできる炎症のことをいう。なお、慢性化した結膜炎を「慢性結膜炎」ということもある。 感染症・アレルギー等を原因として結膜に炎症を生じる。 大きく分けると感染性(細菌性結膜炎・ウイルス性結膜炎)と、非感染性(アレルギー性結膜炎)に大別される。 様々な細菌によって結膜炎を生じる。原因となっている細菌に有効な抗生物質や抗菌剤の点眼液で、ウイルス性結膜炎に比べ、短期間に治癒しやすい。しかし、薬剤耐性を有する細菌によるものも報告されている。 フリクテン -[…][ja.wikipedia.org]

  • 全身性エリテマトーデス

    抄録 全身性エリテマトーデス(systemic lupus erythematosus:SLE)は多様な病態を示し,高頻度に再燃や持続性の活動性病変を呈する難治性の自己免疫性疾患である.最近,新たなSLE分類基準,ループス腎炎の治療やTreat to Targetのための診療のリコメンデーションなどが相次いで提唱されている.また,抗マラリア薬やミコフェノール酸モフェチル(mycophenolate mofetil:MMF)は国際的にSLEの主要な治療薬となっており,国内でも早期の適応承認が期待されているほか,新たな分子標的治療薬も開発されている.[doi.org]

  • 皮膚筋炎

    皮膚筋炎(ひふきんえん、Dermatomyositis; DM)は自己免疫疾患の一種である。慢性疾患であり、膠原病の1つとして分類されている。横紋筋が冒される特発性炎症性筋疾患の一つであり、他には多発筋炎(PM)がある。両者は皮膚症状の有無によって区別されるが、そもそも基本的に疾患が異なるとする考えもある。他の膠原病においてもしばしば本症と同様の筋炎の臨床および病理所見が伴うことがある。なお、略称のDMは糖尿病と共通しており、また糖尿病のほうが有名であるため、うかつに略称で話すと勘違いされる可能性がある。 年間発病率は100万人あたり2[…][ja.wikipedia.org]

  • シャーガス病

    シャーガス病(シャーガスびょう、英: Chagas' disease)は、原虫 Trypanosoma cruzi トリパノソーマ・クルージ の感染を原因とする人獣共通感染症。「アメリカトリパノソーマ病」、「刺し亀病(サシガメ病)」とも呼ばれる。 Trypanosoma cruziトリパノソーマ・クルージ はユーグレノゾアキネトプラスト類に属する鞭毛虫で、哺乳類に広く感染する。 中南米において発生する。哺乳類吸血性であるオオサシガメ亜科のサシガメをベクター(媒介)とする。この感染症にかかりうる動物(感受性動物)はヒト、イヌ、ネコ、サルなど150種以上の哺乳類。[…][ja.wikipedia.org]

  • 伝染性単核球症

    眼窩周囲浮腫および口蓋の点状出血を呈することがある。比較的頻度の低い所見としては,斑状丘疹状の発疹や,まれに黄疸などがある。 合併症 通常は完全に回復するが,合併症が劇的となることがある。 神経系合併症 はまれであるが,具体的には脳炎,痙攣発作,ギラン-バレー症候群,末梢神経障害,無菌性髄膜炎,脊髄炎,脳神経麻痺,精神病などがある。[msdmanuals.com]

  • 寄生虫病

    主な症状 痒み、発疹、顔面浮腫、筋肉痛、倦怠感等 消化管侵襲期:悪心、腹痛、下痢 幼虫筋肉移行期:感染後2〜6週の間、眼窩周囲の浮腫、発熱、筋肉痛、皮疹、高度の好酸球増加。幼虫の通過により心筋炎を起こし、死亡することがあります。[fsc.go.jp]

  • 肺線虫症

    主な症状 痒み、発疹、顔面浮腫、筋肉痛、倦怠感等 消化管侵襲期:悪心、腹痛、下痢 幼虫筋肉移行期:感染後2〜6週の間、眼窩周囲の浮腫、発熱、筋肉痛、皮疹、高度の好酸球増加。幼虫の通過により心筋炎を起こし、死亡することがあります。[fsc.go.jp]

  • 胃蜂窩織炎

    ,第4病日に両側眼周囲の腫脹を認め,入院した.細菌性眼窩蜂窩織炎を疑い,抗菌薬を投与したが,解熱せず,発疹は全身に拡大した.第8病日の血液検査で好酸球数増加を認めたが,その前日の第7病日に可溶性IL-2レセプター値(sIL-2R)が異常高値(4,920 U/ml)であった.第8病日,PSL投与により,速やかに解熱し,発疹は消退したため,sIL[jpeds.or.jp] Wells症候群, 可溶性IL-2受容体, 好酸球性蜂巣炎, 蜂窩織炎, flame figure 要旨 Eosinophilic Cellulitis(EC)は1971年にWellsにより報告された原因不明の再発性炎症性皮膚疾患で,病勢を反映する検査値に関する報告は少ない.症例は4歳の女児である.第1病日に発熱,第2病日に体幹に不定形発疹[jpeds.or.jp]

  • 高グロブリン血症性紫斑

    非血小板減少症患者において皮膚を軽く叩いた後に出現する眼窩周囲の紫斑,または紫斑性発疹から,アミロイドーシスが示唆される。アミロイドーシスで,巨舌症(舌の腫大)を呈する患者もいる。ほとんどの患者で遊離軽鎖の血清中濃度が上昇している。診断は,組織生検により確定される(例,脂肪パッドの吸引でコンゴレッド染色による複屈折所見)。[msdmanuals.com]

  • 異常ガンマグロブリン血症

    非血小板減少症患者において皮膚を軽く叩いた後に出現する眼窩周囲の紫斑,または紫斑性発疹から,アミロイドーシスが示唆される。アミロイドーシスで,巨舌症(舌の腫大)を呈する患者もいる。ほとんどの患者で遊離軽鎖の血清中濃度が上昇している。診断は,組織生検により確定される(例,脂肪パッドの吸引でコンゴレッド染色による複屈折所見)。[msdmanuals.com]

さらなる症状