Create issue ticket

考えれる58県の原因 眼窩周囲浮腫

  • 急性副鼻腔炎

    内容 鼻の周囲の骨には4つの空洞(上顎洞、篩骨(しこつ)洞、前頭洞、蝶形骨洞)があり、これらは副鼻腔と呼ばれています。 急性副鼻腔炎(蓄膿症)はカゼなどのウイルス感染のあとに引き続いて、この副鼻腔が細菌感染をおこしたものです。炎症がひどい場合は眼への影響や髄膜炎(脳膜炎)を引き起こすケースもあります。 また、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)に移行する場合もあるので早期に適切な治療が必要です。 症状 鼻づまり、頭痛、顔面痛、顔面腫脹やほおの圧痛や違和感が出現し、下を向いたりかがんだりすると症状がひどくなることがあります。[…][morishita-ent.com]

  • 接触性皮膚炎

    日常生活から考えられる原因 1 刺激や毒性のあるものによって起こるかぶれ 触れたものの強い刺激や毒性によって起こり、その物質に触れれば誰でもかぶれる可能性があります。強い酸・アルカリなどの化学物質が含まれている洗剤・髪染料・毛虫の毛や昆虫の毒などが原因で起こります。 2 アレルギーによって起こるかぶれ 特定の物質に過敏に反応する人にだけ起こるアレルギー反応によって、かぶれる場合があります。[…][takeda-kenko.jp]

  • うっ血性心不全

    「うっ血性心不全」に関連する情報 149件中 1 10件目 大阪市で10月、酒に酔った33歳の男性を警察官が保護する際に死亡した。死亡当日、男性は清掃会社の正社員採用が決定し同僚らによる祝賀会に出席した帰りだった。死因について警察は「肥満と過度のアルコール摂取」と話していたが、男性の母は「病死は考えられない」としている。今回動画を撮影した人物は「大声を出していた男性が急に静かになった」と新たな情報を提示、会社の同僚たちは警察署の霊安室で見た遺体に違和感を覚えたという。保護直後に不審な死を遂げた男性、その真実の行方を追った。 情報タイプ:病名・症状 ・ スーパーJチャンネル[…][kakaku.com]

  • 帯状疱疹

    抄録 帯状疱疹後神経痛が経験的に温めることで改善することをヒントに,体質的に冷えを伴う帯状疱疹後神経痛の患者に漢方の代表的温剤である桂枝,附子を含む方剤で治療した。方剤としては煎剤で桂枝加附子湯加減,エキス剤で八味地黄丸を使用した。今回対象とした症例は帯状疱疹の皮疹が消失ないし潰瘍が上皮化したのちに疼痛を生じた8例で,高齢者,女性が多く,全例手足の冷感を強く訴えた。また東洋医学的診察では脈診で全例が沈,細,弱であり腎虚証を呈していた。今回行った温剤による漢方治療は,冷感との関連がつよい帯状疱疹に伴う疼痛に対して有効な治療法の一つと考えた。[jstage.jst.go.jp]

  • 肝硬変

    肝硬変は、機能を果たさない瘢痕組織が大量の正常な肝組織と永久に置き換わり、肝臓の内部構造に広範な歪みが生じることです。肝臓が繰り返しまたは継続的に損傷を受けると、瘢痕組織が生じます。 肝硬変の最も一般的な原因は、慢性的なアルコール乱用、慢性ウイルス性肝炎、飲酒によらない脂肪肝です。 食欲不振、体重減少、疲労、全身のだるさなどの症状が現れます。 腹部への体液の貯留、消化管の出血、脳機能の異常など、多くの重篤な合併症が起こる可能性があります。 診断は、症状や身体診察の結果のほか、ときに生検の結果に基づいて下されます。 医師は合併症の治療を行いますが、肝硬変によって生じた損傷は元に戻りません。[…][msdmanuals.com]

  • 丹毒

    丹毒(たんどく、erysipelas)とは、溶連菌による皮膚の化膿性炎症である。 表皮基底層および真皮浅層が、病変の主座である。そのレベルを水平方向に急速に拡大する浮腫性紅斑と腫脹を特徴とする。浮腫性紅斑には菌体および菌産生毒素に対する免疫アレルギーが関与しているといわれている。疼痛を伴うこともあるが、比較的少ない。人畜共通の病気でもあり発熱・頭痛など全身症状を伴うこともある。また、治癒したと思っても再発再燃をおこす場合があり、それを習慣性丹毒(しゅうかんせいたんどく)という。 顔面に好発する。 蜂窩織炎が下肢に多いのに比べると下肢の丹毒は少ない。[…][ja.wikipedia.org]

  • クッシング症候群

    クッシング症候群(クッシングしょうこうぐん、Cushing's syndrome)は、慢性の糖質コルチコイド過剰による症候群。ただし、下垂体腺腫が原因で起こるクッシング症候群を、特にクッシング病(Cushing's disease)と呼ぶ。 アメリカの脳神経外科医、ハーヴェイ・ウィリアムス・クッシングによって「クッシング病」が初めて報告された。 原因は、副腎腺腫が約50%、クッシング病が約35%である。他の腫瘍から来るものもある。女性に多い。 下垂体腺腫(クッシング病) 副腎疾患 副腎腺腫、副腎癌、ACTH非依存性大結節性副腎過形成(AIMAH)、原発性副腎皮質小結節性異形成(PPNAD)など[…][ja.wikipedia.org]

  • 髄膜炎

    髄膜炎(ずいまくえん)とは、髄膜(脳および脊髄を覆う保護膜)に炎症が生じた状態である。脳膜炎、脳脊髄膜炎ともいう。炎症はウイルスや細菌をはじめとする微生物感染に起因し、薬品が原因となることもある。髄膜炎は炎症部位と脳や脊髄との近接度合いによっては生命の危険があるため、救急疾患に分類される。[…][ja.wikipedia.org]

  • 寄生虫病

    主な症状 痒み、発疹、顔面浮腫、筋肉痛、倦怠感等 消化管侵襲期:悪心、腹痛、下痢 幼虫筋肉移行期:感染後2〜6週の間、眼窩周囲浮腫、発熱、筋肉痛、皮疹、高度の好酸球増加。幼虫の通過により心筋炎を起こし、死亡することがあります。[fsc.go.jp]

  • 血管性浮腫

    「遺伝性血管性浮腫について知ってほしい」と話す「HAEジャパン」の山本ベバリーアン理事長 体のいろいろな所が急に腫れる難病「遺伝性血管性浮腫(HAE)」を知ってほしいと、患者会が呼びかけている。国際的な患者団体に合わせて5月16日を「HAE DAY」と定め、理解を広める活動に乗り出した。のどが腫れると呼吸困難に陥り命にかかわるが、診断されていない患者も少なくないとみられ「適切な治療を受けないと手遅れになる恐れがある」と訴える。【下桐実雅子】 HAEは遺伝子の変異が原因で、顔や唇、のど、手足などが突然腫れる。胃腸が腫れると腹痛や下痢を伴うほ[…] この記事は有料記事です。[…][mainichi.jp]

さらなる症状