Create issue ticket

考えれる734県の原因 眼瞼炎

  • 風邪

    風邪(かぜ、common cold, nasopharyngitis, rhinopharyngitis, acute coryza, a cold)とは、原因微生物の80 90%がウイルスの上気道感染症であり、主な影響は鼻に現れる。喉、副鼻腔、喉頭も影響を受ける可能性がある。症状はたいてい感染後二日以内に発生する。症状としては、咳、咽頭痛、くしゃみ、鼻水、鼻閉、頭痛、発熱、嗄声などが現れる。患者の多くは回復まで大抵7-10日間を要し、一部の症状は3週間まで継続しうる。他に健康に問題がある患者は、肺炎に進行する可能性がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 虫刺症

    虫刺症(ちゅうししょう)とは、昆虫類を含む虫に刺された時にできる傷であり、外傷の一つである。この他に刺咬症(しこうしょう)、蜂の場合は蜂刺症(はちししょう)ともよばれる。症状が日常的には「虫刺され」といわれることが多い。便宜上、刺された場合のみではなく咬まれた場合も下記に記す。 蚊・ブヨ・ダニ・アブなどに刺されたり、毛虫や毒蛾にかぶれた場合、ステロイド外用剤(軟膏、クリーム)を塗ると効果的である。また冷たいタオルなどで患部を冷やすと、かゆみや痛みが和らぐ(局所冷罨法)。ひどい場合は、ステロイドの内服や注射を行うこともある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 眼瞼炎

    トップ 疾患一覧 眼科疾患 眼瞼眼瞼眼瞼皮膚) 疾患メモ 眼瞼縁に生じる炎症性変化を眼瞼(blepharitis),あるいは眼瞼と総称する。睫毛根部,ツァイス(Zeis)腺,モル(Moll)腺を主座とするものを前部眼瞼,瞼板腺(マイボーム腺)を主座とするものを後部眼瞼に分類することもある。[jmedj.co.jp] 眼瞼/眼瞼/眼瞼皮膚」について知りたいことや今話題の「眼瞼/眼瞼/眼瞼皮膚」についての記事をチェック![woman.excite.co.jp] エントリ H01644 名称 眼瞼 概要 眼瞼はまぶたに起こる炎症の総称のことで、そう痒、赤み、発疹、痂皮などの症状を引き起こす。眼疾患の中でも最も多い疾患の一つで、小児と成人の両方で生じる。病因は複合的で完全には解明されていない。しかし、細菌と炎症の関与が一般的に認められている。眼瞼は前部眼瞼と後部眼瞼に分類される。[genome.jp]

  • 酒さ

    酒さ(酒皶、しゅさ、Rosacea)とは、顔に生じる皮膚疾患のひとつ。酒焼けとも呼ばれる。 日光、ストレス、寒暖や風、運動、化粧品などがきっかけとなりやすい。治療は軽症から中等症では、第一選択はメトロニダゾール(抗菌薬)やアゼライン酸。きっかけを避け、日光から防御し、ステロイドの使用は避ける。 顔がほてり、鼻や頬の血管が炎症を起こし、真っ赤になるように見える。脂腺、汗腺の疾患とされている。浮腫を伴うこともある。 きっかけとなりやすいのは以下。 日光 81% 精神的ストレス 79% 猛暑 75% 風 57% 激しい運動 56% アルコール52% 寒い天気 46% 香辛料 45%[…][ja.wikipedia.org]

  • アデノウイルス感染症

    抄録 アデノウイルスは, 咽頭結膜熱や流行性角結膜炎などの原因ウイルスで, こうした感染症以外にも, 肺炎, 肝炎, 胃腸炎, 脳炎など多彩な病態をとることが特徴である。呼吸器感染症の病因として, アデノウイルスは全体の10%程度を占める。現在51の血清型が明らかになっている。国立感染症研究所が行っているサーベイランスからは, 3型の分離頻度が高く, 夏季に流行する咽頭結膜熱を除けば, 明らかな季節的偏りは認められず, 日常しばしば遭遇するウイルス感染症である。自然軽快する疾患がほとんどであるが, 1990年代後半には乳幼児におけるアデノウイルス7型による致死的な重症肺炎が多発した。幸いにも,[…][doi.org]

  • 過敏症

    成功事例 化学物質過敏症でも障害年金が受給できます!(化学物質過敏症) 化学物質過敏症は、最初にある程度の量の化学物質に曝露されると、以後、極微量の化学物質にも過敏に反応し、様々な慢性的症状に悩まされ続ける病気です。 私たちの周りには、今や化学物質なくして日常生活が成立しないほどに、化学物質が満ち溢れています。合成洗剤、化粧品、芳香剤、シャンプー、リンス、タバコ、衣服(化学染料)、防虫剤、医薬品、水道水(塩素)、食品中の添加物・防腐剤、農畜産物(残留農薬)、壁紙、畳、フローリング、内装用合板、印刷物、排気ガス・・・等々数えだしたら切りがないほどです。[…][syougai-nenkin.or.jp]

  • アトピー性皮膚炎

    アトピー性皮膚と顔面の皮膚 アレルギー結膜・鼻炎と併発してみられる眼瞼周囲の紅斑と腫脹で年中みられるのですが、秋 冬は特に多いです。 アレルギー鼻炎の方も季節の変わり目に顔面に紅色小丘疹の散在や乾燥を伴った紅斑がみられることがあります。[e-hifuka.jp]

  • 副鼻腔炎

    副鼻腔炎(ふくびくうえん、Sinusitis)は、副鼻腔に炎症がおきる病気。慢性の副鼻腔炎の俗称は蓄膿症(ちくのうしょう)。症状が4週未満の場合は急性副鼻腔炎(ARS)、12週以上続く場合は慢性副鼻腔炎(CRS)と定義される。 原因には感染症、アレルギー、大気汚染、鼻の構造的問題などがある。大部分はウイルス感染症である。症状が10日以上続いたり、悪化していく場合は細菌感染症が疑われる。再発エピソードは喘息、嚢胞性線維症、免疫機能低下の者に多い。X線は合併症が疑われる場合を除いて必要ない。慢性ケースでは、直接造影やCTにより確定検査が推奨される。[…][ja.wikipedia.org]

  • 食品アレルギー

    食物アレルギー(しょくもつアレルギー)は、原因食物を摂取した後に免疫学的機序を介して起こる生体にとって不利益な症状(皮膚、粘膜、消化器、呼吸器、アナフィラキシー反応など)である。食品によっては、アナフィラキシーショックを発症して命にかかわることもある。一部の集団では、後にアトピー性皮膚炎、喘息へと進展するというアレルギー・マーチの仮説の最初のアレルギー反応である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性副鼻腔炎

    レビューの論点 このレビューの目的は、小児の急性副鼻腔炎に対して充血除去薬、抗ヒスタミン薬および鼻洗浄を使用するべきかどうかについて、医学文献でエビデンスを探すである。 背景 小児は平均すると1年間に6[…][cochrane.org]

さらなる症状