Create issue ticket

考えれる974県の原因 眼痛

  • 副鼻腔炎

    ・鼻づまり ・膿性鼻水(黄色や緑色の鼻水) ・頭痛 ・ ・歯痛 ・頰の痛み ・おでこの痛み ・発熱 ・痰(たん)がからむ咳(せき)など 頭を下げると、頭やおでこなどの痛みが強くなることもあります。 とりわけ副鼻腔内に鼻水がたまると、頭や頬に痛みを感じることがあります。 どうやって診断されるの?[epark.jp] また、の近くの副鼻腔に高度の炎症が起こるとや視力障害をきたすこともあります。 5 嗅覚障害 匂いを感じる嗅裂部の粘膜が腫れたり、炎症が長引いたりすると嗅覚障害が起こることがあります。鼻中隔の弯曲や中甲介蜂巣などの鼻腔形態異常も増悪因子となります。治療が遅れると改善しにくい事もしばしばあります。[iwano-jibika.or.jp]

  • 眼内異物

    症状の現れ方 外傷性白内障 、 硝子体出血 などの合併があれば自覚症状として視力の低下、などを生じますが、異物が小さい場合などは自覚症状が乏しい場合もあるので、注意が必要です。 検査と診断 視力・圧・細隙灯顕微鏡検査および詳細な眼底検査が必要です。その際、他の合併症の有無を確認して手術方法を決定します。[qlife.jp] 原因 鉄片、銅、しんちゅう、木片、ガラスなどの異物がに入り、角膜や結膜、強膜を穿孔します。 症状 角膜や強膜に穿孔創(穴があいた状態)があると、や視力低下、流涙、圧低下などを生じます。虹彩や水晶体に異物があると、眼内の出血、外傷性の白内障などによる視力低下を生じます。[medicalnote.jp] 内異物の症状 外傷性白内障、硝子体出血などの合併があれば自覚症状として視力の低下、などを生じますが、異物が小さい場合などは自覚症状が乏しい場合もあるので、注意が必要です。 ・内異物の治療法 異物の飛入した場所により治療の方法は異なってきますが、基本的には入院して、手術で異物を摘出する必要があります。[ikec.jp]

  • インフルエンザ

    このページは、過去の特集ページを保存しているものであり、掲載情報は、更新されておりませんので、ご注意ください。 現在の情報は、 こちら をご覧ください。 インフルエンザ 流行のピークは1 2月! インフルエンザの流行シーズンを迎えました。 インフルエンザの感染力は非常に強く、日本では毎年約1千万人、約10人に1人が感染しています。 あらためて、ご家庭や職場などでのインフルエンザ対策の徹底をお願いします。 インフルエンザの「予防方法」と「かかってしまった時に人にうつさない方法」について、動画でわかりやすくご紹介しています。(政府インターネットテレビ)[…][kantei.go.jp]

  • 角膜炎

    光による角膜炎には、いわゆる電気性炎がある。雪山や海など紫外線の強い場所にいたり、電気溶接を見たりしたあとにおこる。強い、羞明 (しゅうめい) (まぶしさ)、流涙を訴える。角膜の上皮がはがれて小さい点状の混濁が角膜全体に生じる。抗生物質の軟膏 (なんこう) を入れて眼帯をする。症状は普通1日たつと、とれてしまう。[kotobank.jp] 発症するとを訴えるのが特徴です。 病原菌の種類によって症状はさまざまですが、目がゴロゴロする・涙・充血・目の痛み・脂・瞼の腫れ・視力低下などが挙げられます。症状は基本的に片目に現れることが多いです。早めに治療を開始しなければ、手術を含めた長期の治療が必要な場合や再発するリスク、最悪の場合は失明する可能性もあります。[kango-oshigoto.jp] 症状 角膜の透明性が無くなり視力が低下 上皮がはがれ、が起こる 治療方法 に対しては点眼や軟膏 治療用コンタクトレンズの使用 角膜の透明性を回復させるためには角膜移植 以前は角膜全層を移植する手術が一般的でしたが、最近では角膜内皮のみを移植する手術も行われています。[yasuma-ganka.or.jp]

  • 帯状疱疹

    (帯状疱疹後神経合併症、無菌性髄膜炎、顔面神経麻痺、聴覚障害、運動神経炎、脊髄炎) 帯状疱疹を防ぐには 水痘ワクチンを接種することが、帯状疱疹の有効な予防法と考えられています。ワクチンの接種により、帯状疱疹の発症や重症化を予防できます。予防接種の費用は全額自己負担で、接種回数は1回です。[city.sakado.lg.jp] これは「帯状疱疹後神経」と呼ばれます。 合併症 帯状疱疹の発症部位によって特徴的な次のような合併症を生じることがあります。 (帯状疱疹後神経合併症・無菌性髄膜炎・血管炎・顔面神経麻痺・聴覚障害・運動神経炎・脊髄炎など。) 予防法 帯状疱疹予防の目的で水痘ワクチンを接種することが有効な方法と考えられています。[city.higashimatsuyama.lg.jp] 帯状疱疹関連(神経様疼痛)は、治癒した後も後遺症として残ることがある。と関係する顔面神経で神経様疼痛が発症した際に、適切な治療をしなければ視力に影響が出ることがある。神経痛様疼痛に対する治療法は確立していないが、疼痛に対し漢方薬による疼痛緩和療法や鍼灸療法などが行われる事もある。[ja.wikipedia.org]

  • 結膜炎

    角膜に病変がかかると、激しい流涙(りゅうるい)、羞明(しゅうめい、に光が当たったときの)、かすみ目、うずき、に異物が入っているかのような感覚(異物感)に気づくことがあります。 再発がたびたび起こると、角膜がくもったり、角膜を横切る微小血管が現れたりします。視覚が障害されることもあります。[msdmanuals.com] 主に結膜の充血、めやに、涙、などが出現! 結膜(まぶたの内側と眼球の表面を覆う粘膜)の充血、めやにや涙がでる、目がごろごろするような異物感、などの症状が急に現れます。の症状は最初は片方のみで現れ、多くの場合、もう一方の眼にも現れます。眼のかゆみや発熱はありませんが、耳の前にあるリンパが腫れることがあります。[influlab.jp] 症状は急性で、や目やにが出現し、しばしば白目に出血がみられます。症状の強いときは角膜に小さな傷ができることがあります。潜伏期は1日で、症状は発症から1週間くらいで軽快します。 (4) ヘルペス性結膜炎 ヘルペスウイルスによる結膜炎は、他の人にはあまりうつりません。[asagiri-hp.or.jp]

  • 眼瞼炎

    執筆者: James Garrity , MD, Whitney and Betty MacMillan Professor of Ophthalmology, Mayo Clinic College of Medicine 眼瞼炎(がんけんえん)とは、まぶたの縁の炎症です。厚い鱗屑(りんせつ)、目やにのかたまり、浅い潰瘍(かいよう)、またはまぶたの縁の発赤および腫脹を伴うこともあります。 炎症は何らかの感染症、アレルギー反応、ある種の皮膚の状態によって引き起こされます。 まぶたが刺激され、赤くなり腫脹して、灼熱感およびかゆみが生じることがあります。 診断は通常、症状とまぶたの外観に基づいて下されます。[…][msdmanuals.com]

  • 緑内障

    症状としては、、頭痛、吐き気、かすみなどです。頭痛や吐き気だと内科や脳外科を受診することが多く、医師が緑内障発作の可能性に思い至らないと眼科での治療が遅れてしまいます。[hiroshima.med.or.jp] これに対し,初期に圧が急昇し,視力も急激に減退し,,頭痛,眼球の発赤などの症状を伴うものを炎性緑内障といい,これも最終的には失明に至る。難治な病気であるが,ピロカルピンなどの薬物療法または手術により眼圧の低下を図る。[kotobank.jp] 急性の発作を起こした時には虹が掛かって見える虹視症や激しいや頭痛・吐気が出ることがありますが、通常は何も自覚症状がありません。 知らないうちにじわじわと見える範囲が狭くなっていくのです。 かなり進行しないと見えにくいとは感じません。ですから、ご自身で自覚した際にはかなり進行している状態とも言えます。[kitabatake-eyeclinic.com]

  • 片頭痛

    典型的なものでは,さまざまな, 閃輝性暗点 などの症状をはじめとする前駆症状に続いて起こり,吐き気,嘔吐を伴う。近親者に同様の症状を示すものがいることが多い。また,きちょうめんな性格の人に多い。病態としては,前駆症状は脳,網膜などの 動脈 の収縮と,頭痛は頭蓋外の動脈や硬膜血管の拡張と,それぞれ関連していると考えられている。[kotobank.jp] 症候 [ 編集 ] 意識障害 遷延性意識障害 高次脳機能障害 認知症 失語 失認 失行 睡眠障害 構音障害 頭蓋骨縫合早期癒合症 髄膜刺激症状 頭痛 三叉神経 脳神経 症状 嗅覚障害 味覚 障害 神経科学 めまい (眩暈) 聴覚障害 麻痺 (運動麻痺と感覚麻痺) ミオパチー (myopathy、筋肉の疾患の総称) 筋萎縮 深部腱反射 異常[ja.wikipedia.org] 群発頭痛の痛みは片側の眼・こめかみ・側頭部・後頭部に多く、同時に涙や鼻水が出たり、が充血します。群発期にアルコールを飲むと発作が誘発されるのも、この病気の特徴です。 【頭痛・顔面の見分け方】 血管性頭痛の治療とは 1.薬物療法 片頭痛や群発頭痛にはトリプタン製剤、ロメリジン、インダシンのような薬が使われます。[ntt-east.co.jp]

  • ぶどう膜炎

    充血、、比較的急激に視力障害をきたす。 またその原因は、全身疾患によっておこることが非常に多く、全身精査が必要なこともある。 三叉神経刺激による充血、羞明、疼痛、流涙、視力低下、飛蚊症、調節障害 毛様充血、前房の炎症、前房蓄膿、縮瞳、硝子体混濁、乳頭浮腫、白内障、眼圧上昇、緑内障 ぶどう膜炎は、炎症の様式により下記の二つに大別される。[ja.wikipedia.org] 飛蚊症や霧視、充血、、光を眩しく感じるなどの症状が続く場合は、早めに眼科を受診しましょう。また、の充血に対して、市販の目薬を使われる方もいると思いますが、目薬をしていてもなかなか充血が改善しない場合は、眼科できちんと診察をしてもらいましょう。 糖尿病 で血糖値が高いときにも、ぶどう膜炎が発生することがあります。[saiseikai.or.jp] ぶどう膜炎の症状 がある かすんで見える まぶしく感じる 充血がある 視力低下 飛蚊症の症状がある ぶどう膜とは網脈膜・毛様体・虹彩の3つから成り立っています。眼球の他の部分より血管が多いことが特徴です。ぶどう膜炎の主な自覚症状として、羞明感(まぶしさ)・・霧視(かすみ)・充血・視力低下・飛蚊症などがあげられます。[ikec.jp]

さらなる症状