Create issue ticket

考えれる20県の原因 眼球運動測定異常

  • ニーマン・ピック病C型

    2012年5月30日、 グルコシルセラミド合成酵素阻害薬 の ミグルスタット (商品名: ブレーザベス カプセル100mg)が発売された。本薬は、既に3月30日に製造承認を取得し、5月29日に薬価収載されている。適応は「 ニーマン・ピック病C型 」であり、用法・用量は「成人には1回200mgを1日3回、小児には体表面積に応じて用量を調節して経口投与する」となっている。 ニーマン・ピック病C型は、主に小児期から10代で発病する、非常にまれで致死的かつ神経変性を伴う遺伝疾患である。通常は進行性で、ほとんどの患者は診断から5 10年後に死亡する経緯をたどる。[…][medical.nikkeibp.co.jp]

  • 良性移動性舌炎

    視標追跡眼球運動検査:動く光の点を眼で追跡しているときの眼球運動を記録することで、脳や神経の異常を調べることができます。 視運動眼振検査:回転する光の線を見ている際の眼球の動きを器械で測定し、脳や神経の異常を調べます。 温度眼振検査:別名カロリックテストとも言います。[f.kpu-m.ac.jp]

  • 放射線誘発性白内障

    当院の機器は皮膚電極での測定対応機器です。 HESSチャート 眼位異常眼球運動障害の有無を調べる検査機器です。頭部外傷後、眼窩内の炎症・腫瘍、甲状腺などの疾患で用います。 視野検査機器 視野の障害程度を判定します。緑内障、網膜色素変性症、視神経炎、頭蓋内疾患(出血、腫瘍)などの診断および経過把握に用います。[gmhosp.jp]

  • 眼窩転移

    片眼性の視力視野障害は気づかずに進行していることが多いので、少しでも異常を感じたら早期の検査が必要です。 眼窩内腫瘍の検査 視機能検査 : 視力、視野、眼球運動、眼球突出度測定 画像診断 : 腫瘍の部位や大きさ、性状を知るためにはMRIやCTが必須です。MRIは腫瘍の質を知るのに極めて有用で、造影検査を併用すると情報量が増します。[chiba-neurosurgery.jp]

  • オリーブ橋小脳萎縮症

    小脳の異常 オリーブ橋小脳萎縮症では,これらの異常が優勢となる。症状には,運動失調,測定障害,拮抗運動反復障害(迅速な交代運動が困難となる),協調運動障害,眼球運動異常などがある。[msdmanuals.com]

  • シャイ・ドレーガー症候群

    歩行運動失調が最多で小脳性構音障害や小脳性眼球運動障害を伴う症例も多い。早期の眼球運動異常では眼振は認められず、短形波様律動性眼球運動、衝動性追従運動および測定障害性サッケードなどが生じる。核上性注視障害や衝動性眼球運動速度の緩徐化はMSAの特徴には含まれない。[ja.wikipedia.org]

  • アブミ骨切除術

    視標追跡眼球運動検査:動く光の点を眼で追跡しているときの眼球運動を記録することで、脳や神経の異常を調べることができます。 視運動眼振検査:回転する光の線を見ている際の眼球の動きを器械で測定し、脳や神経の異常を調べます。 温度眼振検査:別名カロリックテストとも言います。[f.kpu-m.ac.jp]

  • 視神経膠腫

    片眼性の視力視野障害は気づかずに進行していることが多いので、少しでも異常を感じたら早期の検査が必要です。 眼窩内腫瘍の検査 視機能検査 : 視力、視野、眼球運動、眼球突出度測定 画像診断 : 腫瘍の部位や大きさ、性状を知るためにはMRIやCTが必須です。MRIは腫瘍の質を知るのに極めて有用で、造影検査を併用すると情報量が増します。[chiba-neurosurgery.jp]

  • 眼窩疾患

    片眼性の視力視野障害は気づかずに進行していることが多いので、少しでも異常を感じたら早期の検査が必要です。 眼窩内腫瘍の検査 視機能検査 : 視力、視野、眼球運動、眼球突出度測定 画像診断 : 腫瘍の部位や大きさ、性状を知るためにはMRIやCTが必須です。MRIは腫瘍の質を知るのに極めて有用で、造影検査を併用すると情報量が増します。[chiba-neurosurgery.jp]

  • 線条体黒質変性症

    小脳の異常 オリーブ橋小脳萎縮症では,これらの異常が優勢となる。症状には,運動失調,測定障害,拮抗運動反復障害(迅速な交代運動が困難となる),協調運動障害,眼球運動異常などがある。[msdmanuals.com] 小脳症状 [ 編集 ] 歩行運動失調が最多で小脳性構音障害や小脳性 眼球運動障害 を伴う症例も多い。早期の眼球運動異常では眼振は認められず、短形波様律動性眼球運動、衝動性追従運動および測定障害性サッケードなどが生じる。核上性注視障害や衝動性眼球運動速度の緩徐化はMSAの特徴には含まれない。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状