Create issue ticket

考えれる258県の原因 眼球痙攣

  • エンテロコッカス属

    症状が進行すると眼球振盪、後弓反張、口唇・耳翼・筋肉の痙攣が観察される。神経症状の場合、脳脊髄液の混濁、髄液の強度の充血が観察され、関節炎の場合は関節腔内に線維素性化膿性液の貯留、滑膜嚢鞘と粘液嚢の肥厚などがみられ、心内膜炎の場合、心弁膜にカリフラワー様の疣状物の形成が認められる。予防は飼育管理を改善することによって効果が得られる。[shokukanken.com]

  • 急性アンフェタミン中毒

    ・昏睡または昏迷 ・急性潰瘍性角膜炎 ・角膜異物 ・前ぶどう膜炎 ・前房出血 ・眼球突出 ・急性緑内障 ・急性盲目 第11章 中毒 ・アセトアミノフェン中毒 ・急性アレルギー反応(血管神経性水腫/蕁麻疹) ・アミトラズ中毒 ・アンフェタミン中毒 ・抗凝固殺鼠剤中毒 ・抗ヒスタミン薬・うっ血除去薬中毒 ・砒素中毒 ・アスピリン中毒 ・ホウ酸[pet-honpo.com] 膣水腫(過形成)や膣脱と子宮脱 ・嵌頓包茎 ・急性前立腺炎 ・血尿と血色素尿 ・猫下部尿路疾患(LUTD)(非閉塞性) ・猫下部尿路疾患(LUTD)(閉塞性) ・犬の尿道結石 ・急性腎不全(ARF) ・慢性腎不全(CRF) 第10章 神経・眼科 ・頭部外傷 ・(急性)対不全麻痺/対麻痺 ・前庭疾患 ・振とうと振戦 ・犬のてんかん発作 ・猫の痙攣発作[pet-honpo.com]

  • 帯状疱疹

    開始4日後 朝食後眼球上転、四肢痙攣様発作が30秒程出現、1分後に自然回復。発熱なし。痙攣は1回のみ。以後傾眠傾向。 開始5日後担当医が往診。もうろう状態が続くため紹介受診。痙攣精査のため入院。来院時JCSⅡ-10。開眼しているが、問いかけに対する返答遅い。頭部CT萎縮はあるが明らかな脳出血、巨大脳梗塞は否定的。[min-iren.gr.jp]

  • 眼内異物

    【瞼が痙攣する】 15.眼瞼下垂【瞼が重い・瞼が上がらない】 16.複視(眼球運動障害)【物が二重に見える】 17.視覚障害【色がおかしく見える】 18.夜盲【暗い所では物が見にくい】 19.頭痛【頭が痛い】 II 検査から診断へ [基本診断] 20.眼底検査 21.蛍光眼底造影検査 22.細隙灯検査 [主な検査所見] 23.角膜浮腫・浸潤[m-book.co.jp] える】 4.変視【物が歪んで見える】 5.虹視【光源の周りに虹が見える】 6.羞明【目が眩しい】 7.掻痒感【目がかゆい】 8.眼痛・異物感【目が痛い・目がごろごろする】 9.乾燥感【目が乾く・ひりひりする】 10.眼充血【目が赤い】 11.眼脂【目やにが出る】 12.流涙【涙があふれ出る】 13.結膜・眼瞼腫脹【目が腫れる】 14.眼瞼痙攣[m-book.co.jp]

  • 線維筋痛症

    線維筋痛症と眼球使用困難症(眼瞼痙攣など)は、脳の同じような部位が関連しているであろう。 ー線維筋痛症の治療で最も大切なことは、まず、患者の痛みを認知すること。ペインヴィジョンで痛み度を測り、認識する。 ー線維筋痛症の治療効果を上げるのに大切なことは、「良くなっていきたい」という患者本人の気持ち。[markhouse-projects.com]

  • 前大脳動脈梗塞

    をきたした透析患者 /菅生教文 95.脳梗塞と鑑別を要した症候性てんかん /山上 宏 96.分娩中に痙攣発作を生じ,頭部MRIで後頭部に異常信号を認めた症例 /吉田亘佑 97.繰り返し激しい頭痛をきたした症例 /川本未知 98.突然の構語障害,左上肢の麻痺,記銘力低下をきたした難聴の女性 /幸原伸夫 99.出産9日目に急激な意識障害をきたした[shindan.co.jp] の梗塞様脳病変が繰り返し出現した症例 /菅生教文 91.左下肢の麻痺で発症した進行性多巣性白質脳症 /別府美奈子 92.ステロイドが著効したcerebral amyloid angiopathy related inflammation症例 /吉田亘佑 93.突然の後頭部痛,左上肢の脱力をきたした症例 /荒木 学 94.亜急性の意識障害と眼球運動障害[shindan.co.jp]

  • 血管運動の不安定性

    一般症状 慢性頭蓋内圧亢進症状(頭痛、嘔吐、鬱血乳頭) 頭痛は朝方に強いと訴える(morning headache) 鬱血乳頭は進行すると視力障害を来す 複視(眼球運動障害)、痙攣発作 局所症状 視交叉部の腫瘍では視力低下・視野狭窄。聴神経腫瘍では耳鳴りや聴力低下。脳の局所症状として、麻痺・言語障害・ゲルストマン症状、半盲などがある。[kinen.jp]

  • 偽落屑症候群

    眼球後退症候群 H508 その他の明示された斜視 H00633 仮性斜視 仮性内斜視 偽斜視 斜視 H509 斜視, 詳細不明 共同注視麻痺 垂直性注視麻痺 水平性注視麻痺 絶対性注視麻痺 注視麻痺 H510 共同注視麻痺 開散不全 輻輳麻痺 H511 輻輳不全及び過多 核間性眼筋麻痺 一眼半水平注視麻痺症候群 H512 核間性眼筋麻痺 開散麻痺 眼球運動痙攣[kegg.jp] 共同偏視 H518 両眼運動のその他の明示された障害 眼球運動ジスキネジア 眼球運動障害 眼球共同運動障害 先天性眼球運動障害 中枢性眼球運動障害 H519 両眼運動障害, 詳細不明 遠視 遠視性弱視 強度遠視 屈折性遠視 軽度遠視 中等度遠視 H520 遠視 一過性近視 仮性近視 学校近視 強度近視 近視 屈折性近視 軽度近視 混性近視[kegg.jp]

  • 棘突起骨折

    左足伸筋腱断裂、左膝複合靭帯損傷、左膝内側半月板損傷、左腓骨神経麻痺 右拇趾及び第2趾欠損、右足瘢痕 右足外傷、右拇趾及び第2趾欠損,右足瘢痕等 頚髄損傷に伴う神経症状 頚椎損傷、頭部・腹部打撲、外傷性右血胸、右肋骨骨折等 歯牙障害、咀嚼障害・開口障害、顔面部醜状痕、右股関節機能障害 右大腿骨骨幹部骨折、右頸骨高原骨折、下顎骨骨折、頚椎捻挫等 眼球[jico-pro.com] に著しい機能障害、1上肢の3大関節中の1関節機能に著しい障害 頚部・腰部捻挫、両肩・右肘打撲、調節痙攣等 記銘力低下、左聴力低下、外傷性てんかん、記憶障害 頭蓋底骨折、脳挫傷、左側頭骨骨折、左内耳障害 後遺障害等級 『 第10級 』 に認定される症状 引用元: 交通事故オンライン 伊佐行政書士事務所 認定された後遺障害 傷病名 左足短縮、骨盤骨変形[jico-pro.com]

  • 動脈瘤

    動脈瘤が未破裂の時は、症状がない場合がほとんどですが、大きな動脈瘤では、脳神経を圧迫して、視力や視野障害、顔面痛、眼球運動障害による複視を呈したり、脳を圧迫して麻痺や知覚障害を呈することもあります。稀に痙攣や、脳梗塞で発症する場合もあります。[hospital.luke.ac.jp]

さらなる症状