Create issue ticket

考えれる2県の原因 真皮の類上皮細胞浸潤

  • 結核疹

    病理組織学的に,3例とも真皮の血管周囲にリンパ球の浸潤と非乾酪性上皮細胞肉芽腫を認め,BCG 接種による丘疹状結核疹と診断した。3例とも無治療で3ヶ月以内に略治した。1歳未満の散在性の丘疹をみた際,丘疹状結核疹を疑い BCG 接種歴を聴取することが重要であると考えられた。[jstage.jst.go.jp]

  • 類壊死性黄色肉芽腫

    初期は、真皮の全層の浮腫、リンパ管の拡張、リンパ球・形質細胞・組織球の浸潤がみられます。最後に、上皮細胞、ラングハンス巨細胞、リンパ球からなる肉芽腫ができます。 治療の方法 食品添加物などの原因を検索して、疑わしい場合はそれらを極力避けます。病状は極めて緩やかに軽快します。[qlife.jp]

さらなる症状